ビジネスマインド

コーチングビジネスをしたいか決める



コーチングビジネスをしたいか決める

あなたは、ビジネスとして、コーチングをしたいですか?それとも、単純に、コーチングをしたいでしょうか。あるいは、コーチングを学びたいだけでしょうか。

ビジネスとして、コーチングをしたいのであれば、コーチングの結果に責任を持つという心構えが必要です。

コーチングは、コーチと、クライアントが作るものです。クライアントの責任もあります。しかし、ビジネスとしてコーチングをする場合、料金があるので、その分の対価を渡す必要があります。

つまり、コーチングビジネスをするということは、リスクを負うということです。

もしリスクを負えないのであれば、コーチングビジネスをしない方がいいでしょう。

もしコーチングをしたいだけなら、ボランティアでやればいいのです。ボランティアでやれば、数十万円以上の料金に見合った対価を、期待されることはありません。

ボランティアなら、コーチと話しができるとか、話してすっきりしたとか、いいことを聞いた、と言って満足してもらうことができます。

あるいは、仲間づくりとか、居場所作りのような役割になるかもしれません。

それらは、コーチングでなくてもできるのですが、コーチングに興味がある人を集めて、そうしたことをすれば、喜ばれるでしょう。

コーチングを学びたいだけの人は、コーチングをする必要がないので、学び続ければ問題ありません。わざわざリスクを負って、コーチングをしなくてもいいのです。

コーチングに興味があるという人でも、コーチング資格というのは、完全な初心者からでも、そんなに遠くにあるものでもなく、コーチになる気がなくても取れます。

コーチングの資格は、基本的に、講義に出ると取ることができます。学力がなくても、どんな状態でも取ることができます。

私がよく知っているある団体でも、年数が経つにつれて、初心者以下の人が来て、全然理解しないまま資格を取っています。

私は、コーチング資格に価値を感じていません。コーチングの資格は、傾向として、持っていてもインフレを起こします。

お金儲けが最優先になっているので、基本的に誰でも取れるようにカリキュラムが作られているので、コーチがどんどん増えてしまうからです。

資格に価値があると思って、なんとなくコーチングビジネスをしようと思っても、それは無理です。

資格を持つことと、コーチングビジネスで稼ぐことの間には大きな違いがあります。だから、学んだからと言って、コーチになれるわけでもないし、なる必要もありません。

もちろん、ボランティアのコーチならすぐになることができるでしょう。だから、稼ごうと思わないで、学びの一環としてコーチになるくらいでもいいのです。

もし、本当にコーチとして独立できるくらい稼ぎたい、と思うなら、他のビジネスと同様に、真剣にやる必要があります。

資格まで取るのは、本気でなくてもできますが、ビジネスにするなら、本気でなければできないのです。ここが大きな違いです。

この違いを理解できたら、稼ぐことができます。

稼げるコーチに飛躍する

コーチングビジネスを、本気でする、ということは、自分が評価される側になるということです。というのは、世の中に知ってもらって、クライアントからは対価をもらうからです。

勉強をしている段階では、評価されることはありません。アウトプットを出すわけでもないし、お金をもらうこともないからです。

だから、積み上がった分は、価値がある、と考えることができます。実際価値のあることなので、ここでやめても何の問題もないわけです。

コーチングのことを知って、自分の人生が良くなればいいですから。

しかし、市場に出してしまえば、自分がいくら価値があると考えていても、他人から欲しいと思われない限り、買われることはありません。

マルクスは、「命がけの飛躍」と言いましたが、自分が感じる価値と、人が感じる価値が違うので、売れる商品になるには、大きなギャップが存在します。

これが、コーチングの学びと、コーチングビジネスの違いです。

この飛躍ができないから、稼げないコーチが多いということです。ここからは、真剣勝負になるので、本気の人しかできません。

商品を買ってもらえたとしたら、そこから、コーチングが始まります。これも対価を渡すことになるので、真剣にやらなければできません。

それを、コンスタントに、ずっと続ける、ということです。

コーチングを学ぶとか、資格を取る、ボランティアでやる、ということとは、大きなギャップがあることが、理解できると思います。

では、そのギャップを埋めるには、どうしたらいいか、というと、ビジネスの仕組みを作る必要があります。

マインドセット
ポジショニング
ビジネスプラン
マーケティング
セールス

という、ビジネスのパーツをすべて揃えることで、稼げるコーチになることができるのです。

稼げないコーチは、このギャップに気づいていません。

2本のレールが、平行して走っている、と考えてください。一つは、稼げるレールで、もう一つは、稼げないレールです。

稼げないレールの人は、自分が稼げるレールだと思い込んでいるのですが、お客さんも来ないし、お金がかかるばかりです。

乗り換えをしないと、稼げるレールには行けません。稼げるレールでは、お客さんが来て、お金が入り続けます。

しかし、稼げないレールの人は、「乗り換えなくても、このままいけばなんとかなる」と思っています。「稼げるレールの人と、同じようなことをしている」と勘違いしているのです。

これが、ギャップに気づかない、ということです。

ギャップに気づいた人は、どこかの時点で、乗り換える必要があることがわかります。実はつながっていないことに気づき、「飛躍」しないといけないと理解するのです。

・ビジネスを真剣にやる
・リスクを負う
・仕組みを作る

こうした思考の変化をすることで、稼げるレールに乗ることができます。

コンフォートゾーンの外に踏み出す

あなたは、コーチングビジネスをしたいでしょうか?本気で豊かなプロコーチになりたいなら、コンフォートゾーンの外に踏み出してください。

そのためには、学びにお金を使うことをやめて、ビジネスにお金を使うようにしましょう。そして、単価も、しっかり稼げる額にしてください。

そうした真剣なコーチングをしない限り、コーチングもどきになるだけです。

どこかの時点で、あなたは飛躍する必要があります。リスクを負ってビジネスに真剣になれば、あなたもプロのコーチとして活躍することができます。




売れる市場で売る前のページ

価格は複数ある次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    資格を取ったのに稼げないコーチの方へ

    資格を取ったのに稼げないコーチの方へコーチングスクールを出て資…

  2. ビジネスマインド

    稼げない思考で考えない

    稼げない思考で考えない今回は、稼げない思考で考えない、というお…

  3. ビジネスマインド

    稼げる未来をもっと確信する

    稼げる未来をもっと確信するあなたは稼げる未来に、確信を持ってい…

  4. ビジネスマインド

    何を学ぶかより誰から学ぶか

    何を学ぶかより誰から学ぶかコーチは意識が高い人が多いので、学び…

  5. ビジネスマインド

    ノウハウを学んでも成功しない理由

    今回はノウハウを学んでも成功しない理由という話をします。コーチ…

  6. ビジネスマインド

    頑張るほど稼げなくなる

    頑張るほど稼げなくなる頑張らなくても、稼ぐことができます。…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    成功するにはエフィカシーを上げる
  2. ビジネスマインド

    勉強熱心なコーチが成功しない理由
  3. ビジネスマインド

    決断できない人が言うこと
  4. お金

    労働者の価値観では稼げない
  5. 目標設定

    ゴール設定で間違いやすい「5つのチェックポイント」
PAGE TOP