コーチング

認定コーチが成功できない理由



認定コーチが成功できない理由

私は、コーチングで「認定資格」を持っている人を、たくさん知っています。実際私自身も、認定の講師をしたことがあるくらいです。

なんとか式、何々アカデミー、○○協会、という感じで、コーチングの資格を出すところは溢れていますし、今も新しいものが次々登場しています。

そして、認定コーチは、コーチングでほとんど稼げていない、という現実があります。私の感覚だと、独立できるレベルにいる人は5%くらいという感じです。

あとの人は、ビジネスをやっている風になっているだけで、売り上げが少なかったり、売り上げがなかったりします。ビジネスもどきになっているわけです。

多くの人が、1年未満で脱落していくのですが、なぜかというと、ビジネスを学んでいないからです。

認定があってもビジネスはできない

コーチングスクールでは、コーチングの知識や、やり方しか教えてもらえません。そのため、どうやってクライアントと契約するのかとか、どうしたら稼げるか、ということはわからないのです。

講師をしている人も、資格を売ったり、知識やスキルを売ることで稼いでいる人が多いので、コーチングビジネスの仕方がわかるわけではありません。

コーチングの理論を使えば稼げるか、というと、そういうわけでもありません。もしそうなら、認定コーチは全員稼げているはずです。

だから、実際には、ほとんどの人が、ビジネスをやってるように見せているだけになってしまいます。

本気で本業でやっているわけではないので、例えばブログを書いても稼げないし、セミナーをしても稼げなかったりします。

しかし、資格を取る人は、「認定コーチになったら稼げるようになる」と思って、安くないお金を払って、資格を取ります。

中には、○○アカデミーに通うと、特別な力が身につく、というように宣伝しているところもあります。そんなにすごくなれるなら、ビジネスくらいできてもおかしくありません。

ところが、実際にはコーチングの入門の知識を教えてもらうだけですから、いきなり稼いだりはできないわけです。

コーチは本業で稼げる

そういうこともあって、コーチはボランティアでやるべきだとか、コーチは副業や趣味でやるべきだ、という人が少なからずいます。

本業で稼げるなら、そういうことはする必要がありません。稼げないので、他の手段でお金を稼ぎましょう、という概念が生まれました。

ファイナンスのゴール、と言われることもあります。簡単に言うと、コーチは稼げないので、会社員を「ファイナンス」とオシャレに言っただけのものです。

だから、これは労働者思考の延長の発想になります。やりたくないことをやるための論理です。

そのため、ファイナンスと言われる時は、「得意なことでお金を稼ぐ」と言われます。得意なこと、というのは、現状でできることで、必ずしもやりたいことではありません。

ビジネスで稼げる人は、コーチングビジネスでも稼げます。だから、「他の手段でお金を稼ぐ」という発想が必要ありません。

ビジネスを知らない人は、他のビジネスでファイナンスすることもできませんから、労働者を続けます。

コーチングは、ちゃんとやれば、プロで専業でできるので、お金は入ってきます。コーチングがやりたいなら、やりたいことをやって、普通にお金を稼ぎましょう。

コーチングとか、ビジネスを甘く見ている人が多いので、本業で、という発想が出てこないのです。

お医者さんは趣味でやったほうがいい、とは誰も言いません。なぜなら、お医者さんは立派なプロの職業だからです。

趣味のお医者さんに診てほしい、という人はほとんどいないでしょう。お医者さんの仕事だけやっている人のことを、立派なプロだと、ほとんどの人が思うはずです。

コーチングの価値が低いと思っている人は、コーチを立派なプロの職業と認識できていないわけです。だから、お金も取れないのです。それが甘く見ているということです。

本業で稼ぐということは、片手間ではできません。やるなら、本気でやりましょう。

価値を提供するとはどういうことか

コーチングビジネスで稼ぐには、ビジネスのマインドセットが必要です。

ビジネスは、価値を提供して、その対価をいただくというのが本質です。そして、一番勘違いされるのも、この点です。

価値というのは、お客さんが価値を感じてくれるから、初めて生まれるものです。だから、一方的にこちらの都合で作れるものではありません。

認定コーチの資格があろうがなかろうが、価値にはあまり関係がありません。

しかし、コーチングを学ぶ方からすると、資格に価値があると思っているので、資格を得ることで、自分の価値が生まれ、それが売れる、と誤解してしまいがちです。

認定に価値がある、と思うのは、コーチが認定を欲しいと思っているからです。スキルとか、知識とかも同じです。

それはそれで良いですが、お客さんが何に価値を感じるかがわからないと、「価値を提供する」ことができません。

ダイエットをしたい、という人に、「○○式認定コーチです」と言っても意味がないわけです。それなら、ラ○ザップに行くよ、と思われるでしょう。

どんな悩みでも解決できますよ、と言っても、何の価値を提供する人なのかよくわからなくなります。

私は、ビジネスを教えていますが、もちろんビジネス以外のたいてい何でもコーチングできます。というのもマインドセットは同じだからです。

なので、ビジネスコーチングを受けている人でも、ビジネスを通して、それ以外の人生も豊かになっていきます。

私は豊かなコーチを養成したいと思っていますが、お金だけあれば豊かになれるとは思っていません。金儲けだけが肥大して、悪い気が溜まっている人もよくいます。

私は、ビジネスを通して、お金と時間はもちろん、自由さや、豊かさを手に入れてもらいたいと思っています。ただ、私がやりたいことと、マーケットを合わせて、誰に価値を提供するかは選んでいるのです。

認定に頼るのではなく、あなたがやりたいことで、市場価値がつくことをやりましょう。そうやって初めて価値が生まれて、プロのコーチとして稼ぐことができます。

ビジネスを学んでプロコーチになる

今回は認定コーチが成功できない理由についてお話ししました。認定資格があるだけではビジネスにはなりません。なぜなら、お客さんは認定よりも、自分の悩みや希望の方が大事だからです。

私もいろんな認定を知っていますが、どこの人も、自分の認定が特別だとか、本物だと思っています。ぶっちゃけ、お客さんからしたら、そういうのはあまり関係ないわけです。

コーチングスクールでは、コーチングのことは教えてくれますが、ビジネスのことは教えてくれません。また、ビジネスは、簡単に教えられるものでもありません。

そのため、コーチは本気で稼ぎたいなら、ビジネスを学んで実践する必要があります。

コーチは本業で稼ぐことができる職業です。また人の人生を変えることができるので、価値の高いものです。それを、高い値段で売っても、何の問題もありません。

ビジネスに真剣に取り組めば、あなたもプロのコーチになることができます。そして、是非、自由と豊かさも手に入れてくださいね。




鏡の法則を使って成功する方法前のページ

30万以上の商品を売れない原因次のページ

関連記事

  1. コーチング

    コーチングで時代遅れになった用語

    コーチングでは様々な用語が使われます。そうした用語を使うことで、便利に…

  2. コーチング

    want-toが多すぎて困っている人へ

    やりたいことがたくさんあって、ゴールを一つに絞りきれずに困った…

  3. コーチング

    Invent on the way

    前回、ニューヨークに行った時の重要なマイルストーンは、シュガー…

  4. コーチング

    コーチングとエビデンス

    コーチングとエビデンスコーチングは、科学的でしょうか。最近では…

  5. コーチング

    ゴール達成するためには、「行動すること」をやめなさい

    「目標を達成するために行動しよう!」「すぐに行動に移そう!…

  6. コーチング

    セルフコーチングで自分で人生変える7つの方法

    セルフコーチングで自分で人生変える7つの方法セルフコーチングは…

稼げるコーチ養成講座

電子書籍



アマゾンランキング5部門で1位


『コーチングビジネスの成功法則』


Kindleで発売中

 

全記事一覧

有料記事一覧

  1. コーチング

    苫米地式コーチが稼げないのは宗教だから
  2. コーチング

    「ゲシュタルトの秘密」を知れば世界が変わる
  3. ビジネスマインド

    自分が思う正しいことを止めないと稼げない
  4. ビジネスマインド

    良い情報を聞いても稼げない人
  5. コーチング

    コーチングとエビデンス
PAGE TOP