ビジネスマインド

稼げないコーチの3つの特徴



コーチングで稼げない人の3つの特徴

コーチングビジネスで稼げないコーチは、なぜ稼げないのでしょうか。稼げない人の3つの特徴について解説します。

稼げない人の特徴を知り、反対のことをすることで、稼げる確率が上がります。

コーチングで稼ぐと決めていない

コーチングで稼げない人は、コーチングで稼ぐと決めていない、覚悟がありません。コーチングスクールに行く人は、お金を稼ぐ気がないという意味で、趣味感覚の人、副業で稼ぎたい人、本業で稼ぎたい人がいます。

このうちお金を稼ぐ気が最初からない人については、稼げないのは当たり前だし、問題もありません。稼げるかもしれないし、稼げなくても楽しいからいいのです。

稼げない、ということで問題になる人は、副業レベル、本業レベルで稼ごうと考えている人です。どちらにしても、コーチングで稼ぐと決めていないと、ビジネスはうまくいきません。

それは、人をコーチングするというのが、そんなに簡単なことではないからです。

コーチングというのは、人の人生を変える仕事です。人の人生を変えるので、コーチの側も本気で取り組まないと、うまくいきません。

適当にやって、傾聴していればうまくいくというものではありません。そのため、コーチングというものを真剣にできない人は、成果を出せないので、まず稼げないです。

副業でお金儲けの手段の一つくらいに考えて、稼げたらいいな、と思っている人は、無理です。副業で、土日とか夜だけであっても、本気でできる人なら稼ぐことができます。

また本業にしたい、という人でも、そう言っているだけの人と、本当に独立すると決めている人だと、かなり差があります。

コーチになりたいと思っている人は多いですが、では今の会社の居心地の良さとか、安定、それまでかけた時間などを捨ててもコーチになると覚悟が決まっている人はわずかです。

たいていの人は、会社が嫌だと言っていても、結構居心地がいいです。独立してしまうと、次の日から何の保証もないのですから、それに比べたら、会社員の方が安心です。

そのため、よほどの思いがない限りは、稼げないのです。

ダブルワークというのは、誰でも大変です。1つの仕事だけでも大変なのです。時間がない、疲れた、と言い訳はいくらでもすることができます。

しかし、副業でも、独立を目指す人でも、会社以外の時間を使って地道にマーケティングできる人が稼げるのです。これはビジネススキルの問題ではなく、その人がどれだけコーチングをしたいかにかかっています。

コーチングで稼ぎたいなら、このあたりの意識を高めてください。

稼ぐための行動しない

コーチングで稼げない人は、稼ぐための行動が圧倒的に少ないです。稼ぐための行動、というのは、売り上げを上げるための行動のことで、マーケティング、商品作り、セールスなどがあります。

例えば、ブログを書いたり、体験セッションを募集したり、高額商品を作ったり、なども稼ぐための時間です。

これらの時間を使わなければ、稼げないということは、はたから見れば誰でもわかることです。いくら優秀なコーチであっても、誰にも言わないで家の中でゴロゴロしてたら、クライアントが家のチャイムを鳴らしてくれるでしょうか。

誰も知らないのに、そんなことはありえませんね。まず、自分がコーチであることを知らせなければなりません。ところがこんな当たり前のことも稼げないコーチはわからないのです。

SNSでアカウントを作って、日記みたいなことを書いていたら、お客さんが来ると思っています。ホームページも作ったところで、ネットの中ではほとんど誰も気づいていません。

私は、ブログを1日1時間書きましょう、と言っていますが、そうすることで、検索から来てくれる人が増えてくるからです。もちろんちょっと書いただけではダメなので、3か月とか半年くらいはやらないと人に知られません。

この1日1時間という時間ですら、稼げないコーチは取れないのです。これでは当然お客さんは来ません。

コーチングというのは、コーチが思っているほどみんな知りません。それに、コーチング欲しい、と思っている人はとても少ないです。

コーチはコーチになったら、自動でクライアントがつくように感じているかもしれませんが、そんなことはないのです。これは、他のビジネスと同じなのです。

街で整体の看板を出したら、訪ねてくる人がいるかもしれませんが、コーチングの看板を出しても、なんだそれ、どころか、まったく気づいてもらえないでしょう。

だから見込み客の悩みを解決するための情報発信などを、していくことが必要です。

コーチングの資格を取りました、と言って、写真を載っけている人とかもいますが、コーチが思っているほどコーチングは特別なものではありません。

他のビジネスと同じように、マーケティング活動をできた人が稼げるのです。

稼ぐための活動は、コーチングスキルを上げる勉強とか、集客法を学ぶ時間などは含みません。それらはいくらやっても、クライアントはつかないからです。

そうした勉強を捨てて、稼ぐ活動をしてる人のほうが、ビジネスはうまくいきます。もちろん、コーチならスキルアップも大事なのですが、稼ぐのとは別に考えなければいけません。

稼ぐのは、稼ぐ時間を使うから稼げるのです。1日セミナーに出ても、稼ぐ時間は0です。ブログを1時間書いたら、稼ぐための時間は1時間です。

こうした単純なことが理解できるかどうかに、ビジネスの成功がかかっています。変なプライドは捨てて、単純に考えてください。

稼げない人で同士でつるむ

稼ぎないコーチに限って、稼げない人同士でつるんでいます。稼げない人どうしでセミナーをやったり、コラボをしたりしているのです。

しかし、単独でも稼げない人たちが、集まって稼げるでしょうか。それは無理な話です。1人の集客力がない人が、何人集まっても、大した集客はできません。

そして、集客がいくらかできたとしても、クライアントがつかないコーチに、クライアントはやはりつかないのです。

稼げない人は、集客が大事だと思っています。たくさん人数を集めれば、クライアントがつく、と思っているのです。しかし、当然ながら、お金を出す気がない人が集まっても、数十万円という商品が売れることはありません。

逆に、あなたの商品を欲しい人が集まれば、3人の集客でも十分なのです。集客を広げるのは、そうした精度の高い仕組みができてからです。

稼げない人同士でつるんでいると、こうしたことも気づけません。励まし合うことはできても、大きく成長することはできないのです。

そして、稼げない人が集まってしまうと、そこで友達ができたりして、居心地が良くなって、抜け出せなくなります。居心地がいい範囲のことをコーチング用語でコンフォートゾーンと言います。

居心地がいいところにとどまっていると、稼ぎたいと思っていても、稼げる人が入ってくると、気分が悪くなります。それは、自分の居心地のいいゾーンが崩されてしまうからです。

こうなってしまうと、そこから抜け出すのが難しくなります。

ではどうしたらいいでしょうか。

答えは簡単で、稼げる人とつるんでください。

稼ぎたいなら、少なくとも、自分より稼いでいる人と付き合いましょう。そんな人周りにいないよ、と思ったとしたら、その人は、稼げないコンフォートゾーンにどっぷり浸かっています。

周りにいないなら、お金を出してでも、メンターやコーチをつけましょう。そうすることで、コンフォートゾーンを引き上げてもらうのです。

稼げる人と過ごす時間を多くしてください。コーチ仲間と話していたら、楽しいと思いますが、本気で稼ぎたいなら、シビアに考えてください。

今回は、稼げないコーチの特徴を3つご紹介しました。もしこれらの特徴に一つでも当てはまっていたなら、今すぐに考え方や、行動を変えてください。

まず、コーチングで稼ぐことに真剣になり、稼ぐための時間を確保し、稼げる人とつながってみましょう。そうしたら、間違いなく、あなたのビジネスは前進します。




関連記事

  1. ビジネスマインド

    言い訳を考えても儲からない

    今回は、言い訳を考えても、全然儲かりませんよ、という話をします。ビジネ…

  2. ビジネスマインド

    本音のゴールを設定しましょう

    本音のゴールを設定しましょうビジネスで成功したい、と思っている…

  3. ビジネスマインド

    自信をつけるのに必要な考え方と方法

    自信をつけるのに必要な考え方と方法新しいことを始めたり、起業や…

  4. ビジネスマインド

    勉強や努力を手放す

    勉強や努力を手放す稼ぐためには、努力するとか、頑張る、というこ…

  5. ビジネスマインド

    あなたの強みを発見する3つの方法

    あなたの強みを発見する3つの方法あなた独自の強みを打ち出せると…

  6. お金

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【後編】

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー(後編)前回に続き、ビ…

稼げるコーチ養成講座

  1. マインド

    「光と影の法則」は人生もビジネスも減速させる
  2. ビジネスマインド

    ゴールに対するモチベーションが問題になるのはなぜか
  3. 脳科学

    「広告洗脳」から脱出し、真のゴールを見つける「広告瞑想法」
  4. ビジネス

    お金は「落ちている」のに誰も気づかない
  5. 目標設定

    好きなことじゃないゴール・目標設定の仕方
PAGE TOP