催眠術

気づかずにかかる催眠術を防ぐ3つの方法

私たちは、知らないうちに催眠術の暗示にかかることがあります。

今回はそうした催眠術の暗示についてお話します。気づかずにされる催眠術の暗示をそのままにしておくと、自分が思っているのとは違う方向に行かされてしまう可能性があります。

そうならないためにも、どんな催眠術の暗示が行なわれているかを知り、気をつけることが必要です。

催眠術の暗示にかかる人

ほとんどの人は、催眠術についてよく知らないので、気にもしていないでしょうが、催眠術の暗示にかかりやすい人はよくいます。実際誰でも催眠術にかかるのです。

もちろん、テレビでやられているようなとんでもないことが、すぐにできるかどうかはわかりません。しかし、多かれ少なかれ、みんな催眠術にかかるのは事実です。

私は催眠術をやっていて、最初からものすごく深い催眠にかかる人も見ます。催眠状態に入らない人はいないですが、特に入りやすい人はいます。こうした人たちには、最初からかなり強力な暗示を入れることができます。

そういう特別な人でなくても、ほとんどの人は、催眠状態に入りやすいです。実際かかってみないと信じられないと思います。ただ、疑いを持ってくる人でも、私が軽く触っただけで、ふわーっと横に寝てしまったりします。

下の動画は「手がテーブルにくっついてしまう催眠術」です。このくらいの催眠術は、ほとんどの人がかかります。

[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=3GRYcql6Zyk[/embedyt]

知らないうちにかかる催眠術の危険性

しかし、催眠術にかかりやすい人、つまり暗示性が高い人でも、そのことに気づいていない場合がほとんどです。

催眠術は、特別な世界のことで、自分が暗示と何か関係があるなんて、思い浮かびもしない人が多いと思いますが、暗示性が高いかどうかは、催眠術を知っていることとは別です。

催眠術を一回も体験したことがない人でも、びっくりするくらい深い催眠状態に入ってしまうことがあります。これは、いいことではありますが、危険な部分もあるのです。

こうした人は、気をつけていないと、知らない間に暗示を入れられてしまう可能性があります。すると、いつの間にか自分の考えや、趣味嗜好、人生まで変えられてしまうことがあります。

例えば、少し前に、あるブラック企業の宗教のような経営実態が明らかになりました。外から見たら変だと思うことでも、内側にいる従業員は、それが正しいと思いこんでいます。これも、知らない間にかかる催眠術の一つです。

催眠術を体験された方は良くわかると思いますが、今回ご紹介した動画のように、暗示が入ると、自分が意識で思っていても抵抗できなくなります。手がテーブルから離れないという暗示が入ったら、もう意識で抵抗することは難しいです。

これがゴール方向に有効に働けば良いですが、そうとは限りません。知らずにかかる催眠術には、ゴールに関係ないもの、ゴールにネガティブなものもたくさんあります。

催眠術の代表「テレビ」

催眠術師から、催眠術とわかる形で暗示を入れられることはほとんどないとは思いますが、はっきり催眠術と言わなくても、同じようなことで知らず知らずに暗示を受けている可能性があるのです。

例えば、テレビは代表的な例です。最近、うつ病とか、花粉症の人が増えてきています。もちろん、時代や環境の変化もあります。

ただ、うつ病のこととか、花粉症のこととかを、テレビで取り上げることで、本当にそうなってしまう人がいるのです。

近年うつ病や花粉症の人たちは増えていますが、これはテレビのせいでもあるのではないかと私は思っています。なぜそう言えるのかというと、どちらも催眠術で治ってしまう病気だからです。

つまり、うつ病も花粉症も、頭の中の思い込みが一番の原因だということです。思い込みを作るという点で、テレビの影響力は相当に強いと考えられます。

テレビの影響力の強さは明らかです。自殺報道をする際に、言葉に気をつけないと、自殺者を多数出してしまうくらいのことになります。

img_bnr_01

そうしたメディアを、暗示性の高い人がぼーっとしてみていると、どんどん暗示が入ってしまうのです。もちろん、すごく自信がついて、ポジティブになる暗示ばかりがテレビで流れていれば問題はないかもしれません。

しかしテレビでは、「みんな本当に素晴らしくて、なんでもできて、最高にポジティブです!」とは言いません。そういうテレビがあったら、見たいです(笑)

どちらかというと、マイナスのことが多いです。悪いニュースや、病気への恐怖を煽ったりします。また、あなたもこの商品を買いなさいとか、スーパーのレジ袋が環境に悪いですよ、などと変なことも言ってきます。

テレビは悪い暗示が多いのです。こうした暗示は知らず知らずの間に、無意識に入ってしまいます。すると、そういうマイナスの方向に、「自分もそうなんじゃないか」と思わされてしまう人が出てくるのです。

日常でも、催眠術にかかる

そしてテレビでなくても、日常生活の色んな場面で暗示にかかることがあります。例えば、友達に「君は本当に運動が苦手だね」と言われたとします。その時に気をつけないと、「私は運動が苦手だ」という催眠術にかかってしまいます。

あるいは、何か目標を立てても、他人から「そんな才能あるわけないじゃん」と言われたら、それが暗示として潜在意識に入ってしまうことがあります。

こうしたマイナスの催眠術にかかると、自分がダメだという現実ばかりが見えるようになり、どんどんそれを確信してしまいます。「また失敗した、やっぱりダメなんだ」というふうに、マイナスを強化してしまうのです。

このように、日常的に他人から言われる言葉は、催眠術になる可能性があります。

自分でも暗示を入れている

そして私たちは、自分自身に対しても催眠術をかけています。自分で自分にかける催眠術は、自己催眠と呼ばれています。

自己催眠には、プラスのものもありますが、マイナスもあります。プラスのものは、「目標達成できる」「自分は才能がある」という前向きな言葉です。マイナスの暗示は、「私には何の価値もない」「また失敗するに決まっている」などのネガティブな言葉です。

実は、うつ病の人は、この自己催眠が非常にうまいのです。ただ暗示がネガティブなので、どんどんネガティブになっていって、しまいには何もできない、動けないというところまで至ってしまいます。

ほとんどの人は、まさか自分が自分に催眠術をかけているなんて、思いもしないでしょう。しかし、誰でもやっていることなのです。

悪い催眠術にかかるのを防ぐ方法

催眠術を体験したことがない人でも、暗示が入りやすい人が多いので、自己催眠と同じく、悪い暗示には注意しましょう。具体的に、悪い催眠術を防ぐ方法をご紹介します。

テレビは見ないか、目的を持って見る

基本的に、テレビは見ないことをおすすめします。というのも、テレビは悪い暗示が多すぎるからです。また、テレビはCMのためのメディアなので、余計な暗示をたくさん受けてしまう可能性があります。欲しくもないものが欲しくなったり、自信をなくしてしまったり、恐怖を植え付けられたりと、悪いことばかりです。

テレビは見ないか、見るとしても目的を持って、ぼーっと見ないようにした方がいいです。集中して、疑いながら見るくらいでないと、気づかないうちに暗示を入れられてしまうでしょう。そんなふうにしてテレビを見る人はいないでしょうし、する必要もないので、やはり見ないことをおすすめします。

他人からのネガティブな暗示に反論する

他人からネガティブなことを言われた時に、それをなんとなく受け入れてしまうと、それが暗示として入ってしまいます。そうしたことがないように、ネガティブなことは受け入れず、反論するようにしましょう。

と言っても、その人に対して反論する必要はありません。心の中や、紙に書いて反論してみてください。例えば、「君は体力がないから格闘技なんて無理だよ」と言われたとします。そうしたら、「やってみないとわからない。体力は徐々についていく」というふうに反論します。

このようにして、他人からのネガティブな言葉を疑って、受け入れないようにしましょう。また、ネガティブなことを言ってくる人からは、なるべく距離を取った方が良いです。自分自身を取り巻く環境に、気をつけてみましょう。

ネガティブな自己催眠をやめる

他人からの言葉と同じように、自分が自分に対して言うネガティブな言葉にも、ちゃんと反論していきましょう。もし言ってしまったら、紙に書いて反論してみましょう。頭の中でやるのもいいですが、頭の中だとやったつもりになって、実はしっかりできていないことが多いです。

そして、ネガティブな言葉を自分に言わないように気をつけてみてください。どんな自己催眠をしているかをよく観察して、良い方向に修正していくのです。そうすればポジティブな自己催眠が習慣になっていき、どんどん自分のゴールにも近づいていけるようになるでしょう。

まとめ

催眠術は、催眠術師がするものだけではなく、知らないうちに誰でも入ってしまいます。そのことを自覚している人は少ないですが、暗示が入りやすい人は多いです。

気づかずにかかる催眠で、代表的なものは、テレビと、他人からの言葉、そして、自己催眠です。テレビはネガティブな暗示が多いので、見ないようにしましょう。また、他人や自分からのネガティブな暗示に対しては、しっかりと反論して、受け入れないようにしていきましょう。

そして、ネガティブな暗示の癖を修正していき、ポジティブなものに変えていきましょう。そうするで、どんどん前向きに目標やゴールに向かっていくことができるようになります。

img_bnr_01

関連記事

  1. 催眠術

    催眠術は本当にかかるの?催眠術への誤解を解く

    催眠術って本当にかかるの?という疑問を持っていませんか?テレビなどで、…

  2. 催眠術

    止まらないネガティブ思考の原因は自己催眠です

    ネガティブ思考が止まらないとか、やりたいことがなくやる気が出ない、と思…

  3. 催眠術

    催眠術で学習効率を上げる暗示の方法

    催眠術を使うと、学校や資格の勉強、スポーツなどの学習効率を上げることが…

  4. 催眠術

    超意識と催眠術の密接な関係

    人間には、「意識」と、意識では気づかない「潜在意識」、そして、潜在意識…

  5. 催眠術

    催眠術で潜在意識を変える効果と具体的方法

    目標を立てて、頑張ろうとしても、なかなかうまくいかなかったことはありま…

  6. 催眠術

    催眠術の暗示は解ける?フロイトが与えた影響

    催眠術の暗示は解けてしまうとか、一晩眠ると戻ってしまうというふうによく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

img_bnr_02

  1. 脳科学

    抽象度を上げる「類人猿視点」の作り方 
  2. 目標設定

    やりたいこと、want-toを発見するセルフコーチング法
  3. コーチング

    スコトーマを一瞬で外す「なりきり法」
  4. 記事まとめ

    目標達成を動画付きで学べる記事まとめ【8選】
  5. コーチング

    「ゴールの記憶」を遊びながら高める方法
PAGE TOP