ビジネスマインド

なぜ自信がつかないのか



なぜ自信がつかないのか

起業や、ビジネスを成功させるのに、自信がない、と思っていませんか?自信がないのには、理由があります。その原因を変えていけば、自信をつけることができるのです。

しかし、自信がない人は、「自信がついてからやろう」と考えてしまいます。それでは、自信がつくこともないし、ビジネスも成功しません。

あなたが、稼げるコーチになりたいなら、今回の記事をよく読んで、問題点を認識し、マインドを変えてください。そうすれば、自信がない、という考えを変え、起業やビジネスを成功させることができるようになります。

ビジネスをしないから

なぜ自信がつかないかというと、まず行動しないから、ということがあります。自信の一つに、エフィカシーがあります。エフィカシーは、「ゴールを達成する能力の自己評価」のことです。

エフィカシーを上げるには、いろいろな方法がありますが、成功体験をするという方法があります。何かに成功するということを、繰り返すことで、エフィカシーが高まるのです。

何かの成功体験をするということは、何らかのアクションを起こす、ということです。何かをしなければ、成功はしないからです。なので、ビジネスの自信をつけたいなら、ビジネスの行動することが1番早いです。

なぜ、行動ができないかっていうと、失敗を恐れているからです。失敗するのが嫌なので、何もしない、もしくは無意識に、何もしたくない、と思っているかもしれません。

人の心理には、学習性無力感というものがあります。これは、犬をケージに閉じ込めて、逃げられないようにして、電気ショックを与え続けると、犬は逃げることをやめる、という実験から、導き出された法則です。

ケージを開けて、逃げられるようにしても、電気ショックを悲しい顔をしながら、受け続けるということになります。

なので、できないという無力感があることで、何も行動ができない、ということが起こります。

ビジネスで、始めたばかりの人や、稼げてない人の場合、行動してもすぐに成果が出ないので、何回かやると失敗をして、無力感を感じてしまいます。

本当は、やり続けると、そのたびに成功に近づいているのですが、そこで継続できないので、そこから進歩ができないのです。

そうすると、失敗しないように行動しなかったり、失敗の心配がない、学びや、インプットの方ばかりやるようになってしまいます。

これだと、ビジネスで成功も失敗もしないので、自信もいつまでもつきません。

勉強すれば、とか、スキルが上がれば自信がつく、と思っている人も多いです。そのため、稼げない人同士で勉強会をしたりとか、模擬コーチング会をして、いつまでも稼げない状態を維持してしまいます。

そういった行動をとっても自信はつかないので、ビジネスのことを少しずつでもやっていく、ということが大切です。

例えば、ブログを書いたり、セミナーを開催したり、体験セッションをしたり、といったことがあります。これらは必ずお金になるわけでも、断られないわけでもありません。

ただ、正しいやり方で継続していけばい、ずれは稼げるようになります。というのも、ビジネスで収入を得るというのはそれほど難しくないからです。

難しく思うのは、あんまりやってないからというのと、心理的なハードルが高いから、ということがあります。

しかしこれらは、自分の問題であって、自分が変われば前に進むことができる問題です。

欠点を見るから

次に、自信がつかない理由として、「欠点を見るから」ということがあります。いつも、自分ができないことや、自分の苦手なことを見るので、ネガティブ思考になって、自信がなくなっていくのです。

自分にはコーチングスキルが足りない、ウェブのスキルが足りない、セールススキルが足りない、経験が少ない、資格がない、だから自分は稼げない、などなど欠点を探してしまいます。

しかし、欠点というのは、探そうと思えばいくらでも探すことができます。そして、それを埋めようとして、欠点を埋めるためのインプットも、いくらでもすることができます。

例えば、ウェブをうまく作れない、という欠点を見つけたとします。ウェブはコーチの仕事ではありません。コーチの仕事は、1番はコーチングです。なので、コーチングをやることを、第一に考える必要があります。

しかし、ウェブがうまくできないから売れないと思って、ウェブのスクールに通ったり、自作でプロみたいなもの作ろうとしても、素人のやることなので、たいしたものはできないのです。

なので、それは、お金を出してプロにやってもらったり、ある程度の普通のものができれば良いのです。

ウェブがきれいだからと言って、売れるわけではありません。ウェブきれいだと、見た目は綺麗で儲かりそうですが、内容が良くなかったら、お客さんは来ないんです。

こうしたものを、一つ一つ埋めていこうとすると、膨大な時間と、お金がかかってしまいます。

ビジネスの本質は、お客さんのニーズがある商品を、お客さんに売るということです。なので、大事なことは自分の欠点を見ることではなく、お客さんのニーズを見ることです。後は、それに必要なことをやればいいのです。

実際には、欠点と思っていることは、欠点ではありません。欠点だと思っているのは、稼げないコンフォートゾーンから考えているからです。

あなたが欠点だと思ってるところも、私から見たら、欠点じゃないということは、たくさんあると思います。自分のことは、自分ではわからないので、もう稼げるのに、稼げないと思っている人も多いのです。

欠点を修正してる時間があったら、さっさと成功してしまったほうが早いのです。

比較するから

比較すると、自信がなくなります。比較自体は、そんなに問題では無いのですが、比較して、できないところを探して、落ち込むというのがよくないのです。

よくあるのが、それぞれの分野で、自分より優れている人とか、成功してる人を引き合いに出して、〇〇さんよりできないと思うことです。

〇〇さんよりできないことは、事実であるかもしれませんが、だからといって、稼げないとか、必要とされていないということにはなりません。

これも、欠点を探してしまうのと同じで、他人を使って、自分ができないことにしてしまう、ということです。

すべての分野で、1番優れている人はいないので、比較して落ち込むのは、ずっと止めることができません。比較したところが少し良くなっても、また比較したり、もっと優れた人と、比較するようになるからです。

参考にするのは良いとしても、それで自信をなくす必要はありません。なぜなら、あなたと〇〇さんは違うので、まず、同じことをしなくて良いからです。

そして、成功してたり優秀な人であっても、最初は、しょぼいことから始めています。しょぼいことから始めてだんだんよくしていけた人だけが、成功するんです。

なので、最初からすごいことをやろうとして、そういうことはできないとか、しょぼいことは意味がないと思っていると、そこから進歩しなくなります。

同じ資格を取ったとしても、ホームページをきれいにしたとしても、同じようには売れません。というのも、それを売り上げにつなげるための経験やスキルもないからです。

結局、表に見えてるとこよりも、1番重要なのは、見えてない部分です。目に付くところというのは、自分で分かる範囲のことです。なので、その範囲のことを直したからといって、コンフォートゾーンから出られるわけではありません

もし、あなたが、今稼げてないなら、稼げてる人と比べてできてないのは、当たり前です。なので、同じようにやろうとして、比べて落ち込むことはありません。

自分に優しくする

自信を持ちたいからと言って、自分に厳しくしていても、逆に自信を失う結果になります。例えば、うまくいかないときに、何でこんなこともできないんだ、とか、なんてダメなんだ、とネガティブな言葉で、責めてしまう人がいます。

これは、成長できるようですが、自分がダメであるということを、潜在意識に教えることになります。そのため、これまで行ってきたような、欠点探しや、人との比較でわざわざ弱点を見つけてくる、ということをしやすくなります。

そこを埋めることで、確かにその部分は成長するのですが、稼げるようになるわけではありません。なぜなら稼げる世界とは、レールが違うからです。

そして、自分がダメだということで、自信をなくすと、ますます行動ができなくなります。行動ができなくなれば、成功もしないので、ずっと自信もつきません。

だから、ほんとに成長したいのであれば、自分に優しくする、ということが大事です。これは、心理学では、
「セルフコンパッション」といいます。

セルフコンパッションがである人は、つまずいたり、失敗したりすることがあっても、自分を責めずに、前向きに進むことができるのです。

あなたも、何をしても怒られる環境と、何をしても励ましてもらえる環境だとしたら、どちらが行動しやすいですか?

優しくするというのは、必要なことをしない、ということでありません。自分ができなかったり、うまくいかなかったりしても、それをネガティブに評価せず、自分自信を認めることができるか、ということです。

例えば、セールスをして断られたときなどに、まず、自分が行動できていること自体を、認めてあげるということです。そして、自分を他人にするように優しく接してあげることが大事なのです。

ビジネスをしていて、なんでもかんでも、スムーズに全部うまくいくということは、あり得ません。スムーズにうまくいってるように見えている人でも、必ず何らかの失敗や問題、トラブル等を経験しています。

もともと、それらはビジネスに含まれているので、それはもう失敗というよりも、成功するために必要なステップです。

何かあるたびに、いちいち自分を責めて、だめだと思ったり、落ち込んだりして感情的になると、ビジネスで成功することができません。

むしろ、うまくいく人ほど、早く失敗を経験しておきたいと考えます。なぜならそれが、成功するためのステップなので、早く改善した方が良いからです。

何があったとしても、セルフコンパッションを大事にして、感情的にならない。そして、そこからどうしたらいいのかということを、建設的に考えられるようになれば、あなたも稼げるようになります。

稼げない人は、ある程度うまくいかないと、そこでダメだと思って、他の方法にしてみたり、スキルアップやインプットが必要だと考えます。ところが、ビジネスは、稼げる所に近づけば近づくほど、難しい問題が出てきます。

ブログを書くことは誰でもできます。しかし、ブログを続けることは、1割以下の人しかできません。さらに、ブログから集客をすることは、少数の人しかできません。そこから、高額商品を売るのにも、またハードルがあります。

このように、成功に近づくほど、できないことが出てきます。なので、できないという所で止めていると、また別のルートをとったとしても、同じ問題に突き当たってしまうのです。

これが結局、集客術やビジネススキルをいくら学んでも、稼げない人が稼げない原因なのです。

稼ぐためには、稼げるところまで進み続ける、そして、さらにその先にも進み続ける、ということが大事です。

一時的に勢いで稼ぐことができる人はいます。しかし、フェードアウトする人も多いです。なぜなら継続して稼ぐことができないからです。

稼ぎ続けるためには、自分に対して厳しくするのではなく、優しくして、自分を認めましょう。

今回は、自信をつけることについて、お話ししました。自信がないから、自信がついてから何かをしようというのは、うまくいかない考え方です。

ただ自分ができないとか、自信がないと思っているだけで、今からでも成功に向かうことができます。

自分の欠点を探したり、人と比較して劣等感を持ったり、自分を責めて理性をなくしたりするのは、稼げない人の考え方です。

思考は今日から変えることができます。自信を持って、あなたを必要としているクライアントに、あなたの商品を届けてください。それが、あなたが稼げるコーチになるための最短の方法です。




関連記事

  1. ビジネスマインド

    スキルの勉強が要らない理由

    スキルの勉強が要らない理由今回はなぜコーチングスキルの勉強が要…

  2. ビジネスマインド

    自信をつけるのに必要な考え方と方法

    自信をつけるのに必要な考え方と方法新しいことを始めたり、起業や…

  3. ビジネスマインド

    稼ぎたければ過去から判断しない

    稼ぎたければ過去から判断しない稼ぎたければ、今までの自分の判断…

  4. ビジネスマインド

    正しい行動をしなければ稼げない

    正しい行動をしなければ稼げない今回は、正しい行動をしなければ稼…

  5. ビジネスマインド

    情報収集しても稼げないのは

    情報収集しても稼げないのは情報収集ばかりしても、稼げるようには…

  6. お金

    無料でいい話を聞いても稼げない理由

    無料でいい話を聞いても稼げない理由無料でいい話を聞こうとしたり…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    簡単にできないことをする
  2. ビジネスマインド

    努力が報われないのは何故か
  3. コーチング

    裁判所で抽象度を上げる
  4. ビジネスマインド

    完璧を目指さなくてもいい
  5. お金

    労働者思考を捨てて、時間とお金を手に入れる
PAGE TOP