ビジネスマインド

やる気が出ないのはなぜか



やる気が出ないのはなぜか

儲けたいのに、ビジネスにやる気が出なくて行動できないという人もいます。

やる気さえ出れば、稼げると思っている人が多いですが、本当の問題はそこにはありません。やる気さえ出れば、と思っている人は、ずっとやる気に困り続けます。

セミナーとか、自己啓発本を読んで、興奮して、少しやって、またやる気がなくなるというループにはまるのです。そうやってやる気を補充し続けないといけなくなります。

それでは、やる気がない時間と、やる気を出す時間がほとんどになり、やる気を出すためのお金が出ていくので、貧乏になってしまうのです。

本当にやる気を出して、ビジネスを成功させるにはどうしたらいいのかお話しします。

意味のないことにやる気は出ない

やる気が出ないのはなぜか、というと、人は意味のないことにやる気は出せないからです。

私は、大学生の頃に、1日だけ、コーヒーにおまけをつける、というバイトをしたことがあります。その時、それがものすごく無意味なことに思えて、かなり苦痛でした。

もう絶対にやらないと思ったし、そういうことにやる気は出ないのです。コーヒーにおまけをつけるのは、意味がないわけではないですが、自分が意味を見いだせない限り、やりたいとは思えません。

ビジネスで必要な行動ができないとか、ブログが書けない、というのも、意味がないと思っているから書けないのです。

ブログなら、書いてすぐに何十万稼げる、というものではありません。だから、短期的に見たら、意味がないと思われてしまいます。

それよりも、「楽してすぐに、無料で稼げます!」と言われる方が、意味がありそうなので、そっちに行く人はたくさんいます。

宝くじも、本当はただの税金なのですが、買ったら当たると思い込んでいる人が買いに行きます。貧乏な人は、こうやってお金をなくしていくのです。

意味がある、と自分が思っていることにはやる気が出るけど、意味がないと思ったら、それが本当は意味があることでも、やる気は出ないのです。

もし、ブログを書くことが、意味のあることだと思ったら、忙しくても書くでしょう。

海外に旅行に行くのは、手間のかかることですが、アメリカに行きたい人は、それを乗り越えてアメリカに行くのです。

しかし、同じ人であっても、用がなければ、隣の部屋に行くやる気さえ出ません。

いくら、やる気が出るセミナーで、アゲアゲになっても、ただ興奮しているだけで、無意味なことを続けることはできません。これが人間の性質なのです。

何が意味があることなのか

やる気が出るためには、意味があると思う必要があるのですが、何が意味があることなのか、正しく判断しないと、稼ぐことはできません。

やる気があっても、SNSでコメントしまくるとか、異業種交流会に出るとかやっても、稼げません。しかし、自分が意味があると勘違いしたら、それをやってしまいます。

宝くじも、意味がないのに、やってしまうのです。

つまり、やる気があることが、稼げる本質ではありません。意味のあることに、やる気があれば、稼げるということです。

稼げない人は、やる気がないのではなく、意味のないことにやる気と労力をかけています。反対に稼げる人は、稼げる行動がわかっているので、そっちの方にやる気が出ます。

商品を作りましょう
ステップメールを作りましょう

と私は言っていますが、これは売れるために、意味があるから言っているのです。

ただ、これらは、それなりに労力がかかるし、頭も使う必要があります。だから、避ける人が多いのです。やる気がありません。

それより、日記ブログを書いたり、SNSで日常生活をアップする方がやる気があるので、そればかりやる人もいます。

日記とかSNSが悪いのではありません。それは、楽しいかもしれません。しかし、それで稼げると思っていたら、方向が間違っています。

SNSは、楽しくなるように作られています。巨大企業が、中毒するように作っているので、はまる人が多いです。しかし、そこに時間をかけると、稼げなくなります。

稼げないコーチは、本当に意味のあることと、意味のないことが区別できないので、ただ目先の楽なこととか、できることしかやらないわけです。

しかし、稼ぐには、稼げないコーチが意味がないと思っていることを、やる必要があります。稼げる領域に近づくほど、嫌なことが増えるのです。

セールスで断られたり、ブログを更新したり、ビジネスプランを改善したり、といったことが起こります。稼げる人は、それに意味があると気づいているのでできますが、稼げない人は、そこで諦めます。

諦めて、楽して儲かる方法はないか、また探し始めるのです。しかし、稼げる領域になるほどまた面倒なことが出てくるので、そこから先には進めないのです。

どんな集客法であっても、結局本質は同じなので、同じところでつっかえます。

自分の中の意味あることを変えないと、稼ぐことはできないということです。

やる気が向く先を変えるには

どうしたら、意味あることができるかいうと、意味あることがわかっている人に教えてもらうのです。分からなければ、何度でも教えてもらい、修正してもらいます。

スポーツでも、自己流で無茶苦茶なフォームでやっていたら、うまくはなれません。コーチから、正しいやり方を何度も教えてもらい、修正してもらって、初めて上達するのです。

だから、世界のトップ選手でも、必ずコーチがついています。意味あることを身につけたら、成功することがわかっているから、トップ選手であってもそうするのです。

オリンピックでも、選手とコーチの関係が話題になります。大阪なおみ選手のコーチとか、羽生結弦選手のコーチとか、トップになるほど注目されます。コーチの存在がいかに重要かわかるでしょう。

伸びない選手は、自己流で、努力すればいいと思っています。

ビジネスでも、稼げない人ほど一人でやろうとします。お金を出すのが怖いので、人に頼めないのです。人に頼むのは、悪いこととか、ずるいとか、甘えだ、とか考えていることもあります。

それで、稼げたらコーチやコンサルをつけるとか思っています。稼げないからこそ、コーチが必要なのに、発想が逆なのです。

稼げる起業家になるほど、優秀なアドバイザーがいます。これが現実です。

やる気を正しい方向に向けてもらうことで、うまくいきます。ほんの少しずれるだけでも、稼げたり、稼げなかったりするので、その部分を教えてもらうのです。

自分にとっては、大したことがなくても、稼げている人から見たら、大きな違いに見えます。

メルマガをやっていないで、日記ブログを書いている人は、自分では、なかなかいいと思っているのですが、稼げている人からしたら、これでは無理、と思うのです。

集客法の勉強にばかり行っている人も、自分では稼げるようになったつもりですが、稼げる人から見たら、無意味なことをしているようにしか見えません。

もし、その判断が自分でできるなら、もうすでに稼げているはずです。半年も1年も稼げていないなら、意味あることと、意味ないことの区別がついていないということです。

だから、先にお金を用意して、教えてもらうことを優先してみてください。

本当に意味あることにやる気を向ける

今回は、やる気が出ない原因や、稼ぐためのやる気の出し方についてお話ししてきました。

人間は、無意味なことにはやる気が出ません。一時的に興奮したらできますが、それは続きません。稼ぐために必要なことは何なのか理解して、本当のやる気を出しましょう。

稼げない方向であっても、意味があると勘違いすると、そっちに一生懸命になります。宝くじを一生懸命買ったりします。

稼げるためには、稼げる行動に意味を見出して、やる気を向ける必要があるのです。

何が意味があるかは、稼げる人から教えてもらい、直接修正してもらってください。それが最短で稼げる方法です。




関連記事

  1. ビジネスマインド

    劣等感を克服して儲けるには

    劣等感を克服して儲けるには コーチングビジネスをやっていて…

  2. ビジネスマインド

    情報収集しても稼げないのは

    情報収集しても稼げないのは情報収集ばかりしても、稼げるようには…

  3. ビジネスマインド

    稼げないコーチとダイエットで失敗する人の共通点

    稼げないコーチとダイエットで失敗する人の共通点稼げないコーチと…

  4. ビジネスマインド

    ゴールは現状の外に設定する

    ゴールは現状の外に設定するゴールは現状の外に設定することが必要…

  5. ビジネスマインド

    稼ぎたいなら今の自分を認める

    稼ぎたいなら今の自分を認めるあなたは、今の自分を認められている…

  6. お金

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【後編】

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー(後編)前回に続き、ビ…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    血が通っていない怪しいコーチング
  2. コラム

    ある条件で出現する謎の丘
  3. コーチング

    あなたは凡人のフリをしている
  4. コーチング

    誰も知らない?「引き寄せの法則」はコーチングで起こせる
  5. お金

    お金を稼ぐのは簡単だと考える
PAGE TOP