本物の苫米地式コーチと、偽物の苫米地式コーチとは ~苫米地博士の”話題の”ブログ記事を解説する~

苫米地博士のブログを解説することで、本物の苫米地式コーチと偽物の苫米地式コーチの区分についてみなさんに正しく理解してもらおうと思う。特に苫米地式コーチを名乗っている人たちには、自分が本当に苫米地式コーチを名乗れるか、チェックしてみて欲しい。

結論から申し上げると、本物の苫米地式コーチとは、以下の3条件を満たす人のことを言う。

【第1条件】

http://tomabechicoaching.jp/search

の認定コーチリストに名前があること

【第2条件】

苫米地アカデミーで1年間のインテンシブな認定プログラムを修了し、所定の審査の上、本部と契約を結んでいること。

【第3条件】

認定コーチは事前に本部所定のコーチング契約を必ずクライアントと結んでからコーチングをすること。

これらをすべて満たすのが、本物の苫米地式コーチである、というのが、今注目の苫米地博士のブログ記事の内容だ。そして、条件を満たさず苫米地式コーチを名乗る者は、「間違いなく偽物だ。」。

それでは、もう少し詳しく解説する。

参照:ドクター苫米地ブログ

『偽物のコーチングは受けない方がいいぐらい危ない。認定コーチのリストは、http://tomabechicoaching.jp/search ここにない人は偽物だ』

http://www.tomabechi.jp/archives/51569396.html

まず偽物のコーチの条件として、博士は以下のようにおっしゃっている。

「苫米地式認定コーチは、リストが以下にある。

http://tomabechicoaching.jp/search

ここにない人は、いくらそれらしいことを宣伝していても偽物だ。」

言葉通りに捉えれば、リストに載っていないコーチは、たとえ苫米地博士や、他のマスターコーチの認定状があったとしても偽物である。リストに載っていなければ、認定状は何の意味もなさない。

ちなみに事実だけ申し上げると、私が認定コーチになった時には、このサイト自体が存在していなかった。そもそも、コーチを紹介するという目的で設立されたサイトだが、いつの間にか、このサイトこそが、本物の苫米地式コーチの証となっているようだ。これは、私が知っている限り、博士のブログで初めて出てきた話である。

これが【第1条件】である。ブログの題名にもなっているため、最も重要な要件と言えるかもしれない。

そして、次は、【第2条件】。当該箇所を引用する。

「苫米地式を名乗れるコーチは、苫米地アカデミーで1年間のインテンシブな認定プログラムを修了し、所定の審査の上、本部と契約を結んだ認定コーチだけだ。」

ここに当てはめれば、苫米地アカデミー未受講であったり、アカデミーを半期だけしか受けていないコーチは、苫米地式コーチを名乗っていても全員偽物である。

ちなみに、リストに載っていても、苫米地アカデミーで1年間のインテンシブな認定プログラムを修了し、所定の審査の上、本部と契約を結んでいない認定コーチが私を含め多数いる。私が認定を受けた時は、苫米地アカデミーはなかったし、審査も本部もなかった。

最後に【第3条件】。ブログでは以下のように記載されている。

「認定コーチは事前に本部所定のコーチング契約を必ずクライアントと結んでからコーチングをする。それら手続きを踏んでない人は間違いなく偽物だ。」

リストに載っていて、アカデミーを受けていても、所定の契約をしない時点で偽物であるということだ。

私はこの話も苫米地博士のブログで初めて知った。もちろん契約の書式など見たこともなかった。これは私だけに限らない。

苫米地博士は本物の数学者だ。上記3つの条件は、矛盾していないと考えられる。もっとも、苫米地博士がいつもおっしゃっている、不完全性定理があるので、絶対に正しいとは言い切れないが。

ストレートに理解すれば、上記3つのすべての条件を満たすコーチを本物の苫米地式コーチだ。

例えば、リストに入っていても、アカデミーの審査を通っていなかったり、所定の契約書を使っていないコーチは偽物である。もちろんリストに載っていなければ、偽物だ。

この場合私は残念ながら本物から外れてしまう。また、偽物認定されるコーチが、多数出ることになるだろう。偽物認定を脱するには、苫米地アカデミーを受けて、審査(レベルチェック?)を受け、所定の契約書を使わなければならない。

さて、もう一つ考えられることがある。認定コーチリストを、もっとも重視した場合だ。タイトルにもなっているくらいだから、ここに重点を置いてみる。こうすると、偽物認定されるコーチは少なくなるだろう。

つまり、こうだ。

認定コーチリストに載っているコーチは、本物のコーチの条件をすべて満たしている、ということである。

認定コーチリストを作っているのは苫米地博士が代表である会社の、苫米地式コーチング事務局であるので、当然本物のコーチの条件を把握し、条件に当てはまるコーチを掲載していると考えられる。(もっとも、もしそうでなければ、リストの信頼性が揺らぐことになるが)

この場合、私はリストに載っているので、苫米地アカデミーを1年受け、無事審査(レベルチェック?)を通過し、所定の契約書を使用していることになる。もちろん、今のところどれも当てはまっていない。しかし、現実は無視しよう。幸運なことに、苫米地博士公認で、私はこれらの条件を満たしていることになる。

以上、本物の苫米地式コーチと、偽物の苫米地式コーチの条件について解説をしてみた。

追記:

本物の苫米地式コーチの、第4の条件として、過去を一切話題にしない、というのも付け加えておく。

「クライアントの過去について、質問したり、話題にする自称苫米地式コーチがいたら、それは偽物だ。本物の苫米地式コーチは、一切過去を話題にしない。」

これは、以前から、苫米地博士が言っていることだ。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ