催眠は自己変革に使えない?

催眠は自己変革に使えない?

催眠は、どんな暗示を入れるかで、
効果が変わります。
だから、
暗示の内容を工夫する必要があります。

催眠で一番誤解されているのは
この部分だと思います。

工夫がない暗示を持ってきて、
「催眠は役に立たない」と考える人や、
そう言いふらす人がいるのです。

例えば、
タバコをやめたいときには、
どんな暗示をすればいいでしょうか?
タバコがまずくなると暗示をしても、

「タバコはおいしい」

ということがわかっています。
このことから、

催眠で、人を本当に
変えることはできない、

と考える人もいるようです。

しかし、これは「下手な暗示」です。
確かにこれでは、

「タバコはおいしいと
わかっているのに、吸うとまずい」

というおかしなことになります。
ではどうすればいいのでしょうか?

もし、タバコをやめたければ

「タバコを吸いたいという考えすら
浮かばない状態」

にすればいいのです。

これなら、
本人も自分が変わったことにすら
気づきません。

その他には、
例えばこんな話を聞きます。

「催眠で自分は金持ちだと
勘違いさせても、
金持ちにはならないし、
現実は変わらない」

こういうことから、

「催眠で自分がすごいと
思い込んだとしても意味がない。
だから催眠は自己変革に使えない」

と考える人もいるようです。

作家の佐藤優さんの知り合いの
精神科医のところに、

「柔道99段」

という人が来たそうです。

この人は
そう思い込んでいるようですが、
実際やってみたら、
強くはないでしょう。

確かにその通りかもしれません。
思い込みだけでは
なんともならないこともあります。

しかし、思い込ませるだけでは、
「工夫がない催眠」です。

暗示内容によっては、
本当にビジネスで成功させて、
お金持ちにすることも
できるでしょう。

例えば、

「失敗を何とも思わなくなる」
「過去のことは気にしない」

といった状態にするのが
有効かもしれません。
こうすると、次々新しい事業に
チャレンジすることができます。

実際、エジソンや、
カーネルおじさんのように、
失敗を失敗と思わないような人は、
大成功する可能性があります。

要はその人の心の習慣を
変えればいいのです。

心を変えて、自然に目的が
達せられるようにすれば
催眠は効果を発揮するのです。

こうやって工夫すれば、
たくさんの分野に応用できます。

ダイエット、ビジネス、語学、
スポーツ、勉強などなど、

それぞれに合った暗示を
作ることができます。

催眠自体は、とても強力だけど、
どんな暗示を入れるかで、
現実に望ましい変化を
起こせるかどうかが決まります。

 

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」

 

 

 

認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1  誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密

2  すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」

3  「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ

4  心の盲点を発見する、「特殊な集中法」

5  ゴールの確信度を上げるメソッド

6  「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法

7  圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」

8  努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!

→ 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる

→ ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる

→ 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ