ビジネスマインド

嫌なことも受け入れないと成功できない



9月1日からコーチングメニューの
価格改定をします。

現在の価格で受けられるのは
8月の体験セッション申し込みまでなので、
現在の価格で受けたい方は、
今のうちに申し込んでおいてください。

新しい価格は、

対面8ヶ月 132万円→165万円(税込)
zoom8ヶ月 110万円→132万円(税込)

となります。

こちらから体験セッションのお申し込みができます。

コーチングメニュー

今日は
嫌なことも受け入れないと成功できない、
というお話をします。

成功するためには
ポジティブでないといけない、
と言われることがあります。

しかし、成功できない人は
ポジティブの意味を間違えているので
稼げるようになりません。

稼げないコーチは、
ポジティブと言っても、
居心地が良いとか、都合が良い、
という意味でしか
理解していないのです。

聞いた話ですが、
前にあるコーチング団体の
話し合いがあった時に、
間違いを指摘された人が、
間違いを指摘した人に対して

「エフィカシー(自信)が下がった」

というふうに文句を言ったそうです。

同じように、ドリームキラーとか、
ネガティブなことは関係ない、
と言って、ネガティブなことを否定し
都合のいいことだけを
取り入れようとする人がよくいます。

しかし、これらは
本当のポジティブ思考ではありません。

こうした考え方を持っているから
稼げないのです。

─────────────────────

本当のポジティブ思考とは

─────────────────────

稼げないコーチの多くが、
自分に都合が良い情報しか見ないで、
都合の悪いことは否定しようとします。

例えば、稼げないコーチの仲間内で
ビジネスの相談をしている人が多いです。

でも稼げない人が集まったところで、
稼げる情報は出てきません。

お互い慰め合うことはできても、
成功はしないわけです。

そうした場で出てくるのは、
稼げないコーチにとって居心地がいい
都合が良い情報ばかりです。

コーチング練習会に言っても、

「いいセッションでした」
「やる気になりました」

とお互いに褒め合うだけで、
本当に稼げるセッションの仕方は
わかりません。

そこに私が行ったら、
なぜ稼げないか、
セッションのどこがよくないか、
一瞬でわかるので
次々指摘していくでしょう。

この時、
自分が間違っていることに気づければ
直すことができます。

しかし稼げないコーチは、
間違いを直すのではなく、
間違いがあることを
見ないふりをするわけです。

そうすると、
間違いを直すことが
ずっとできなくなります。

そして、
やりたいことをやれば成功するとか、
want-toだけやればいいよ、
というのを都合よく解釈して、
自分のコンフォートゾーンを
変えないのです。

むしろ、
間違いを直してくれる成功者を
排除してしまいます。

自分のコンフォートゾーンの中で
成功できるならそのままで良いですが、
それができないから稼げていないのです。

ということは、
自分が都合が良いとか、
居心地が良いと思うものの中には
答えがないということです。

むしろ、嫌なことや
自分が選ばないことの中に
答えがあります。

つまり、成功するためには、
良いことも嫌なことも
受け入れなければならないわけです。

ビジネスをしていたら、
良いことも悪いこともあるわけなので
嫌なことを否定していると
次のステージに行くことができません。

労働者は、嫌なことがあった時に、
それを避けたり、
学びに逃げたりしてしまうので、
いつまでも同じステージから
抜け出せません。

─────────────────────

どうしたら成功するか

─────────────────────

ではどう考えれば成功するでしょうか?

まずは、
成功するためには
良いことも悪いことも起こる、
ということを
受け入れなければいけません。

ビジネスをしていたら、
断られることもあれば、
集客ができない、
セッションがうまくいかない、などいろんなことが起こります。

あるいは、経済危機、天災、
家庭問題などといったことも
起こるわけです。

労働者は、
嫌なことがあった時にやめてしまいます。

嫌なことはいくつも起こるので、
どんどん脱落していってしまうのです。

コンフォートゾーンの外に出れば、
今まで考えもしなかったような
出来事が起こります。

それがいつも気分がいいとか、
自分に都合が良いものではありません。

なのでこのことをまず
受け入れることが大切です。

次に嫌なことが起きた時に
どう考えるかです。

良いことが起きた時は、
たいていは受け入れられるでしょう。

例えばセッションがうまく行ったとか
契約が取れたという場合です。

これらは楽しいとか、
嬉しいと思うことが多いので、
それを否定しようとは
思わないでしょう。

大事なのは、
悪いことが起きた時に、それが

「成功のヒント」

だと思うことです。

成功しない人は、
悪いことが起きると自分を責めたり
他人を責めたりします。

自分を責める場合は、
自信をなくしてビジネスが
できなくなっていきます。

また他人を責めていても
何も進歩することができません。

なので、自分を責めることも
他人を責めることもしないことです。

そして、

「これがゴール達成にとって
どんな意味があるのか?」

と考えましょう。

ゴールを設定すると、
そのために必要なものが
次々と現実に現れてきます。

なので、
目の前に現れることは全て
成功するために必要なことなのです。

ということは、
良いことも悪いこともどちらも
成功への道だということです。

なので、悪いことがあってもそれは

「クリアできる課題」

です。

多くの人が、
悪いことや難しいことが
目の前に来た時に

「クリアできない」

と考えます。
だから諦める人が多いのです。

しかし、目の前に来たということは、
自分にそれだけの力が
あるということなのです。

あなたのところには、
柔道日本代表になって
金メダルをとってください、
という課題はやってこないですよね。

なぜなら、
そんなことはできないからです。

最初からできないことは、
認識すらしません。

もちろん、
日本代表のところには
そういう課題が来るでしょう。

コーチングビジネスで
成功するというのは、
別にオリンピックで優勝しなさい
というわけではありません。

なので
無理難題が来るわけではないのです。

自分がゴール設定して、
自分が引き寄せている問題なので、
必ず解決することができます。

このように考えて、
課題をクリアすることで、
次のステージに進
むことができるのです。

今回は、
嫌なことも受け入れないと成功しない
というお話をしました。

コーチの方でもポジティブ思考を
勘違いしている人がよくいます。

稼げないコーチは、
嫌なことや都合が悪いことが
あった時にそれを否定したり、
見なかったことにするのです。

そして居心地がいいことや
都合がいいことだけを見ることを
ポジティブだと思っています。

しかし本当のポジティブ思考は、
いいことも嫌なこともどちらも
受け入れて進むことです。

コンフォートゾーンの外の成功には、
良いことも嫌なことも
どちらもついてきます。

特に嫌なことが起きた時に
成功のヒントと思うことが大切です。

全ては自分が引き寄せたことなので、
目の前に現れた問題は、
自分に解決する力があります。

その課題をクリアしたら
次のステージが待っているのです。

そのことを理解して、
本当のポジティブ思考を
身につけてくださいね。




成功する情報収集の仕方前のページ

正しいことの反対のことをする次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    なぜモチベーションを上げても稼げるようにならないか

    今回は、なぜモチベーションを上げても稼げるようにならないか…

  2. ビジネスマインド

    ノウハウを学んでも成功しない理由

    今回はノウハウを学んでも成功しない理由についてお話しします。今…

  3. ビジネスマインド

    成功するには真逆の発想をする

    今回は、成功するには真逆の発想をする、と言うお話しをします。コ…

  4. ビジネスマインド

    インプットをしても成功しない理由

    今回は、インプットをしても成功しない理由についてお話します。…

  5. ビジネスマインド

    嫌なことをしてでも稼ぎたいか

    嫌なことをしてでも稼ぎたいか今回は、嫌なことをしてでも稼ぎたい…

  6. ビジネスマインド

    努力すれば稼げると勘違いしているコーチの方へ

    今回は、努力すれば稼げると勘違いしているコーチの方へ、とい…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    豊かになるための正しい勉強の考え方
  2. 脳科学

    「広告洗脳」から脱出し、真のゴールを見つける「広告瞑想法」
  3. 脳科学

    「スコトーマ」をなくす「苦手克服法」
  4. ビジネスマインド

    自分の都合を押し付ける人は成功できない
  5. マーケティング

    集中するものと捨てるものを選ぶ
PAGE TOP