催眠術

超意識と催眠術の密接な関係



人間には、「意識」と、意識では気づかない「潜在意識」、そして、潜在意識のさらに奥にある「超意識」があります。意識と潜在意識を上手に使うことで、夢を実現したり、仕事などで高い成果を出すことが可能になります。超意識は、そのさらに奥にある意識で、超能力や神通力のような力に関わっている意識です。

超意識と、催眠術には密接な関係があります。この記事では、催眠術と、超意識の関係について解説していきます。

催眠状態が深まると、超意識が出てくる

超意識は、催眠状態が深まって、ある一定のラインを超えると現れてきます。すごく深い催眠に入った人は、予知能力が身についたり、人の心が読めるようになったり、といった不思議な能力を身につけます。これは眠っていた超意識が目覚めたからです。

超意識については、有名なエドガー・ケイシーがいます。エドガー・ケイシーは、リーディングによって数多くの病気の治療法を開発した人です。現在でも、エドガー・ケイシー療法として広く知られています。エドガー・ケイシーが超能力に目覚めたのは、実は催眠療法を受けたことがきっかけです。

病気の治療のために、催眠療法を受けたエドガー・ケイシーは、眠っていた超意識が目覚め、能力が発現したのです。もともと、子供の頃から不思議な力を使っていたそうですが、成長するにつれて、その力は出なくなっていました。それが、催眠療法を受けたことによって目覚めたのです。

エドガー・ケイシーと同じようなことが、やはり催眠療法をしていると起こります。深い催眠状態に到達した人は、そこから不思議な力が目覚めます。催眠術は、潜在意識に直接働きかけることができますが、さらに、超意識にまでアクセスすることができるのです。

3つの意識「意識、潜在意識、超意識」

ここで少し意識の階層についてお話します。意識には、大きく分けて意識、潜在意識、超意識があります。まず意識というのは、私たちが意志を持ったり、思考をしたりする部分です。「駅まで歩いていこう」というふうに、決めるのが意識です。

潜在意識は、意識では気づかない、自動的に動いている部分です。私たちは、歩くときに、特に苦労もせず、歩き方を考えながら歩くことはまずありません。いつも通い慣れている道なら、歩いたことを忘れるくらい自動で着いてしまいます。このように、意識しなくても勝手に動いているのが潜在意識です。

そして超意識は、潜在意識のさらに奥にある、第六感のようなものです。超意識が働くと、いわゆる超常現象のようなことが起こります。私のクライアントさんでも、私からメールが来るタイミングがわかる、という人がいたり、株価がピークになる日がわかって、その日に株を売ったら予想通りだったという人などがいます。ちなみに株を売ったすぐ後にゴーンさんが逮捕されたそうです。

生まれつき、超能力がはっきり出ている人や、厳しい修行を積んだお坊さんなどが、超意識を使っています。子供のときから使っている人は、当たり前のことだと思って気づいていないこともあります。三つの意識は、完全に分かれているわけではありませんが、特に超意識は、はっきりと出てくることは普通はありません。

催眠術は修行や深い瞑想と同じ

超意識が目覚めていない人であっても、催眠術によって超意識が目覚めるのは、催眠術で、お坊さんが修行で到達するような、深い瞑想状態に入れてしまうからです。自分で瞑想などによって、催眠術で入るような深い意識状態に入ることは難しいことですが、催眠術なら滝行などをしなくても、入れます。

瞑想をしたい人も、あらかじめ深い催眠状態を経験して、自己催眠でも入れるようにしておくと、上達がすごく早くなります。ヨーガや気功などでも、瞑想状態を作るのが上手になれば、そうでない人の何倍も早くうまくなることができるでしょう。

超意識に目覚めた人の特徴

超意識に目覚めている人には、共通した特徴があります。もし、以下のようなことが起こるなら、あなたも日常的に超意識を使っているかもしれません。

超能力

予知能力や、読心術、リーディングのような超能力があります。悪い予感がしたので電車を見送ったら、その電車で人身事故があったり、人が何を考えているのかがはっきりをわかってしまったり、といったことがあります。もちろん、経験や知識によって未来のことがわかるのもありますが、それとは違うレベルで、わかってしまうのです。

トンボが止まる

指を差し出すと、トンボが指に止まります。また、猫などの警戒心の強い動物が、自分から寄ってくるという人もいます。こうしたことが偶然ではなく、狙って起こせたり、いつもそうなるという人は、超意識を使っている可能性が高いです。

全国に向かって、超意識を見せつけた人

尾畠春夫さんという人がいます。この人は、行方不明になった2歳児を、380人の警察、消防、ドローンが2日がかりで見つけられなかったのに、わずか30分で発見しました。超意識を使っていた可能性があります。尾畠さんの発言や、インタビュー中に、手にトンボが止まっている映像から推測できます。テレパシーのような力を使っていた可能性があります。

催眠術は超意識を目覚めさせる最短の方法

意識には意識、潜在意識、超意識という3つの階層があります。意識は思考や意志など部分で、潜在意識は、意識では気づかないところで動いています。そして超意識は、超常現象のような不思議な力を発揮する深い意識です。超意識を使える人は、予知、リーディング、読心術などをすることができます。

催眠術は、超意識を目覚めさせるための最短の方法です。エドガー・ケイシーは、催眠療法によって特殊な能力に目覚めました。催眠術で、潜在意識よりもさらに深いところにアクセスすると、超意識が出てくるのです。お坊さんが山にこもって何年も修行してたどり着くような力を、はるかに少ない労力で引き出すことができます。

超意識に目覚めた人は、特殊な能力を使えたり、トンボが手にとまったり、動物が寄ってくる、テレパシーや、異常な直感力などの力持っています。心当たりがあるなら、超意識をあなたも使っているかもしれません。




関連記事

  1. 催眠術

    催眠術は怖いのか?プロ催眠術師が催眠術の実際を解説

    ゴール達成のために、催眠術を使ってマインドを変えるのは強力なツールに…

  2. 催眠術

    催眠の効果を解説:メンタル、能力アップ、病気・体の不調の治療など

    催眠には驚くほどたくさんの効果があります。メンタル面だけでなく、能力を…

  3. 催眠術

    「力を抜くコツ」を覚えて「イメージ力」を高める

    力がうまく抜けると、イメージ力がアップします。しかし、現代人はいつも緊…

  4. 催眠術

    止まらないネガティブ思考の原因は自己催眠です

    ネガティブ思考が止まらないとか、やりたいことがなくやる気が出ない、と思…

  5. 催眠術

    気づかずにかかる催眠術を防ぐ3つの方法

    私たちは、知らないうちに催眠術の暗示にかかることがあります。今…

  6. 催眠術

    催眠術で学習効率を上げる暗示の方法

    催眠術を使うと、学校や資格の勉強、スポーツなどの学習効率を上げることが…

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    抽象度の高い「ゴール達成法則」とは?
  2. 脳科学

    ゴール達成をしたければ「即刻テレビを捨てよう」
  3. 脳科学

    五輪ロゴデザインからわかるスコトーマの原理
  4. 目標設定

    目標設定で自分を信じるコツ
  5. ビジネスマインド

    ゴールは現状の外に設定する
PAGE TOP