IQを上げるのにパイプや葉巻は不要?

IQを上げて、ドーパミンやセロトニンを出す簡単な方法があります。中には、パイプや葉巻を吸って、ニコチンの効果でIQを上げている人もいるようですが、そう言った道具は必要ありません。その方法とは、息を気持ち良く吐くことです。

もちろん、ニコチンを利用してもいいのですが、手ぶらでいつでもできる方がいいですよね。ヨガや太極拳など、様々な伝統的な身体技術でも息を吐くことが重要な要素になっている場合が多いですが、それだけ、呼吸と精神は結びついているということです。だから、手ぶらで、息を吐くだけで意識状態をコントロールすることが可能です。

具体的なやり方は、ただ気持ち良く、一定の速さで長く息を吐くだけです。スーっと糸が伸びていくように吐いてみてください。なるべくリラックスした姿勢で。寝転んでもいいです。その時に、自分でどんどん気持ち良くなるように息を吐いてみましょう。

そうすると、リラックス度が深まっていき、全身に気が行き渡っているのを感じると思います。気持ち良くなる方向にスーっと吐いていきましょう。何回か繰り返していくと、自然とIQが上がり、良い瞑想状態を作ることができます。吸うことを意識する必要はありません。自然と息が入ってきますので。

僕が今滞在しているイビザは自然に囲まれていて、家も広々としているので、自然と呼吸が深くなります。この環境で息をスーっと長く吐いていると温泉に入っているような、柔らかい感覚があります。

僕の場合は、その延長として、歌を歌います。自分で気持ちの良いメロディーを作って、それを息に乗せるのです。土と石で作られたイビザのフィンカという伝統的な家の中では、家中に声がよく反響します。それがまた特別な意識状態を作り出していきます。歌は原始的な、超越的な感覚を呼び起こす方法です。

調子良くなると、1分以上息継ぎなしで歌ってしまいます笑。そうすると酸欠状態になってきて、それにはまた別の快感があります。キリスト教徒が聖歌を歌っていて倒れるという話を聞いたことがありますが、酸欠もその原因の一つではないかと思います。

息を吐くことは手ぶらでできることです。息を吐くことに集中して、その気持ちよさを味わってください。そうすれば、勝手にIQが上がり、悩みの解決法が思い浮かんだり、頭の中の様々なストッパーが外れていくでしょう。

 

 

 

 

 

“10倍高いゴール”を設定して、ゴール達成に必要なプログラムを“あなたの脳”にインストールする「奇跡の8日間」

photo1

 

 

 

 

 

 

 
認知科学をフルに活用した、「真のゴール設定」×「達成」プログラムの「具体的インストール8つの手順」を無料でプレゼント!!

1 誰でもできる「脳内プログラム書き換え」の秘密
2 すべてが幸せに変わる、「幸せ回路の開発法」
3 「自己イメージの上昇」を仕組み化する、3つのステップ
4 心の盲点を発見する、「特殊な集中法」
5 ゴールの確信度を上げるメソッド
6 「習慣を変えて自己変革」する再プログラミング法
7 圧倒的に高い視点を手に入れる「祈りの儀式」
8 努力がいらないゴール設定の極意

【登録はコチラ】

この講座を無料で受講する事で、あなたに3つのメリットがあります!
→ 脳のプログラムを書き換える方法がわかり、なりたい自分になれる
→ ゴール達成脳を手に入れ、スムーズに自己変革できる
→ 悩みや不安が解消し、ゴールに集中できるようになる

【登録はコチラ】

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ