ビジネスマインド

コーチングを広める前に自分が成功する

今回は、
コーチングを広める前に自分が成功する、
というお話をします。

コーチの人でも
コーチングを広めたいです、
コーチングの素晴らしさを知って欲しい、
と言っている人が多くいます。

そして
コーチングを広める活動が目的になって、
広めているつもりになっている人も
いるわけです。

しかし、
まず自分自身が成功しなければ、
コーチングの素晴らしさを伝えることはできません。

なぜなら、

「私は成功してないけど
コーチングはすごいです」

「成功してないけど
コーチングは科学です」

と言っても

「そうなんですね」

で終わりだからです。

というのも
お客様は成功しないものを
いくらすごいと言われても
興味を持たないからです。

なので
まずコーチ自身が豊かになることで
証明しなければいけません。

ところがほとんどのコーチは、

「コーチングとは〜なので」
「コーチングは科学なので」
「コーチングとティーチングは違うので」

と言って、
なんちゃってコーチングをしています。

「頭が整理できた」
「やるべきことが明確になった」

とクライアントに言われて
満足しているわけです。

しかし、
それでは稼げるようにはなりません。

なぜなら
稼げるほどの価値を提供していないからです。

「稼げてないけど、コーチングは正しい」
「この理論通りにやるのがコーチングです」

と主張しているだけでは
何の意味もないわけです。

これを食べれば痩せます、
と言っている人が太っていたら、
説得力がないですよね。

コーチも自分が成功していなければ、
誰も本当だとは思いません。

それをごまかすために、
いくら理論を主張しても、
誰もお金を払ってはくれないのです。

なので、
もし本当にコーチングを広めたいなら、
自分が成功すればいいわけです。

成功するためのビジネスプランを作り、
自分自身の理想の未来
をまずは実現しましょう。

自分が豊かになれば、
その豊かさを他人にも
伝えられるようになります。

自分が成功しないから、
コーチングを広めると言って
自己満足したいだけですか?

ただ良いことをしたつもりになって
自分の承認欲求を満たしたいだけなら
それでも良いですが。

素晴らしいコーチングなら、
まず自分が証明してみてください。

そのためには
ビジネスを本気でやることです。

お飾りでビジネスをするのではありません。

私がいつも言っているのは、
コーチみたいなこととか、
ビジネスみたいなことを
する方法ではありません。

稼げるプロコーチになって、
クライアントを豊かにすることを
教えているわけです。

そんなふうに本気で
コーチングやビジネスをやってみませんか?

良いことをしたいなら、
しっかり本業としてお金を稼いで、
フルタイムでもっと良いものを
提供すれば良くないですか?

そうすればよりたくさんの人を
救えるはずです。

もうチンタラとコーチングもどきや
ビジネスもどきをやるのは
やめませんか?

本気になれば
あなたも成功することができます。

自分が成功して
コーチングの本当の価値を
伝えてくださいね。

本やネットで成功できない理由前のページ

時間は未来から過去に一方向に流れるわけではない。苫米地英人氏の時間論への批判と、新しい時間論のモデル次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    豊かになるための正しい勉強の考え方

    今回は豊かになるための正しい勉強の考え方についてお話し…

  2. ビジネスマインド

    稼げない思考で考えない

    稼げない思考で考えない今回は、稼げない思考で考えない、というお…

  3. ビジネスマインド

    できる理由に注目する

    できる理由に注目する今日はできる理由に注目するというお話しをし…

  4. ビジネスマインド

    成功するエフィカシーの作り方

    成功するエフィカシーの作り方稼げるようになるには、まず自分が稼…

  5. ビジネスマインド

    不足を数える人は成功しない

    今回は、不足を数える人は成功しないというお話をします。…

  6. ビジネスマインド

    スキルや実績があっても稼げない理由

    スキルや実績があっても稼げない理由スキルや実績が豊富にあるのに…

稼げるコーチ養成講座メルマガ登録

Amazon著者ページ(電子書籍一覧)

全記事一覧

有料記事一覧

  1. お金

    給料以外で収入を得る
  2. マーケティング

    単価を上げるのはなぜか
  3. ビジネスマインド

    自分を責めても成功しない
  4. ビジネスマインド

    ビジネスには時間とお金のリスクがある
  5. マーケティング

    SNS、ブログなど情報発信を継続しているのに稼げない理由
PAGE TOP