ビジネスマインド

稼げるセルフトークに変える方法



稼げるセルフトークに変える方法

あなたは、稼げるセルフトークをしていますか?

自分に語りかける言葉をセルフトークと言います。セルフトークが間違っていると、ゴールが達成しません。セルフトークを直すことで、ゴールが近づきます。

稼げるセルフトークをすると、稼げる方向に向かいますが、稼げないセルフトークを続けていると、やはり稼げない現実に向かってしまいます。

セルフトークは、順を追って改善していくと、うまく修正できます。

何をしたいのかを決める

セルフトークを改善するとき、その目標が必要です。というのは、脳は、目標がないとうまく働かないからです。

ただ漫然と、よくなったらいいな、というのでは、変わりません。例えば、体力があったらいいな、と思っても体力はつかないですが、マラソンに出る、と決めたらどんどん体力がついていきます。

英語が喋れたらいいな、と思っても身につかないですが、英語圏の恋人ができたら、一気に上達できたりします。

このように、達成したい目標=ゴールに対して、自分が変わっていくのです。

反対に、漫然とセルフトークを変えよう、と思っていても、なかなか変わりません。なんとなく、ポジティブになっったらいいなとか、IQが上がったらいいな、と思っても、難しいわけです。

稼ぐのも同じで、なんとなく稼ぎたいとか、お金が欲しい、という人はたくさんいます。しかし、ゴールがないと、セルフトークは変わりにくいので、お金が入ってくる人は少ないのです。

つまり、自分が何がしたいのか、ということを決める必要があります。ここの理由が弱いと、アファメーションとかをしていても変われないのです。

どうしても稼ぎたい理由

稼げるセルフトークにするには、なぜ稼ぎたいのか、という理由が必要です。

あなたは、なぜ稼ぎたいですか?あなた自身のゴールをしっかり考えてみてください。お金が入ってきたとして、何がしたいでしょうか?

稼げない人は、今の給料とか、収入で、本音では変わらなくていい、と思っています。サラリーマンなら、1日10時間とか働いて、平均年収がもらえれば、それで足りてたりします。

そのため、ビジネスをしてまで、稼ぎたいとは、本音で思えないのです。時間も、あったらいいな、と思っているのですが、実際には、そこまでやりたいことがありません。

また、会社で働いて時間を使うのがそれほど嫌だと思っていないのです。嫌なら、1日で逃げ出してしまうでしょう。毎日行けている時点でコンフォートゾーンです。

時間の面でも、お金の面でも、今が一番なので、現状が動かないということです。

この状態でセルフトークを直すと言っても、なかなか変わりません。

わざわざビジネスをやって、なぜ稼ぎたいでしょうか。ビジネスをやってまで、なぜ時間が欲しいのでしょうか。

よく、お金ができたら再投資しますとか、勉強をします、と言う人もいますが、本当に、そのためにリスクを負えると思えるかが重要です。

それくらい、やりたいことがあれば、あなたは変わることができます。

ビジネスで稼げるのは、やりたいことがある人と、切羽詰まっている人です。切羽詰まっている人は、どうしても抜け出したいと思っているからです。

それほど切羽詰まってない人でも、理想の未来が素晴らしければ、今の状況の居心地が悪くなって、抜け出したくなります。

その気持ちが、セルフトークを変えるエネルギーになります。

許可を出すセルフトーク

ゴールが決まれば、本気でそこに向かうエネルギーになります。しかし、同時にブレーキをかけているセルフトークがあります。

それは、「できない」というセルフトークです。月に100万円売る、と言われても、「できない」と思ってしまいます。

ビジネスをスタートした最初の時は、契約することすら「できない」と思っていたりします。商売をしたことがない人は、商売なんかできない、と思います。

セルフトークを改善するには、まず気づくことが必要です。自分が「できない」と言っていることに気づいてください。

まず気づくことで、暴走することを止めることができます。気づいていないと、セルフトークに支配されて、逃げるという行動が自動で生まれてしまいます。

気づくことで、まずはコントロールできるニュートラル状態にするのです。

そして、「〜してもいい」と言い換えてください。ここで、無理にポジティブにしようとしても、うまくいかない場合が多いです。

無理があると、無意識が抵抗してしまうので、ストレスが生まれて、引き戻されてしまいます。なので、まずは許可することをしましょう。

「月100万円稼いでもいい」
「お金を受け取ってもいい」
「クライアントがいてもいい」
「成功していい」

と自分に語りかけます。

違和感があるとしたら、まだ許可が十分ではありません。その場合は、何度も繰り返して、毎日言ってみましょう。

自信のセルフトーク

できないから、許可が出せれば、ブレーキがはずれてきています。

次に「〜できる」と言えるようにしましょう。

「稼げる」
「契約できる」

というふうに、自信を持つということです。

自信がない、という人も多いですが、まずは許可を出してから、できる、と思ってください。

ネガティブなセルフトークが出るたびに、この流れで自分の思考を変えていきましょう。

決意するセルフトーク

そして、ビジネスを加速するには、「〜する」という言ってみましょう。

「月に100万円稼ぐ」
「クライアントを何人契約する」

というふうに、決意や、覚悟を持つということです。これによって、ビジネスにコミットできるようになります。

目標が決まっていると、「達成するにはどうしたらいいか」と考えることができます。

決めていないうちは、できない理由が出てきます。できない理由は、稼げないコンフォートゾーンを維持するためのものです。

しかし、「〜する」と決めると、コンフォートゾーンが未来の方に移動するので、思考やセルフトークも変わります。

達成のセルフトーク

ゴールのリアリティーをさらに上げるには、「〜している」というセルフトークをしましょう。これは、ゴールを達成した時の自分の姿を現在進行形で感じるためのものです。

感情を感じるくらいイメージして、言葉で脳に働きかけていきます。

例えば、稼いでいる自分が、日々していることや、住んでいる場所、持っているものなどを、想像します。この時、それらは自分が本当に気持ちが良いとか、嬉しいと思えるものであることが大切です。

イメージしてみて、自然と良い感情が浮かんでくるものにします。最初にお伝えした、やりたいことをさらに強くしていくアファメーションです。

「○○の車に乗っていて気持ちが良い」
「きれいな家に住んでいて爽快だな」

というふうに、行います。

ここで、あまり欲しくもないことをアファメーションしようとしても無理です。なので、どうしても稼がずにはいられないようなイメージにしましょう。

これを毎日毎日やっていけば、ゴールの世界がリアルになってきます。もし面倒な人は、やりたいことを想像するだけでも良いです。

セルフトークを変えて豊かになる

今回は、セルフトークの改善方法についてお伝えしました。

セルフトークを直すにも、まず目標が必要です。目標があると、脳はそこに向かって働くようになるからです。漫然とやっていても、うまくいきません。

そして、「できない」というセルフトークに気づいて、

「〜しても良い」という許可
「〜できる」という自信
「〜する」という決意
「〜している」という達成

のセルフトークに変更してください。

抵抗がある場合は、最初は気づくだけでも良いです。そこから、許可ができるようになりましょう。

セルフトークが変われば、あなたも稼げるようになりますよ。




関連記事

  1. ビジネスマインド

    知識を入れるほど稼げなくなる理由

    知識を入れるほど稼げなくなる理由知識をたくさん入れると、頭が良…

  2. ビジネスマインド

    稼げない人ほど人を頼れない

    稼げない人ほど人を頼れないビジネスでうまくいかない人は、「一人…

  3. ビジネスマインド

    優先順位をつけるとビジネスが進む

    優先順位をつけるとビジネスが進むあなたは、ビジネスの優先順位を…

  4. ビジネスマインド

    情報収集しても稼げないのは

    情報収集しても稼げないのは情報収集ばかりしても、稼げるようには…

  5. ビジネスマインド

    稼げないコーチの3つの特徴

    コーチングで稼げない人の3つの特徴コーチングビジネスで稼げない…

  6. ビジネスマインド

    ゴールに対するモチベーションが問題になるのはなぜか

    ゴールに対するモチベーションが問題になるのはなぜかゴールや目標…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    アファメーションが入らない原因と効果を出す方法
  2. 脳科学

    「基本的洗脳法」に気づけばスコトーマが外れる!
  3. ビジネスマインド

    ゴールは現状の外に設定する
  4. マインド

    マインドを強化して夢を近づける5つの方法
  5. コーチング

    裁判所で抽象度を上げる
PAGE TOP