「セルフトークを改善」する一言とは?

ネガティヴな状況や
セルフトークが出てきたとき
どうしたらいいでしょうか?

その答えは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「私らしくない!」と言う

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

です。

なぜならそれによって
自分のコンフォートゾーンは
「もっと上なんだ」と、
セルフイメージが上がるからです。

そうすると高いゴールと
自分のセルフイメージが
近づいていきます。

聞いた話ですが、友人が、
一回で治ると評判の、
東京の有名な鍼灸院に
行ったときのことです。

施術を受けているとき、
院長さんとスタッフさんの会話。

「あれ、田中さんまだ来ないの?」

「先生、今日月曜日ですよ。
田中さん火曜日じゃないですか」

「今日は火曜日だと思ってた・・・
こんなの、私らしくない!!!」

と大声で言ったそうです。
それを聞いたとき、
院長さんはセルフトークが上手い!
と私は思いました。

私たちは、日常たくさんの
セルフトークをしています。

特に何か失敗したと思った時には、
「ネガティヴセルフトーク」が
出てきてしまいます。

例えば、
電車に乗り遅れてしまったとき、

「しまった、失敗した」
「また遅れてしまった」
「自分はなんてダメなやつだ」

など、自分を非難する言葉を
自分で言ってしまいがちです。
こうした言葉を受け入れてしまうと、

「自分は時間管理ができないやつだ」
「自分はだらしがない」

と、自分に対してネガティヴな
イメージを持ってしまうのです。

では、
セルフイメージを下げないためには
どうしたらいいでしょうか?

それには、

「私らしくない!!」

と言えばいいのです。

この言葉を言うことで、
ネガティブなセルフトークを
「受け入れない」ことができます。

「私らしくない!!」を使って、
セルフイメージが下がりそうになる時
それを防いでみると良いです。

もちろん先ほどの院長のように
大声で叫ぶ必要はありませんが、
小さな声や、心の中で

「今のは、私らしくない。」

と言ってみましょう。

ネガティブなイメージを
「私らしくない」と否定することは、
「私らしい私」は
もっと上にあることを意味します。

「私らしくない」と言えば、
自分のゴールに合致した、
高いセルフイメージを
維持することができます。

そして、その上で、
「本当はもっとできる」という風に、
良いイメージを思い浮かべて
確認してみましょう。

このように、セルフトークを改善し、
セルフイメージが下がるのを防ぎ、
高いセルフイメージを保っていけば、
だんだんと高いセルフイメージが
当たり前になります。

それによって、ゴールが現実のものと
なっていくのです。

どんな時でも、ゴールは下げずに、
自分のセルフイメージを上げるように
してみてください。

ネガティブな言葉が出てきたら
「私らしくない」と言って、
自分の方を
ゴールに近づけるようにしていくのです。

ちなみに、「私らしくない」というと、
否定形が入っているから、
無意識は認識しない、
と言う人もいます。

確かにそうかもしれません。
しかし、私は

それはあまり気にしなくていい

と思っています。
というのも、催眠で、
否定形の暗示をしても効くから。

人に「動けない」と言うと、
動けなくなるのです。
私は、実験して、確かめました。

仕組みはわかりませんが、
否定形も、無意識に効くようです。

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」
 

 

 

 

認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1  誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密
2  すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」
3  「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ
4  心の盲点を発見する、「特殊な集中法」
5  ゴールの確信度を上げるメソッド
6  「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法
7  圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」
8  努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!
 → 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる
 → ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる
 → 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】
 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ