ビジネスマインド

良い商品じゃなくても売っていい



良い商品じゃなくても売っていい

今回は、良い商品じゃなくても売っていい、というお話しをします。

商品が売れないと、内容を充実させようとか、もっと良い商品を作ろう、と考えてしまう人がいます。

多くのコーチは、商品内容が良くないと売ってはいけない、と考えています。そして、その方が売れるとか、お客様にとってプラスだと思っているのです。

しかし、内容が良くない商品や内容が薄っぺらい商品を売って稼いでも良いのです。それに対して罪悪感を感じていると、なかなか稼げるようにはなりません。

商品が良いことと、売れることは別問題です。そのことを理解して、罪悪感を捨てなければいけません。

良い商品と売れる商品

コーチの多くは、商品内容を良くすると売れる、と考えています。

だからコーチングのスキルが高くないといけないと思ったり、充実した内容のメニューにしようと考えるわけです。しかし、お客様の立場に立てば、内容が充実しているからといって、買いたいとは限りません。

例えば、動画講座が1時間×500本ついてきます、というメニューは充実しているようですが、500本も全部見る人はいないでしょう。

むしろ、500本見ないと成功しないのか、と思って引いてしまうかもしれません。

また、コーチングの資格や、コーチング以外の資格をたくさん持って、なんでもできますよ、という商品を売ろうとしても、お客様はそこまで求めていないのです。

なぜなら、お客様は、自分の悩みを解決したり、願望を叶えることをしたいからです。なのでそれができるなら、商品内容が薄っぺらくてもいいのです。

要はお客様の望みが叶うと思ってもらえれば、売れるので、商品内容は大した問題ではありません。

それがわからないコーチは、もっと商品を充実させようとか、スキルアップしようとか、いろんな分野の資格を取ろう、と思ってしまいます。

それは、コーチの側の視点で見ているだけの話です。

良い商品というのは、コーチの価値観で良いと思っているだけです。

まだまだ稼げるレベルではありませんとか、商品が良くないというのはコーチが勝手に判断していることで、お客様の意見ではありません。

勝手に、完璧じゃないといけないとか、100万円もらうにはこんな商品じゃないといけない、と思い込んでいるだけの話です。

そうした価値観が売れない原因だと気づかなければいけません。

稼げないのは、価値観が間違っているからです。なので、自分の外の価値観を知らなければいけません。稼げる価値観になれば、あなたのビジネスは成功します。

内容が薄っぺらいとか、内容がない、というのもコーチの側の判断でしかありません。

お客様は、自分の希望を叶えたいので、それが叶うなら、お客様から見て良い商品です。そしてそれが売れる商品になります。

私は売れる商品が大事だとよく言っていますが、要は売れるなら内容はなんでもいいということです。お客様の望みが叶うなら、それでビジネスが成立します。

大事なのは、相手が欲しいかどうかです。

相手が欲しくない商品は、いくらコーチが良いと思っていても、相手からしたらゴミと一緒なわけです。そして誰も欲しがらない商品はゴミ商品です。




ページ:

1

2

関連記事

  1. ビジネスマインド

    稼げる環境を整える

    稼げる環境を整えるあなたは稼ぐためには何が必要だと思いますか?…

  2. ビジネスマインド

    勉強熱心なコーチが成功しない理由

    勉強熱心なコーチが成功しない理由今回は、勉強熱心なコーチが成功…

  3. ビジネスマインド

    稼げない仲間と付き合わない

    稼げない仲間と付き合わない今回は稼げない仲間と付き合わないとい…

  4. ビジネスマインド

    コンフォートゾーンを出られない人の特徴

    コンフォートゾーンを出られない人の特徴今回は、コンフォートゾー…

  5. ビジネスマインド

    コーチは価格を上げて良い

    コーチは価格を上げて良いあなたは、コーチングをいくらで提供して…

  6. ビジネスマインド

    本音のゴールを設定しましょう

    本音のゴールを設定しましょうビジネスで成功したい、と思っている…

稼げるコーチ養成講座

  1. 催眠術

    催眠術を独学するとき気を付けたいの5つの注意点
  2. ビジネス

    社畜を抜け出す方法
  3. 脳科学

    「本当のコミュニケーション能力」が身に付く「脳の使い方」
  4. マーケティング

    ブログが書けない、続かない原因と対策
  5. ビジネス

    お金を稼ぐ自己イメージを手に入れる方法
PAGE TOP