ビジネスマインド

慣れ親しんだパターンを変える



今回は、慣れ親しんだパターンを変えると言うお話をします。

私たちはことあるごとに、過去に経験したことや、過去に得た知識で思考したり、判断、行動しようとします。

ビジネスで稼げるようになりたい、と思ったとしても、過去のパターンを当てはめて解決しようとしてしまうのです。それが稼げない原因になっています。

ほとんどの人が目標やゴールを設定しはしますが、そのゴールを目指す方法は過去から探そうとするのです。今まで稼げたことがないコーチでも、過去に自分が身につけた正しいと思われるパターンを続けてしまいます。

例えば、「本を読んだほうがいい」という知識がある人がいます。

その人は、本を読むことが正しいと思っているので、何かあると本を読んで勉強しようとか、知識を得ようと考えるわけです。

もちろん本を読むことは役に立たないわけではありません。また本を読むと成功するとか、成功している人は本を読んでいる、とよく言われています。

なので、本を読んだほうがいい、と思っている人は、「何かあるとまず本を読む」というパターンを非常に強く維持し続けてしまうのです。

成功するには、集客法を学んだり、オンライン自動化をするのが正しい、と言う知識を持っている人は、稼ぎたい、と思ったら、まず新しい集客法は何かとか、どんなセミナーにいけばいいのか、と考えるでしょう。

「人の役に立つ人が成功する」と考えているコーチなら、人の役にたつことをすればいい、GIVEの精神が大事だ、と考えて、「ブログを書いて社会貢献」「役に立つ情報発信をしよう」「SNSでいいね!周りをして貢献する」こんなふうに考えると思います。

私はそれらが、完全に間違っていると言いたいわけではありません。

結局成功すればいいので、そのプロセスはいろいろあっていいわけです。

しかし稼げていないとしたら、それらのパターンは「成功しないパターン」だと言うことに気づかなければいけません。実際に今あげたようなやり方をしているから99%のコーチは成功できません。

成功しないパターンをいつまでも正しいと思って続けているから、いっこうに収入が上がらないわけです。

せっかくコンフォートゾーンの外のゴールを持ったとしても、「それではまずはいつもどおり〇〇からやろう」とか「ネットの情報収集から始めよう」

こんなふうに、いつも過去のパターンに戻っていたらコンフォートゾーンから出られることはありません。

特に真面目に勉強したり、頑張って努力していることは、人から否定される機会はあまりありません。それは頑張っていることは正しい、努力している人を批判するな、ということを多くの人が「正しい」と思っているからです。

そのため、直される機会がないまま、過去の成功しないパターンを維持し続ける人が多いのです。

コーチングでも、よく「クライアントの価値観を変えてはいけない」というのが正しいと思われているので、ますますコーチの稼げない価値観が強化されてしまいます。

成功したいなら、そうした過去のパターンをすベてリセットすることです。

今までに知っていること
今まで正しいと思ってきたこと
今までやってきたこと

こうしたことをやめなければ、いつまでたっても成功できません。それがいかに正しいと思っても、結果を見れば明らかなわけです。

しかし、ほとんどの人が正しさに固執します。

自分はこうやるのがいいと思うから
〇〇さんが言っていたので
科学的に立証されています

こんなふうに考えるわけです。

ところが、正しさを持ち出せば持ち出すほど、自分の価値観を変えられなくなります。

人生の価値観は人それぞれでいいでしょう。しかし、稼げるコーチになるには、稼げる価値観を持っていなければいけません。

ほとんどのコーチが、お金の罪悪感を持っています。なので、お金を受け取らないで成功したい、オンラインで自動化で稼ぎたい、と考えるわけです。

だからスキルやテクニックを勉強する人がとても多いのです。

自分の正しさの中で、何かテクニックを使って成功したい、とほとんどの人が思っています。なのでそうした人たちのニーズに応えて、スキルを売ることで成功者は稼ぐわけです。

労働者が考えそうなことをそのまま商品にすれば、多くの人が買うでしょう。

スキルを売る側は、「ニーズに答えてお金をもらう」と考えますが、買う方は「これが正しいので成功する」と勘違いします。

楽して今すぐ無料で自動で稼ぎたい、というのが労働者のニーズなので、成功者は「そうしたいならどうぞ」と商品を提供します。その中でも一番大きなビジネスが宝くじになります。

また、努力して勉強してスキルアップをすると成功すると労働者は考えるので、成功者は、勉強する、努力する、スキルアップをする商品を提供するのです。

それらが「すべて無駄」「何の役にも立たない」と言われれば、否定したくなったり、不安になったりするでしょう。

しかし慣れ親しんだ、居心地の良い過去のパターンをやめない限り、本当の意味で成長することはありません。

私自身も、これまで過去の正しいと思っていたパターンを幾度となく捨ててきました。

もともと会社員だったので、お金は労働で稼ぐ、という考えが強くありました。しかし、「たとえお金がなくなっても労働はしない」と言う考えに変えたのです。それによって、いろいろな方法でお金を得られるようになりました。

副業でコーチをしていたり、コーチングで稼げてない人は、会社員をやめられなかったり、お金に困るとバイトをしたりすると思います。それが「お金は労働で稼ぐ」と言うパターンです。

しかしこのような思考・行動パターンをしている限り、お金の流れをつかんで、労働以外からお金を引き寄せることはできません。

私も以前は、本を読むと知識が増えて成功する、と考えていました。なので、本のための部屋があったくらいです。しかし今本はほとんど読みませんが、今のほうが稼げています。

コーチング団体にも関わっていましたが、そこからも離れました。

過去のパターンを変える時は、不安になるのはわかります。今まで当たり前だった、反射的に使えるくらい脳に強固に作られた高速神経回路を使わない、ということだからです。

そこを使っていれば、省エネで安心なので、コンフォートゾーンを変えたくないと思うでしょう。

だから正当な理由を考えて、自分のコンフォートゾーンを肯定して欲しい、と多くの人がのぞむのです。

しかし、あなたが本当に成功したいなら、過去のパターンを捨てるしかありません。過去の知識で判断している限り、過去と同じような結果が待っています。

稼げてないコーチなら、同じことをしていても、3年も5年もたっても稼げないのです。

そうではなくて、自分のパターンを捨てて、新しい価値観を受け入れてくださいね。

私は成功する価値観で話をしているので、私が言うことを受け入れられない人も多いでしょう。

私のことを批判したり否定するのは自由ですが、あなたが成功するのかどうかの方が大事な問題です。成功していないなら、今のパターンを変えて、成功するパターンに入れ替えるしかありません。

そうやって成功する価値観に変わることができれば、あなたも稼げるようになりますよ。




自分がやりたいことをしなければ成功はしない前のページ

自分の価値を自分で認める次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    ブレーキを踏んだままでは稼げない

    ブレーキを踏んだままでは稼げない今回はブレーキを踏んだままでは…

  2. ビジネスマインド

    なぜ自信がつかないのか

    なぜ自信がつかないのか起業や、ビジネスを成功させるのに、自信が…

  3. ビジネスマインド

    言い訳を考えても儲からない

    今回は、言い訳を考えても、全然儲かりませんよ、という話をします。ビジネ…

  4. ビジネスマインド

    稼げない思考で考えない

    稼げない思考で考えない今回は、稼げない思考で考えない、というお…

  5. ビジネスマインド

    すでにあるものに注目する

    すでにあるものに注目する今回は、すでにあるものに注目する、とい…

  6. ビジネスマインド

    稼げるようになるにはインプットをやめよう

    今回は、稼げるようになるにはインプットをやめようと言う…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    コーチングビジネスは儲からない?
  2. ビジネスプラン

    継続してクライアントが取れない理由
  3. マーケティング

    宣伝することへの罪悪感を無くそう
  4. 脳科学

    イヤな気分をたった5分で無くす方法
  5. 脳科学

    前頭葉をレベルアップする脳科学
PAGE TOP