「ゴールが続かない人」へのアドバイス

目標を立てたけど、
長続きしないとか、
3日坊主になってしまう、と
思ったことはありませんか?

世の中では、
最後までやり抜く力が必要だとか、
1つの目標にずっと集中する方がいい
と言われています。

そのため、「1つのことが続かない」
ことを悩んでいる人も多くいます。

しかし、
私が行っているコーチングでは、
それは問題ではない、と考えます。

一つのことを続けるのもいいし、
「3日坊主もOK」ということです。

これは一つ重要な考え方です。

つまり、

~~~~~~~~

ゴールは毎日変わっていい

~~~~~~~~

のです。

今まで言われてきた
目標達成法と大きく違うので、
「そんなのありなの?」と思った方も
いると思います。

よく、目標を紙に書いて、
見えるところに貼っておきなさい、
と言われることがありますね。

一つのゴールを忘れないために
やることですが、このような方法は、
実はマインドの原則に
反しているのです。

それは、
私たちは毎日変化しているので、
ゴールも毎日変わる可能性が
あるからです。

だからこそ、
前に立てた目標を忘れてしまうので、
紙に書いて無理やり思い出そうと
するのですが、それはマインドの
働きに逆らっていることになります。

忘れてしまうような目標を
無理にやろうとしても
have-toになるのです。

仏教や、物理学の世界では、
時間は連続しておらず、
飛び飛びになっていると
考えられています。

それは刹那瞬とか、
プランク時間と言われていますが、
とにかく途方もなく短い点のような
時間です。

飛び飛びになっているので、
さっきの自分と、今の自分は
連続していません。

つまり、一瞬一瞬生まれ変わっている
とも言えます。

だから、一瞬一瞬ゴールが変化しても
何も不思議ではないのです。

まして、夜眠って朝起きたら、
昨日の自分とは、もう全然違う存在に
生まれ変わっていると言えます。

だから、毎日ゴールが変わるのは
自然なことなのです。

朝起きたら、
今日も新しい自分に生まれ変わった
と思ってみてください。

そして、まっさらな気持ちで、
新しくゴールを設定するのです。

毎日ゴールを変えていいことにする
のには、2つメリットがあります。

・常にwant-toゴールを設定できる
・スコトーマが外れる

の2つです。

【常にwant-toゴールを設定できる】

ずっと同じゴールを追いかける必要は
ありません。

昨日まで良いと思っていた
ゴールでも、今日違うと思ったら
変えていいのです。

その日その日で自分のマインドを
見直していくので、毎日want-toな
ゴールを設定することができます。

もちろん、
毎日同じゴールでも構いませんよ。

【スコトーマが外れる】

ゴールが変われば、
またスコトーマが外れて、
抽象度が上がります。

ゴールが変わることは
良いことなのです。

もちろん、ゴールが変われば、
行動も変わるでしょう。

昨日はミュージシャンになるために、
楽器を練習する日だったけど、
今日は、学者になるために、
ゴリゴリ勉強するぞ!というのも
ありです。

ゴールを変えることは
諦めることとは違います。

前に取り組んだゴールを、
またやってもいいですし、
ゴールが複数あっても
問題ありません。

諦めるというと、ゴールを追いかける
のをやめてしまうことですが、
保留しておいても良いのです。

こんな風に、
一つのゴールに縛られる必要は
ありません。

私自身も、いろんなことに首を
突っ込みたくなるタイプです(笑)

自由に毎日ゴールを変えて、
どんどん新しく
生まれ変わっていきましょう。

認知科学に基づいた
ゴール達成プログラムを
8日間で脳にインストールする
メールマガジンを作りました。

ご登録はこちらからどうぞ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/04gwd

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ