マーケティング

SEO対策をしても売れない理由



体験セッションを受けたお客さんから、感想をいただきました。

【体験セッションアンケート】

・お名前:E.O

・なぜ石切山の体験セッションを受けようと思いましたか?
メールマガジンやステップメールの内容で話を聞きたかったから

・体験セッションで得られたこと、変化したことは何ですか?

メールマガジンなどでの質問のみならず、根本的な部分に対する、自身のスコトーマに気がつく事が出来ました。 問題点に気付く事が出来、モヤモヤとしていた頭の中がスッキリとし、向かう先が開けました。

・体験セッションを迷っている方に、一言お願いします

石切山コーチは的確に問題点を気付かせて下さり、その解決法に導いて下さいます。 その問題点とは、自身では中々気付く事が出来ず、対面でお話しする事でしか気付く事が出来ません。 何か自分の希望どおりに進まない事があるならば、是非一度体験セッションを受けられる事をお勧めします。

E.Oさんありがとうございました。

SEO対策をしても売れない理由

ブログを書く上で、SEO対策をされている方が多いと思います。しかし、SEO対策をしても売れなかったり、アクセスがあっても、反応がないとか、そもそもアクセスが入らないで悩んでいる人も多いでしょう。

なぜこうした事態になるのでしょうか?

コーチングビジネスでのSEO対策はどのように考えたらいいか、お伝えします。

アクセスが集まっても売れない

SEO対策しても売れないのは、検索エンジンからくる人が、あなたの商品を買うところまでいかないからですね。では、なぜ買うところまでいかないでしょうか。

それは、

そもそも商品に興味がない
売れる仕組みがない

という理由があります。

コーチでも稼げない人は、人を集めれば売れる、と思っています。だから、集客法とか、SEOでたくさんアクセスを集められれば、売れると勘違いしています。

しかし、商品をお金を出してでも買いたい人がアクセスしない限りは、人をいくら集めても誰も買わないのです。そのため、アクセスが増えていっても売れません。

例えば、あなたが温泉に旅行に言った日記を上げたとします。そこに来るのは、温泉に興味がある人です。その人たちに対して、コーチング商品を売っても、売れないのです。

これは極端だと思うかもしれませんが、アクセスする人と、商品がずれている場合は、それが少しのズレのように思えても、売れません。

少しのズレだ、と思うのは、売る側の論理なのです。お金を出す側は、自分の悩みが解決する、と思わない限り、お金を払いません。

なので、これは自分のことだ、とお客さんが思うくらいでないと、売れないのです。まして、高額商品なら余計にシビアになります。

しかし、売れないコーチは、アクセスが足りないとか、集客が足りないことが、売れない原因だと思っているので、視点がずれているのです。

もし本当にアクセス数が増えれば売れる、と思っているなら、Googleにお金を払って広告を出してみてください。そうすると、アクセスはどんどん集まりますよ。

でも、そんなことは、できないと思います。つまり、アクセスは無料で増やせそうだから、アクセスを増やそうと、なんとなくしているだけなのです。

それで、SEO対策という問題が出てきて、それを一生懸命解いているのですが、それは間違った問題設定なので、いつまでも稼げません。

それどころか、SEOもそんなに簡単ではないので、アクセスすら増えない人がほとんどでしょう。

人は、問題を見つけると、解きたくなります。しかし、問題は解いたからといって、それが稼ぐための問題でない限り、稼げるようになるわけではないのです。

仕組みを作って計画的に売る

そして、アクセスが来たとしても、仕組みがないと売れません。あなたの商品を買う可能性がある人が来たとしても、いきなりブログから高額商品を買うことはほぼありません。

しかし、ブログでいきなり商品を売っている人も多いです。それをやっていると、高額商品は売れず、安い商品でも、たまたま売れたり売れなかったりします。

ビジネスは、いくらを、いつまでに売るのか、という計画を立てて行います。ところが計画もなく、なんとなく売っている人が多いです。

100万円を稼ぎたいとしたら、商品が50万円として、月2人成約する計算になります。

2人成約だと、体験セッションに4人は来てもらいます。体験に4人来るために、メルマガ登録数や、ブログアクセス数を計算します。

このようにプランを立てることで、継続的に売ることができるのです。

売れないコーチは、メルマガも持っていなかったりします。稼いでいるコーチで、メルマガを持っていない人はほとんどいません。

メルマガやステップメールは、稼ぐための重要な仕組みです。ブログに見込み客が来たら、メルマガに登録してもらい、そこからオファーをします。

ブログは、たまたま募集の記事を見た人にしか、気づいてもらえません。しかしメルマガで募集をすれば、お客さんのメールボックスに、届けることができます。

そのため、メルマガの方が、売れる確率がずっと高いのです。売れる仕組みがないことで、本来売れるはずだったお客さんを逃してしまっています。

売れる仕組みは、

ワードプレスのブログ
ランディングページ
ステップメール
メルマガ

が必須です。

これらは、やろうと思えば、1週間とか、1か月以内で作ることができます。

ただ、お金が若干かかることと、システムが初心者には少しわかりにくいので、そのハードルを越える人が少ないです。

これらは、適当なものでも作った方が、作らないよりもずっといいです。なぜなら、一度出してしまえば、改善していけるからです。

しかし、作るか作らないかで悩んでいても、まったく進みません。

あなたが、もし稼げるコーチになりたいなら、集客法やSEOを学ぶのではなく、その時間を使って、仕組み作りをしましょう。

SEO対策より大事なこと

SEO対策をする場合、キーワードツールを使って、キーワードを選んで、それに基づいた記事を書く、ということをします。

そして、記事の書き方とか、見出しを入れるとか、細かなスキルがたくさんあります。

ところが、これらはみんなやっているのです。例えば、コーチング、というキーワードで、キーワードを選んでも、SEO対策をする人なら、誰でも思い付きます。

なので、競合が激しくなります。そのため、SEOをやってもアクセスが集まりにくいのです。アクセスが集まったとしても、キーワード選定が間違っていて、興味のない人が来てしまえば意味がありません。

SEOよりも大事なのは、あなたの商品を買う人が来るかどうかです。キーワードを選んで、知らないことを書いていても、あなたに興味を持ってもらうことはできません。

興味を持ってもらうには、あなたのビジネスに関する、好きなことを書いた方がいいです。好きなことを書いていると、Googleの検索にかかるようになります。

そして、好きなことを書いた、内容の濃い記事や、パワーの強い記事がブログにあると、じっくり読んでくれたり、全部読むくらいの勢いの見込み客が出てきます。

コーチングビジネスは、高単価で、少人数に売れればいいので、こうした濃い見込み客が大切です。

キーワードを選ばないことで、あなたが選んでも見つからないキーワードでアクセスされるようになります。そこに来た人は、あなたのことを好きになる可能性が高いのです。

そうやって、自然と上位表示される記事が出てくと、ブログ全体の評価も上がります。すると、他の記事にもアクセスが来やすくなります。

だから、私はよくブログは1日1時間、好きなことを書いてください、と言っています。これをやれば、本当に売れるようになるからです。もちろん仕組みは必要ですよ。

これは、誰でもできることなので、後はやるかやらないかです。あなたが本気で稼ぎたいと思えば、できるでしょう。

私が言った通りにやれば稼げるのです。ただ、信じないで、SEOや、集客法の勉強をした方がいいと思う人もいると思います。

ただ、それは、稼げないコンフォートゾーンで見つけた問題でしかありません。稼ぎたいなら、コンフォートゾーンを出てくださいね。




関連記事

  1. マーケティング

    マーケティングに時間をかけすぎない

    マーケティングに時間をかけすぎないコーチングビジネスで稼ぐには…

  2. マーケティング

    ブログネタに困った時の対処法10選

    ブログネタに困った時の対処法10選マーケティングには、ブログが…

  3. マーケティング

    ブログを書き続けること価値ある4つのメリット

    ブログを書き続けること価値ある4つのメリットブログを書くことで…

  4. マーケティング

    売れる市場で売る

    売れる市場で売る売れるコーチになるには、売れる市場を選ぶことが…

  5. マーケティング

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違い

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違いコーチと言っても…

  6. マーケティング

    言いたいことを言った方が稼げる

    言いたいことを言った方が稼げるコーチングビジネスの情報発信では…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    嫌われるブログライティング
  2. コーチング

    have-toをwant-toに変換する2つのコーチング法
  3. 脳科学

    効率的に情報を手に入れる方法
  4. コーチング

    「ベッドで寝転がりながら」急速にゴールに近づく朝の習慣
  5. 脳科学

    抽象度を上げる「類人猿視点」の作り方 
PAGE TOP