未来の可能性を広げる、選択肢の増やし方

未来の可能性を広げるために、視点を上げて選択肢を増やしてみましょう。

未来をイメージしようとしても、今と同じような現状が続くような気がして、それ以外の未来のことを考えられない。こんな風に思ったことはありませんか?コーチングをする中で、こうした質問を受けることがあります。

未来の選択肢がわずかしかない、と思うとひどく閉塞感を感じてしまうでしょう。そこで、選択肢を増やして未来の可能性を広げる方法をお教えしたいと思います。

方法は2つあります。
1、抽象度を上げて選択肢が見えるようにする
2、新しい選択肢をつくる

1、抽象度を上げて選択肢が見えるようにする

まず、抽象度を上げて選択肢を増やす方法についてお話します。選択肢が見えないのは、スコトーマがあるからです。スコトーマとは、心理的な盲点のことで、人間は自分の見えている範囲しか見えていないということを指しています。このスコトーマにより、幅広い選択肢があるのに関わらず、見えていないもの見過ごしているものが沢山あります。

例えば住居の選択について。現在東京に住んでいる人は、九州や四国などの地方は東京からはとても遠く感じるのでなかなか選択肢に含まれないと思います。僕のまわりの人でも、自分の生まれ故郷から遠くに行く人は少数派で、たいてい同じ県内や、比較的近い地域に住んでいます。

しかし抽象度を上げて、近くの地域から「日本」という視点に上がれば、日本のあらゆる地域が選択肢に入ってきます。もっと抽象度を上げて「世界」の視点で見れば、海外に住むこともできます。

このように、抽象度を上げれば選択肢が増えるのです。何かを選択する際には、スコトーマにより隠れた選択肢があるのではないかと考えて、抽象度を上げてみてください。

2、新しい選択肢をつくる

既存の選択肢から選択する必要はありません。選択肢を作ることもできます。この方法も実は抽象度を上げることで可能になります。

例えは、気に入ったエアコンが欲しい場合。エアコンを電気屋に見に行きます。説明書を読み、店員に説明を受けても良いエアコンありません。そんなときは、妥協することもできますが、無理やりエアコンA・B・C・D・Eの5台の中で選択する必要はありません。

視点を上げて、選択肢Fとして、お気に入りのエアコンを作ることもできます。エアコンを作るのはなかなか大変ですが、それが新しいビジネスになったり、エアコン開発の仕事に転職する機会になるかもしれません。

もっと身近な例で考えてみましょう。洋服を買いに行って気に入った服がない場合、自分でデザインして服を作ってもいいですし、人に依頼し作ってもらってもいいでしょう。そうすれば、自分が着たいデザインの洋服が手に入ります。

もちろん、全部を自分で作ることはできませんから、既存の選択肢から選ぶことも必要です。
1と2の方法を上手に組み合わせていくことで、選択肢はどんどん増えていくことでしょう。何をどう選ぶかについては、自分自身のゴールから判断してみましょう。

ちなみに、以上でご紹介した方法は、「やりたいことがない」という悩みを解決するのにも効果的です。やりたいことがないという人は、実はやりたいことがスコトーマに隠れて見えていないだけ。見える範囲を広げて選択肢を増やしていけば、必ず自分がやりたいことが見つかります。

大事なのは、抽象度を上げることです。2つの方法を使って、選択肢を増やし、未来の可能性をどんどん広げていってください^^

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」

photo1

 

 

 

 

 

 

 

 
認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1 誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密
2 すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」
3 「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ
4 心の盲点を発見する、「特殊な集中法」
5 ゴールの確信度を上げるメソッド
6 「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法
7 圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」
8 努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!
→ 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる
→ ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる
→ 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ