「五月病」の「原因と対策」とは?

五月病の原因とは?

ゴールデンウィーク明け、
「五月病」になる人が多いようです。
「ずっと休みがいいな〜」なんて
考える人もいるかもしれませんね。

なぜ、
「五月病」になるのでしょうか?
その原因の一つは・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「頑張る筋」が衰えるから
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

です。

「頑張る筋」について
聞いたことはありますか?

ないですよね。
これは私の造語です笑。

この意味は、

「have-toなことを
無理やりやってしまう力」

です。

「have-to」は、
やりたくないけど、
やらなければならない
と思っていることです。

もちろん、そういう筋肉が
体にあるわけではないですが、
イメージがしやすいと思います。

例えば、本当は嫌だけど、
毎日仕事に行かなければならない時に
重い足を引きずって
無理やり会社に行く。

その時に発揮されるものです。

休みでない時は、
この力を使って、
無理やり会社に通勤したり、
営業回りをしたりしています。

そうしていると、
無理して動くことに慣れてきます。
つまり「筋肉」が付いてくるのです。

そのため、
「自分がhave-to をやっている」
ことに気づかないこともあります。

しかし、ゴールデンウィークで、
楽しく遊んだり、
行きたい場所に行ったり、
好きなことをしていると、
頑張る必要がありません。

そのため、
「筋力」が衰えていきます。

それが、9日間とか続くと、
「頑張れない体」に
どんどんなっていきます。

その結果、
頑張ってやっていた仕事が辛くなり
憂鬱になったりするのです。

以前だったら、
それほど大変には
感じていなかったことが、
おっくうになってしまいます。

全く頑張れなくなってしまった人は、
そこで会社を辞めてしまったり、
休んだりしてしまうのです。

では、五月病を防ぐためには
どうしたらいいでしょうか?

そのためには、

=============
want-toのことをやれば良い
=============

のです。

want-toとは、
「自分がやりたいこと」です。

やりたいことをやっていれば、
長期休みがあっても、

「こうしたい、ああしたい」
「早く仕事をしたい」

という気持ちになります。

そうすれば、
休み明けだからといって、
もう辞めたいと思うことも
なくなるのです。

want-toというのは、
「やりがいを見つける」のではなく、
やりたいことをやる、
ということです。

「やりがいを見つける」というのは、
「本当は面白くないけど、
面白いと思おう」とすることです。

そんなことをしなくても、
職業選択の自由がある日本ですから、
want-toを選択すればいいのです。

私には、休みとか、
仕事の日とかいう区分がないのですが
仕事をしていない時も
仕事のこと考えています。

そのため、遊んでいる時も、
いろんなことを思いつきます
(それが遊びとも言えますが笑)。

こんな風に、
やりたいことをやっていれば、
仕事とか休みとか、
わざわざ分ける必要もないし、
分けられないのです。

もし、五月病になったとしたら、
それはあなたのマインドが
重要なことを教えてくれています。

これをチャンスだと捉えて、
自分のwant-toは何なのか、
ゴールは何なのかを
考える機会にするといいですよ。

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」
 

 

 

 

認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1  誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密
2  すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」
3  「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ
4  心の盲点を発見する、「特殊な集中法」
5  ゴールの確信度を上げるメソッド
6  「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法
7  圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」
8  努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!
 → 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる
 → ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる
 → 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】
 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ