ビジネスマインド

スキルを上げても稼げない



スキルを上げても稼げない

今回は、スキルを上げても稼げないというお話をします。

稼げないコーチの方の多くは、スキルがないから稼げない、と思っています。ビジネススキルや、コーチングスキルがないため、お金が入ってこないということです。

しかしそれは単なる言い訳です。

本当にスキルが必要だと思っているわけではありません。稼げない原因をスキルに求めるのは楽だからです。

そうすれば、勉強を続けて、その時間をビジネスに使わなくてもよくなります。つまりやってるつもりになるために、スキルのせいにしているわけです。

稼ぎたくない人はいいですが、稼ぎたいならしっかりビジネスに向き合うことが大切です。それができなければ、いくら知識やスキルが増えていっても、成功はしません。

スキルが問題ではない

スキルを上げても稼げないのは、お金を受け取ることができないからです。

ビジネスは、お客様が欲しいものを提供して、それに対してお金をいただくことです。つまり、この2つのことが本質です。

それができないから稼げないコーチはお金が入ってこないということです。

まずお客様が欲しいものを提供するために、お客様が何を必要としているのかを知らなければいけません。それは実際に体験セッションなどをしてみればわかります。

悩みは何か
何をやりたいか
できない理由は何か
何をして欲しいのか

といったことを聞いていけば、お客様の欲しいものがわかります。

現状とゴールのギャップがあって、それを埋められないから何か助けになるものを探しているわけです。コーチが、そのギャップを埋められれば、ニーズに応えることができます。

なので体験セッションでやることは、お客様の話を聞いて、それに対して欲しいものを提案することです。

そしてお客様がコーチングを受けたいと思ってくれたら、あとはお金をいたただけば売上になります。それをコンスタントに続けていけば、コーチングビジネスは成功するわけです。

これがビジネスで大事なことなので、これをしないことにはビジネスにはなりません。

しかし、スキルを上げるとか勉強する、と言い訳して、ビジネスをしない人が多いわけです。それで「稼ぎたい」と言っても、「宝くじを当てたい」と言っているのと変わりません。

誰でも何となくお金が入ってきたらいいとか、お金があったらこんなことをしたいな、というのはあるでしょう。

だから、月100万円稼ぎたいとか、300万円稼ぎたいとか言う人が多いです。しかし、本気で稼ぐ気があるかというと、わざわざビジネスをしてまで稼ぎたくないのです。

そのため、ビジネスをしているふりをしてごまかしているということです。

稼げるようになりたいなら、絶対に稼ぐと決めることです。そして、どうしても稼がないと困るというくらいのものが必要です。

あなたも、どうしても欲しいとか、どうしてもないと困る、というものがありますよね。

会社員なら、会社の給料がなくなったらすごく困ると想います。ビジネスでも稼げなかったら困ると同じように思わなければ成功はしません。

給料が入ってくるから、稼げても稼げなくていいや、という気持ちだから、コンフォートゾーンが変わらないのです。

プロ意識を持ちなさい




ページ:

1

2

関連記事

  1. ビジネスマインド

    自分が豊かじゃないと人は助けられない

    自分が豊かじゃないと人は助けられない補正予算が可決されて、給付…

  2. ビジネスマインド

    劣等感を克服して儲けるには

    劣等感を克服して儲けるには コーチングビジネスをやっていて…

  3. ビジネスマインド

    良い情報を聞いても稼げない人

    良い情報を聞いても稼げない人良い情報を得ても変われる人と変われ…

  4. ビジネスマインド

    苫米地式コーチで稼げない人の特徴

    苫米地式コーチで稼げない人の特徴今回は、苫米地式コーチで稼げな…

  5. ビジネスマインド

    悩む前にやってから考える

    悩む前にやってから考える今日は悩む前にやってから考える、という…

  6. ビジネスマインド

    成功しないのはなぜか

    成功しないのはなぜかゴールを持っていていも、成功する人と、しな…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    稼ぎたいなら今の自分を認める
  2. 脳科学

    「情報空間のリアリティ」を高めて、夢を現実にしよう
  3. コラム

    サラリーマンを辞めても会社に迷惑はかからない
  4. 目標設定

    やりたいことがない人が夢や目標を見つける方法
  5. コーチング

    「ベッドで寝転がりながら」急速にゴールに近づく朝の習慣
PAGE TOP