気づかれずにされる洗脳

こんにちは!石切山です。

知らず知らずに受けている催眠に
気をつけましょう。

暗示性が高い人は多いので、
悪い暗示は排除したほうが良いです。

===========
手がテーブルに
くっついてしまう催眠術
===========

★催眠術動画をアップしました

→ https://youtu.be/3GRYcql6Zyk

===========

実は暗示性が高い人は
けっこう多いのです。

ほとんどの人は、催眠術について
よく知らないので、
気にもしていないでしょうが、
暗示が入りやすい人はよくいます。

私は催眠術をやっていて、
最初からものすごく深い催眠に
入ってしまう人も見ます。

催眠に入らない人はいないですが、
特に入りやすい人はいるのです。

そういう特別な人でなくても、
ほとんどの人は、
催眠に入りやすいです。

しかし、暗示性が高い人でも、
そのことに気づいていない場合が
ほとんどです。

催眠術は、特別な世界のことで、
自分が暗示と何か関係があるなんて、
思い浮かびもしない人が
多いと思います。

暗示性が高いかどうかは、催眠術を
知っていることとは別です。

催眠術を一回も体験したことが
ない人でも、びっくりするくらい
深い催眠状態に入ってしまうこと
があります。

これは、いいことではありますが、
危険な部分もあるのです。

前に自己催眠についてお話しました。

その時も、
自分では気づいていないけど、
自己催眠がとてもうまい人がいて、
しかもマイナス方向に
向いてしまっている、というお話を
しました。

うつ病の人なんかは、
そういう傾向があります。

これと同じように、他者からの暗示が
入りやすい人がたくさんいます。

気をつけてほしいのは、
催眠術と言わなくても、それと
同じようなことで知らず知らずに
暗示を受けている可能性が
あることです。

例えば、テレビは代表的な例です。

最近、うつ病とか、花粉症の人が
増えてきています。

もちろん、
時代や環境の変化もあります。

ただ、うつ病のこととか、
花粉症のこととか、
テレビで取り上げることで、本当に
そうなってしまう人がいるのです。

近年そうした人たちは増えていますが
これはテレビのせいでもある
のではないかと私は思っています。

テレビの影響力の強さは明らかで、
言葉に気をつけないと、自殺者を
多数出してしまうくらいのことに
なります。

そうしたメディアを、
暗示性の高い人がぼーっとして
みていると、どんどん暗示が
入ってしまうのです。

テレビでは、みんな本当に
素晴らしくて、なんでもできて、
最高にポジティブです!とは
言いません。

そういうテレビがあったら、
見たいですが(笑)

どちらかというと、
マイナスのことが多いです。

悪いニュースや、病気への恐怖を
煽ったりします。

悪い暗示が多いのです。

こうした暗示は知らず知らずの間に、
無意識に入ってしまいます。

そういうマイナスの方向に、
「自分もそうなんじゃないか」と
思わされてしまうと良くないです。

マイナスの暗示を避けるためには、
テレビは見ないほうがいいです。

催眠を体験された方は、
良くわかると思いますが、
今回ご紹介した動画のように、
暗示が入ると、自分が意識で
思っていても抵抗できなくなります。

これがゴール方向に有効に働けば
良いですが、そうとは限りません。

催眠術を体験したことがない人でも、
暗示が入りやすい人が多いので、
自己催眠と同じく、悪い暗示には
注意しましょう。

そして特に、テレビは見ない、
見るとしても目的を持って、
ぼーっと見ないようにする
と良いです。

認知科学に基づいた
ゴール達成プログラムを
8日間で脳にインストールする
メールマガジンを作りました。

ご登録はこちらからどうぞ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/04gwd

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ