催眠術

催眠術を独学するとき気を付けたいの5つの注意点



催眠術は独学でやろうとすると、重要なポイントを見逃してしまいがちです。

するとある程度できるようになったとしても、偏った方法になったり、トラブルが起きたり、催眠術にかからない人が多くなるかもしれません。

今回は独学では気づきにくい5つのポイントについて解説します。

このポイントに注意していただくことで、より安全に、確実に上達できるようになるでしょう。

催眠術を独学する時の5つの注意点

催眠術は慎重に成功させる

催眠術はたとえ練習であっても、成功するようにかけることが大切です。というのも、催眠術を受ける人に「催眠術がかからなかった」という経験をさせてしまうからです。

催眠術がかからなかった人は、「自分は催眠術にかからない」と思い込んでしまうことがあり、そうすると本当にかかりにくくなります。

被験者にとっては大事な体験になるので、十分一人で練習してから催眠術をしましょう。

また、基本的な一連の流れを覚えていないと、何かあったとき対処できません。例えば、椅子に座っている人に催眠術をするときに、椅子から落ちそうになるかもしれません。

また、催眠誘導から覚醒までわかっていないと、催眠が解けなかったり、変な暗示が入ることもあります。一通り覚えておくことが重要です。

催眠術は被験者の入り方を見ながら、浅いものから順番にかけていきましょう。いきなり深い暗示を入れても入りにくいです。

覚醒を念入りにする

催眠術で人を催眠状態にすることと同じ以上に大事なのが覚醒です。これは催眠状態の人を通常の状態に戻すことです。

覚醒をしっかりやらないと、被験者は頭が痛くなったり、ぼーっとしてしまうことがあります。催眠状態のままいるのは危険があるので、覚醒は外してはいけないのです。

いろいろな催眠術がありますが、催眠にかかった人をそのままにせず、必ず覚醒させましょう。また、目がちゃんと覚めているか確認して、ぼーっとしているようなら目が覚めるまで覚醒させましょう。

催眠をかけたり暗示を入れたりするのは興味深いので、催眠術を独学する人はそちらの方に目が行きがちです。覚醒は目立たないことですが、非常に大事なので必ず忘れないようにしましょう。

いたずら半分にやらない

催眠術を使うといろいろな面白いことができるようになります。テレビで見るようなこともできるようになるでしょう。そうするとどんどん試したくなります。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 催眠術

    嫌な記憶が消える催眠の効果

    昔交通事故に遭われた女性のクライアントさん(本田さん(仮))が…

  2. 催眠術

    催眠術で学習効率を上げる暗示の方法

    催眠術を使うと、学校や資格の勉強、スポーツなどの学習効率を上げることが…

  3. 催眠術

    超意識と催眠術の密接な関係

    人間には、「意識」と、意識では気づかない「潜在意識」、そして、潜在意識…

  4. 催眠術

    催眠の効果を解説:メンタル、能力アップ、病気・体の不調の治療など

    催眠には驚くほどたくさんの効果があります。メンタル面だけでなく、能力を…

  5. 催眠術

    催眠術は本当にかかるの?催眠術への誤解を解く

    催眠術って本当にかかるの?という疑問を持っていませんか?テレビなどで、…

  6. 催眠術

    催眠術の暗示は解ける?フロイトが与えた影響

    催眠術の暗示は解けてしまうとか、一晩眠ると戻ってしまうというふうによく…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネス

    「お金の不安」をなくし、「会社依存を克服する」方法
  2. マインド

    「わずかな労力」でゴールを達成するための思考法
  3. 目標設定

    やる気を取り戻すための「4つのチェックポイント」
  4. 脳科学

    「スコトーマ」をなくす「苦手克服法」
  5. ビジネス

    雑誌を読むだけで「新しいアイディアを生み出す方法」
PAGE TOP