ビジネスマインド

稼ぎたいなら今の自分を認める



稼ぎたいなら今の自分を認める

あなたは、今の自分を認められているでしょうか。自分の持っているものや、本音を認めて、肯定することで、ビジネスは成功に向かっていきます。

自分の持っているものに気づく

コーチングビジネスで成功するには、まず今自分が持っているものを認めることです。認める、というのは、十分だと気づくということです。

例えば、今自分が持っているスキルがあったとして、それが十分だと認めます。そして、自分は持っている、と認識するのです。

持っていない、と思っていると、

「このスキルでは稼げない」
「勉強しないと稼げない」

と思ってしまいます。

もちろん、何も知らない人は、ある程度勉強した方がいいのですが、コーチングを学んでいるなら、すでに持っているはずです。

良いコンテンツを持っているにも関わらず、持ってない、と思っていたら、ずっと稼ぐことができません。スキルをいくら身につけても、やはり「持っていない」と思うでしょう。

「◯◯先生と比べて劣っている」
「◯◯のスキルができない」

こうしたことは、いくらでも探すことができます。スキルがうまい人とか、知識がある人、というのは、いくらでもいるものです。

先生とか、有名な人は、自分の得意分野でずっとやってきている人です。その人たちと、同じ基準で比べたら、ほぼ確実に負けるでしょう。それは、その人たちが作った基準だからです。

コーチングで稼ぎたい、と思ったら、どこかの時点で、稼ぎ始めないといけません。そうしないと、ずっとお金を払い続けるだけの人になります。

だから、自分が持っているものを、しっかりと認めて、自分に稼いでいいというOKを出すことが大切です。OKを出せない人は、いつまでも自己否定を続けるのです。

コーチングの資格を何個も取ったりしても、稼げるようにはなりません。

基本を学んだなら、あとは自分で実践して応用していくしかないのです。そのためには、お金をもらって、真剣なコーチングをする必要があります。

そして、クライアントを見る中で、自分なりのスキルや知識をつけ、応用方法を見つけていくのです。

認めた上でどうしたいか考える

あなたは自分自身のことを認めているでしょうか。いろんなことを認めてください。そして、その上で、「どうしたいのか」を考えてみましょう。

「足りない足りない」という、欠乏マインドから考えると、

「準備が整ってから」
「スキルが身についてから」
「いいタイミングになったら」

というふうになります。そうすると、不安を埋めるための行動になります。セミナーに行ったり、講座を受けたりして、できた気になるのです。

しかし、本当は、実践しない限りは、できないし、不安は消えません。自信もつかないままです。だから、悪循環になってしまいます。

認めた上でどうしたいかを考えると、プラス思考になります。

・自分にはスキルも知識もあるが、誰を助けたいのか
・生活に十分なお金はあるが、理想はいくら儲けたいか

と、前向きに考えることができるのです。

人間、本当に切羽詰まっている時は、必死でなんとかします。水道の停止通知が来たら、なんとかして払うでしょう。しかし、欠乏マインドでなんとなく不安になっていても、解決のための行動は起こせないのです。

ビジネスでうまくいくのは、切羽詰まって必死にやる人か、情熱を持ってやる人です。

たいていの人は、切羽詰まっていません。なんとなく、割といい生活をしています。

別にビジネスをやらなくても、生きていけるので、モチベーションはそこまでありません。ただ周りの友達とか、有名な人と自分を比べて、劣等感を持って不安になっている、くらいのポジションなのです。

そのため、欠乏マインドから抜け出した上で、「どうしたいか」というゴールを設定する必要があります。

人に見せたり、周りの人に褒められるゴールでなくていいので、ぶっちゃけどうなりたいのか、というところからスタートします。そうしないと、本当のモチベーションにはならないからです。

無理に高くしたり、立派にする必要がありません。

ぶっちゃけ、会社を辞めて、時間が自由になって、年収600万円くらいが理想、と思ったら、まずはそこをゴールにしてください。ここで、本心でもないのに、1億とか、10億とか言っていても、全然効果はありません。

これも、自分を認めるということです。自分がどんなふうに思っていても、それでいいとしてください。欲しいものは欲しい、やりたいことはやりたい、それでいいのです。

自分に優しくする

周りと比較したり、良いとされていることと比べたりして、自分を責めないようにしましょう。自分に対して優しく接するようにするのです。

子供のことを考えてみると、よくわかります。あれはダメ、これはダメ、こうしなさい、君はお父さんみたいな公務員になりたいんだよね?とやっていたら、どんどん萎縮してしまうでしょう。

その上、人格否定までしていたら、何もできなくなってしまいます。

もちろん、大切なことはあります。ビジネスでも、成功するマインドセットはあるので、稼ぎたいならそれらを身につける必要はあります。

しかし、何をやりたいかは、本音じゃないと、どこかでつまづくのです。

プロコーチになりたいけど、コーチングはボランティアじゃないといけないとか、社会貢献じゃないといけない、と思っていると、うまくいかなくなります。

本音では、お金をたくさんもらいたい、自分が助けたい人だけ助けたい、と思っているのに、嘘をついてもしょうがないのです。

助けたい人のために、有料の商品を作って、時間もお金の余裕も欲しい、と思うなら、そこに対して、自分に許可をしてください。

「時間がたくさんあっても良い」
「月に10日のセッションで良い」
「お金をたくさんもらって良い」

というふうに、自分がなりたいものへの、許可の言葉を言ってみましょう。

私も、いつも言っていますが、自分が助けたい人で、お金を払ってくれる人以外は、助ける気持ちがありません。それ以外のことをやってもうまくいかないし、興味があまりないのです。

無料の人を相手にしても、良い話を聞いた、と言って何も変わらないので時間の無駄です。

発信内容も、言いたいことしか言っていません。それを良いと思ってくれる人を相手にしたいからです。

こういうことを言ったら、否定したくなる人もいると思います。コーチングをやっていると、「コーチはこうあるべきだ」とか、お金も払っていないのに、言ってくる人もいます。

そういう考えの人がいても良いですが、市役所に面倒を見てもらえば良いのです。私が相手にする必要はありません。

あなたも、自分のゴールを達成しても良いと、許可を出してみましょう。自分の本音に対して、優しく肯定するようにしてください。

そうしたら、欠乏マインドから解放されて、ビジネスもうまく行きはじめます。

自分を認めればビジネスも成功する

今回は、自分のことを認める大切さについてお話ししました。

あなたは、自分のことを認められているでしょうか。すでにあるスキルや、知識を無視して、「ないない」と言っていませんか?

今からでも、あなたは持っているものを与える側になってください。不足を補う時間を、与える時間に変えれば、自ずと稼げるようになります。

自分には、与えられる、商品にできるだけのものがあると、認めるのです。そして、その上で、これからどうしたいか考えてください。

あなたがやりたいことや、理想の姿は、誰にも言う必要はないので、本音で考えてみましょう。自分の気持ちを否定しないで、優しく肯定するようにしてください。

必ず、ビジネスは前に進んでいきますよ。




言い訳を考えても儲からない前のページ

自己投資を回収できないコーチ次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    なるべく早く失敗する

    なるべく早く失敗する稼げるコーチになるためには、どんどん失敗を…

  2. ビジネスマインド

    稼げないコーチのパターン

    稼げないコーチのパターン今回は、稼げないコーチのパターンについ…

  3. ビジネスマインド

    成功するのも自己責任

    成功するのも自己責任今回は、成功するのも自己責任、というお話し…

  4. ビジネスマインド

    成功するコンフォートゾーンの作り方

    成功するコンフォートゾーンの作り方コンフォートゾーンは、自分が…

  5. ビジネスマインド

    目標が現実化しないのはなぜか

    目標が現実化しないのはなぜか今回は、目標が現実化しない理由につ…

  6. ビジネスマインド

    まずはクライアントを成功させる

    まずはクライアントを成功させるコーチとして売れるためには、商品…

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    ゴール設定すればトラウマは解消する
  2. 脳科学

    コンビニから宇宙を見る?「コンビニでできる手軽なIQアップ法」とは
  3. ビジネスマインド

    コンフォートゾーンを出られない人の特徴
  4. お金

    お金をかけてるのに売れないのはなぜか
  5. コーチング

    セルフコーチングで自分で人生変える7つの方法
PAGE TOP