ビジネスマインド

目標が現実化しないのはなぜか



目標が現実化しないのはなぜか

今回は、目標が現実化しない理由についてお話しします。

コーチングでは、目標設定やゴール設定が大事だと言われています。しかし目標やゴールを設定したのに現実が変わらないという人も多いです。

目標を設定したら稼げると思っても、稼げるようになる人も少数です。

しかし、目標が達成されない、というのは間違いです。というのも、無意識は目標が達成されるようにちゃんと働いているからです。

なので目標はいつも達成しているものだ、ということを受け入れてください。

いい意味でも悪い意味でも、目の前の現実は自分が作っていることです。今日はこのあたりの話を詳しく解説します。

無意識の目標はどこにあるか

目標を設定したのに現実が変わらないのは、1つは無意識は目標設定をしているからです。

コーチングで独立したい、という目標を考えたとしても、無意識は「会社員のままがいい」と思っていたら、独立することはできません。

その場合、会社員でい続けるために、ちゃんと無意識は働いています。ビジネスをするのが不安になったり、コーチングをする自信がないからスキルを学ぶ、などの行動をさせるのです。

結果、収入が上がらず、やっぱりビジネスはできない、目標設定しても意味がない、という現実を実現します。

ブログを書いても、稼げる感じがしないので1か月でやめたり、セールスで断られたらそれで諦めたりするわけです。

このように無意識はちゃんと設定された目標に向かって動きます。

スマホのマップアプリで、目的地を設定すると、ちゃんとナビをしてくれますよね。大阪から東京に行こうと思ったら、「次はここに行きましょう」「新幹線に乗りましょう」と教えてくれます。

しかし目的地の設定が自宅のままだったらどうでしょうか。

新幹線に乗ろうとしても、「乗ってはいけません」「目的地からはずれています」と言われてしまうでしょう。そしてちゃんと自宅に戻るように、誘導してくれるわけです。

稼げないコーチの行動もこれと同じで、稼げないコンフォートゾーンの中に目的地が設定されています。

そのため、稼ごうと思っても無意識が、「ブログは書かないでください」「メルマガは難しいですよ」「早く労働者ルートに戻りましょう」と、恐怖や不安を使って誘導してくれます。

ナビが、「目的地です。お疲れ様でした」と言ってくれるように、コンフォートゾーンの中を移動している分には何も言われません。

なので、現実が変わらない、と考えるのではなくて、どこに向かっているのか知りましょう。

目標はちゃんと設定されています。稼げないコンフォートゾーンに設定されているから、稼げない現実が目の前にあるということです。

まずはそれを認識しましょう。つまり自分自身が現実を作っているということです。

全ては目標につながっている

もう一つは、目標設定がされていても、うまく使えていないこともあります。

ほとんどの人は、「目標設定をすると全てがうまくいく」と思っています。なのでいいことがあったら目標設定がうまくいったと思ったり、悪いことがあるとダメだと思ったりします。

しかし全てうまくいくわけではありません。

失敗することもあれば、大変なこともあるわけです。

商品を売っても断られたり、集客がうまくいかなかったり、今のようにウィルスや災害があったりするかもしれません。

しかし無意識が目標に設定されているなら、それらは全て目標につながっています。つまり課題がどんどん来ているわけです。

セールスで10回断られたとしたら10回の課題を出されて、これをクリアしましょう、と言われています。直すところを直せば、目標は達成するのです。

11回目から売れるようになれば、それで稼げるようになりますよね。

このように、失敗したり、思うようにいかなくても、課題が来ていることに気づいてください。

ところが、1回断られてもう売れないと諦めてしまえば、目標には届きません。成功するまでできない人が多いので、稼げないコーチが多いということです。

発明家のエジソンも、電球を発明するために1万回失敗したといいます。しかし1万回失敗しても1万1回目で成功すればいいわけです。

エジソンでさえ、「目標を設定したら、いきなり電球ができました!」とはいきませんでした

簡単に達成する目標もあれば、うまくいかないこともあります。うまくいかないということは、それだけクリアするべき課題があるということです。

それが2、3回断られたくらいで諦めていては、成功するはずがありません。

今稼げていないなら、稼げるようになるには、今まで自分が避けてきたことや、難しい課題をクリアしなければならないということです。

好きなようにやっていて成功するなら、成功していないはずがありません。

例えば、お金を受け取ることができなければ、稼げないですよね。しかし、労働者思考では、利益を出してはいけないとか、時給以上のお金は受け取れません。

実はお金を受け取るのは「嫌なこと」「やりたくないこと」なわけです。

なので、マインドを修正して、「お金を受け取るのはいいこと」と思えるようになる必要があります。

自分がお金の間違ったマインドを持っていることは、現実がちゃんと教えてくれます。商品が売れなかったり、価格を上げると悪いことをしているように感じたりするのです。

だからお客様に対しても、断られる方に誘導してしまいます。

ただ、稼げないコーチは、自分のコンフォトゾーンを変えないで成功しようとしてしまいます。だから本当の問題に気づけないのです。

原因がわからないから、直すこともできず、「一からリセットしよう」「勉強をし直そう」と稼げなルートをぐるぐるしてしまいます。

そうならないように、現実で何が起きても、何かを教えてもらっている、ゴールにつながっていると考えましょう。

そうすると、無意識の力を使って成功することができますよ。




苫米地式コーチで稼げない人の特徴前のページ

ターゲットが広いと稼げない次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    決断できない人が言うこと

    決断できない人が言うこと今回は、決断できない人が言うこと、とい…

  2. ビジネスマインド

    稼げないコーチのパターン

    稼げないコーチのパターン今回は、稼げないコーチのパターンについ…

  3. ビジネスマインド

    なぜ稼げない人が多いのか

    なぜ稼げない人が多いのか今回はなぜ稼げない人が多いのか、という…

  4. ビジネスマインド

    成功するエフィカシーの作り方

    成功するエフィカシーの作り方稼げるようになるには、まず自分が稼…

  5. ビジネスマインド

    言い訳する人が成功しない理由

    言い訳する人が成功しない理由今回は、言い訳する人がなぜ成功しな…

  6. ビジネスマインド

    なぜ稼げないコーチが多いのか

    なぜ稼げないコーチが多いのか今回は、なぜ稼げないコーチが多いの…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    コーチのための「文章がうまくなる5つのポイント」
  2. お金

    いつまでに稼ぐか決める
  3. コラム

    独立国家の作り方について
  4. ビジネスマインド

    今年1年で、変われましたか?
  5. 目標設定

    上級編からスタートしよう
PAGE TOP