ゴールは「本音のwant-to」で作る

ゴール設定が
いまいちピンとこなかったり、
やりたいことが見つからない時、
どうしたらいいでしょうか?

そのために
重要なマインドがあります。

それは、

============
☆レベル低くてもいいから
本音のwant-toにする
============

です。

レベル低い、というのは、

自分のことしか考えてないとか、
抽象度の低い願望とか、
くだらないと言われそうなこと

などです。

「こんなこと言ったら
バカにされるかな」

というようなものでも大丈夫です。

とにかく、
本当にこれができたら嬉しい、
実現したら楽しい、
と思えるようなことを
考えてみましょう。

なぜなら、
どんなに立派なゴールを設定しても、
それが本当に望むものでなければ、
ゴールは近づかないからです。

もし、ゴールがwant-toではないと、
頭ではわかっていても、
そこから逃げるように
脳が働いてしまいます。

もちろん、抽象度が高くて、
なおかつwant-toの方が良いですが、
まずは自分の本音で想像できる
want-toを正直に考えてみるのです。

「大金持ちになりたい」
「いっぱいおいしいものを食べる」
「人気者になりたい」

とか、そんなことでも大丈夫です。
「ゲス」なことでもいいですよ笑。

一度、
こうしなきゃ、ああしなきゃ、
という制限をとっぱらってみて、
自分のやりたいことを
正直に書き出してみましょう。

誰も見ないので安心してください^^

そして
「もう出尽くした」

というくらい
リストアップしてみます。

そして、気が済んだら、
少しだけ視点を上げてみましょう。
というか、書くことがなくなれば、
自然と他のことに
気が向いてくるでしょう。

「家族、友達に喜んでもらいたい」
「社会貢献してお金を稼ぎたい」

という風に、
他人が入ってくることで、
やりたいことを考えていきます。

もちろんこの時も、
嘘をついてはいけません。

誰にも言ったり
見せたりしなくていいので、
正直に書いていきましょう。

このようにすると、
自分の本当の望みを
見つめ直すことができます。

have-to(○○すべき)で考えると、
嫌になってしまいますが、
考えるだけで楽しいことなら、
マインドにはプラスに働きます。

逆に言うと、
have-toなことばかり考えていると、
マインドにはマイナスになり、
憂鬱になっていきます。

無理にテンションを上げて
頑張ることもできますが、
どこかで歪みが出てしまうのです。

もし、
少し高い視点が書けなくても、
それはそれでOKです。

自分の考えている範囲は、
ここなんだな、
というのを認識して、
少しずつでも高めていきましょう。

ゴール設定の大前提は、
「want-toであること」です。

まずは、自分の願望に正直になって
そこからスタートしていきましょう!

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」
 

 

 

 

認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1  誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密
2  すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」
3  「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ
4  心の盲点を発見する、「特殊な集中法」
5  ゴールの確信度を上げるメソッド
6  「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法
7  圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」
8  努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!
 → 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる
 → ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる
 → 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】
 

 

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ