ビジネスマインド

労働者がなぜ成功しないのか



今回は、労働者がなぜ成功しないのかというお話をします。

労働者が成功できないのは、労働者の考えで決めてしまうからです。
例えば、セッション料金を決めるときも、「周りの人が5千円だから」「お金をもらわないのが社会貢献」と考えて、1万円とか5千円に設定してしまいます。

しかし、5千円とか1万円では、ビジネスになりません。正直私でも、ビジネスにするのは難しいと思います。

目先でいくらか売れたら良いのなら、1万円とか5千円のほうが売りやすいです。
しかし、ビジネスは十分な利益を出さなければ続けていくことはできません。

生活費が30万円かかるとしても、30万円は最低限で、それ以上は稼げないと、とてもビジネスにはならないわけです。

ここで、労働者は周りの稼げていないコーチがそうしているか、とか、先生のセッションが安いから、と言う理由で価格をせってしてしまうから成功しません。

セッション単価5万円以上で売るのと、5千円で売るので、どちらが成功するかといえば、稼げている人は5万円以上だと考えます。

この時に成功するほうの選択ができないのが労働者です。

コーチングビジネスをしたい人でも、労働者がほとんどなので、1万円以下のセッションフィーの人ばかりです。それではとても稼げないので、コーチングの資格を出している団体しか儲かりません。

団体で教えている講師も、1万円以下のセッションフィーの人が多いので、自分では稼げていません。その講師よりも安い値段じゃないと売ってはいけない、と労働者は考えるので、それで成功するわけがありません。

だから、コーチングの世界は、コーチング団体だけが儲かって、コーチはほぼ稼げないとなっています。

このように、労働者が自分の考えで決めていても、成功しません。

稼げないコーチは、周りがそうだから、といって同じようなことをしたがります。しかし周りの人は稼げているでしょうか?稼げていない人同士で真似しても、もっと稼げなくなるだけです。

成功するには、成功者思考で決めないといけません。これは当たり前のことですよね。

誰が考えても労働者思考で成功することはできないわけです。

会社の同僚に、起業して稼ぐ方法を聞いたところで、「そんなのやめとけよ」と言われるか、間違った方法を教えられるだけですよね。なぜなら、会社の同僚は起業して成功していないからです。

なので、起業して成功している人に教えてもらって、その通りにするしかありません。

ところが、労働者は、会社の同僚に聞いてみたり、「家族がやめとけと言っているので」と言うふうに、労働者思考で考えてしまいます。客観的に見ればおかしなことをしているわけです。

このように当たり前のことを聞いても、たぶんほとんどの人は、

「成功する方法はわかりましたが、自分で考えてみます」
「自己投資の大切さはわかりましたが、まずは無料でやります」
「お金を受け取らないで成功する方法を考えます」

こんなふうに自分で決めてしまいます。

成功しない99%の人は、このようにしてお金と時間を失うのです。

成功する人は一握りで、大多数の人とは違う思考をしています。
だから、労働者がいいと思っていることや、周りと同じだから安心、と思っていることの真逆をやらなければ成功はできません。

労働者から見たら、怒りがこみ上げてきたり、罪悪感でいっぱいになったり、アホらしく見えたり、怖くて震えるようなこと、一生かかっても気づかないことが、成功する思考や行動です。

それらをコンフォートゾーンにしない限りは成功できません。

例えば、コーチングフィーは100万円です、と当たり前に請求できれば良いですが、これを聞くだけでも労働者は「高すぎる」「ありえない」「ぼったくり」と思うでしょう。

しかし正直ビジネスをしていて、100万円くらい用意できないと言っていたら、相手にしてもらえません。
なぜなら、ビジネスの投資としては少ないからです。

「お金がない」と言っていたら、成功者には「本気じゃないんだね」と思われるだけです。

無料ですぐ成功できる、と思っているのは情弱の労働者だけなので、相手にするだけ時間の無駄と思われてしまいます。稼げてないコーチの周りには、成功者はいませんが、それはお互いに遠ざけるからです。

真逆の考えや価値観を持った成功者の言う通りにできなければ、成功はしません。

私がなぜコーチングで稼げているか、と言うと、稼げいている人の考えの方に合わせるからです。成功者に合わせれば、成功するのが普通なので、単純なことです。

このようにただ成功する方法や思考をすれば良いだけなので簡単なことですが、労働者はわざわざ難しくしてしまいます。

なぜ難しくなるか、と言うと、そのままやらないからです。

自分で勝手に解釈したり、これは稼げそうとか、あれは稼げなそうとか、それはどうかと思うとか、自分で考えて判断しようとしてしまっています。

労働者の間では盛り上がるかもしれませんが、どんどん成功からは遠ざかると言うことです。

例えば、私が価格を上げたほうがいい、と言った時に、素直に上げて決して下げなければいいのですが、いろんな理由をつけてそれをしない分、成功からは遠ざかります。

このことに気づかなければ、いつまでたっても成功はしません。

自分の頭で決めるのをやめて、正しい思考や方法をそのままやってくださいね。

今回は、労働者ななぜ成功しないのか、についてお話しました。

労働者が成功しないのは、自分で決めるからです。

しかし成功するためには、労働者が考えそうなことの真逆のことをしなければいけません。
だから労働者のコンフォートゾーンであれこれ考えても無理なのです。

稼げるようになるには、自分で決めるのをやめて、成功者に合わせてくださいね。
そうすれば、あなたも稼げるようになりますよ。




本当の夢の叶い方前のページ

自分がやりたいことをしなければ成功はしない次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    明日から稼いでもいい

    明日から稼いでもいい今回は、明日から稼いでもいい、というお話し…

  2. ビジネスマインド

    言い訳を考えても儲からない

    今回は、言い訳を考えても、全然儲かりませんよ、という話をします。ビジネ…

  3. ビジネスマインド

    できる理由に注目する

    できる理由に注目する今日はできる理由に注目するというお話しをし…

  4. ビジネスマインド

    自己流で失敗する理由

    自己流で失敗する理由あなたは自分なりのやり方でビジネスをやって…

  5. ビジネスマインド

    ビジネスはスポーツと同じ感覚で捉えましょう

    今回は、ビジネスはスポーツと同じ感覚で捉えましょうと言…

  6. ビジネスマインド

    ビジネスへの罪悪感をなくす

    ビジネスへの罪悪感をなくすお金をもらうのは悪いこととか、ビジネ…

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    価格を上げられないマインド
  2. ビジネスプラン

    稼げないコーチを卒業できない人の特徴
  3. ビジネスマインド

    先に投資する人だけが稼げる
  4. ビジネスマインド

    稼げない人ほど人を頼れない
  5. 目標設定

    「ゴールが続かない人」へのアドバイス
PAGE TOP