ビジネスマインド

スキルがなくても稼げる



スキルがなくても稼げる

稼ぐのに必要な要素は、お客さんが欲しいものを提供できるかどうかです。そのため、すごい能力とか、知識がなくても稼ぐことができます。

提供する、と言っても、何かすごい商品を作って、それを買ってもらう、という意識ではありません。この点は、勘違いしている人が多いと思います。

勘違いして、めちゃくちゃすごいことができないといけない、と思っているのです。そのため、能力を上げたりとか、スキルを上げることが、注目されがちです。

その結果、スキル難民や、ノウハウコレクターになって、稼げない人がほとんど、という結果になってしまいます。

稼ぐという目的のために、そうした勉強をしないといけない、というのは、かなり的外れなのです。その思考だと、1000万円以上使っても、稼げないままですよ。

私は、コーチング業界で、いろんな方を見ましたが、何百万、1000万円以上かけても、稼げてない人は実際にたくさんいるのです。

一方で、資格を持ってないとか、1つ学んだらさっさと本業にしてしまう人もいます。

なぜこの違いが出るか、というと、視点が違うからです。

稼げる人と稼げない人の視点の違い

稼げる人は、どうやったら稼げるのか、というのを、ストレートに考えられます。

お客さんが来る、ということは、お客さんが欲しいものを提供できればいいのです。なので、売れるものを見つけて、売るから稼げます。

稼げない人は、「稼げない」という前提から入って、稼げない理由に注目しています。自分はまだまだ稼げないと考え、稼げない理由を潰そうとするのです。

そうすると、技術がないとか、集客術がわかっていない、という欠点が見えてきます。そして、その欠点を埋めるために、スキルアップをする、というパターンになります。

欠点を埋めて、完全な状態になったら売れると思っているということです。

ビジネスは、価値を提供すること、と言われることがあります。しかし、これは、自分が頑張ったとか、勉強したということだけで成り立つわけではありません。

売れるかどうかは、お客さん次第なわけです。お客さんが欲しいと思えば売れるし、欲しくないものは、ゴミ同様です。

価値を提供する、と思っていても、そのために、いろんなスキルを足し算していったら、高い価値になる、というわけではありません。

お金が入るということは、お客さんがお金を払ってくれるということです。ということは、あなたがいくら勉強をしても、お客さんの悩みや希望を解決しなければ、お金は入ってきません。

本当に考えるのは、お客さんの悩みや希望の方なのです。

お客さんの悩みを考えれば、まず、今持っている力を使って、解決できる悩みを扱えば済みます。自分の能力を過小評価している人が多いですが、コーチングをある程度知っていれば、解決できることがあるはずです。

そうしたら、自分の得意なことに絞って、それを求める人を相手にしていればいいのです。別にNLPができなくても、スピリチュアルとか、気功とか、特別な力がなくても、稼げます。

スキルがあることで、逆に失敗する

これらのスキルとかは、あるに越したことはありません。もっとも、それはうまく扱えるという前提で、スキルがあることがマイナスに働くこともあります。

どういうときにマイナスになるか、というと、相手のことが見えなくなるときです。

視点を上げると、個別の技術などは、出さないで済むなら、出さないでいいのです。

例えば、テレビを見るのに、リモコンを使うとします。リモコンは、見たい番組を表示できればそれで済みます。しかし、それ以外のよくわからない機能がたくさん付いていると、見たい番組が見れなくなるかもしれません。

ものごとには、優先順位があります。それは、ゴールや目的から決まります。コーチングの場合なら、クライアントのゴールから決まります。

相手が見えなくなれば、何をしたらいいかの重要度がわからなくなるのです。そうすると、無駄にいろんなことを、しないといけなくなります。

その結果、ゴールは達成しないのに、労力だけが増えていくことになります。スキルは道具なので、結局それでどうなるのか、というのが一番大事です。

例えば、あなたが整体に行ったとします。

その時に、やたらいろんな道具とか機械が出てきて、肩はこれで、首はこの道具で、腰はこの技術で、とやられたら、どうでしょうか。

それよりも、全体を見てもらって、原因の部分を直して欲しいでしょう。

実際に、整体師の世界でも、いろんなスキルを勉強しているけど、稼げなかったり、治療の成果が出ない人がたくさんいるそうです。

この点はコーチングと全く同じですね。もちろん、スキルを販売している人もいるので、どんどん新しいスキルができてます。

それで、何をやってるのかわからなくなって、成功できなくなるのです。

それを修正するには、反対に、情報をどんどん捨てて、ゴール達成だけ考えましょう。そうすれば、頭が整理されて、効率よく、コーチングも、ビジネスもできるようになります。

私は、コーチングでよくある、バランスホイールという概念は、ない方がいいと思っています。というのも、本質をどんどん見えなくさせるからです。

家族、健康、宗教、仕事、社会貢献、友達、趣味、ファイナンス、なんとか、などいろいろありますが、これらが、揃えなければならない対象になってしまい、義務感が生まれます。

これらは、進めていくと、ある種のアメリカの白人中流階級的な暮らしになるわけですが、こうした型にはまる必要はないのです。

話が逸れましたが、自分がやりたいことは何なのか見極めて、ゴールの側から考えられるようになれば、うまくいきはじめます。

稼げる自己投資をして成果を出す

ビジネス面も同じで、稼げないコーチは、優先順位がわかっていないから、稼げていないのです。

稼ぐことの優先順位をつければ、

・自分がやりたいこと
・お客さんがお金を払うこと

が合っていればいいです。そして、

・ブログは1時間好きなことを書く
・問題が出てから考える
・商品が必要な人だけ相手にする

などのように行動していけば、今からでも稼ぐことができます。あとは、これを実現するために、ビジネスの仕組みを作ればいいのです。

そうすると、必要な行動は、かなり少なくなります。具体的に言えば、仕組みを作ったらあとは基本的には、修正をするだけになります。

また、ブログを1時間書いたら、マーケティング活動は終わりで、あとはセッションをすればいいのです。

セッションの中で、解決できない問題が出てきたら、誰かに聞いたり、調べたりすれば済みます。

また、コーチは、すべての問題を解決してあげなくてもいいので、できる人のところに行ってもらえばいいのです。

マーケティングがどこかで行き詰まって、自分で解決できないなら、メンターなどに聞いて、修正してもらいます。だから、聞ける人を持っておけば、何も心配いりません。

聞ける人、というのは、コーチングができて、やり方も知っている人です。このどちらかしか教えないコーチも多いですが、両方必要です。

コーチングスクールに行っても、起業スクールに行っても、ほとんどの人が稼げません。コーチングとコンサルティングのどちらかだけでは、正直成果が出ないです。

そうした人を、コーチや、メンターにつけることが、稼ぐための投資になります。この投資をできる人が稼げるようになります。

コーチングで稼ぐ、というのは、これだけシンプルなことなのです。

本当の稼ぐための自己投資をしないで、スキルに投資をしても、お金が出て行くだけで、貧乏コーチになります。

あなたがやることは、ゴールの世界につながり、そこから必要なことするだけです。コンフォートゾーンから考えずに、コンフォートゾーンの外に出てくださいね。




あなたの収入が増えない原因前のページ

自分の可能性を信じる次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    行動しても成功しない人

    行動しても成功しない人ビジネスで成功したり、夢を叶えたりするの…

  2. ビジネスマインド

    今のあなたで稼いでいい

    今のあなたで稼いでいいあなたは、自分は稼げない、と思っていませ…

  3. ビジネスマインド

    できる人とできない人の違い

    できる人とできない人の違い私は、中学高校と、野球をやっていたの…

  4. ビジネスマインド

    言い訳を考えても儲からない

    今回は、言い訳を考えても、全然儲かりませんよ、という話をします。ビジネ…

  5. ビジネスマインド

    行動しても稼げない理由

    行動しても稼げない理由今回は、行動しても稼げない理由についてお…

  6. ビジネスマインド

    スキルを上げても稼げない

    スキルを上げても稼げない今回は、スキルを上げても稼げないという…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    「セルフトークを改善」する一言とは?
  2. ビジネスマインド

    本音のゴールを設定しましょう
  3. ビジネスマインド

    稼げない人ほど人を頼れない
  4. ビジネスマインド

    成功者の真似をしても稼げない理由
  5. コーチング

    「努力なし」で夢が叶う!「コンフォートゾーン」の恐るべき力
PAGE TOP