ビジネスマインド

行動力はどこから生まれるのか?



行動力はどこから生まれるのか?

あの人は行動力がある、とか、ビジネスでは行動が大事だ、という言葉を聞いたことはありませんか?

行動ができない、行動力がない、と考えている人は多いようです。そのため、「行動する」ことの大切さが、いろんなところで説かれています。

行動することは、大切です。ではどうやったら、行動できるようになるでしょうか。

行動とは何か?

まず、行動とは、なんでしょうか?行動は、大きな意味では、何かをすることです。そのため、会社に通勤するのも行動、ご飯を食べるのも行動、映画を見るのも行動です。

また、物理的な動きだけではなく、考えることも行動で、悩むことも行動です。

こう見ると、生きている人なら、何らかの行動をしています。だから、行動できているので、もうそれでいいのか?というと、そうではないですね。

必要なことができなければ、意味がないわけです。

では必要なこととは何でしょうか?必要なこととは、「ゴールにとって必要なこと」です。何かの目的があって、そのために必要なことを行動と呼びます。

ビジネスで言えば、稼ぐためにすることが、行動と言います。このように、目的からしか行動は決まりません。

目的に合っていることを、行動と言います。ということは、目的に合っていないことは行動とは言いません。

例えば、大阪から東京に行く、という目的があるのに、大阪から、九州に向かって新幹線に乗っても、意味がありませんね。だから、これは行動とは言えないのです。

行動力はどこから生まれるか

行動力は、以上からわかるように、ゴールから生まれます。ゴールや目的があるから、行動が決まり、そこに向かうためのエネルギーも生まれるのです。

どんなに「行動力がない」と言っている人であっても、落ち込んでいても、心臓は生きている限りずっと動いています。

これは、遺伝子に、生命維持のゴールがあるからです。なるべく子孫を残すために、本能としての行動が生まれています。

非常に強いゴールなので、どんなに止められても、行動をやめません。息を止めろと言われても、1分も持たずに、必ず息を吸ってしまうのです。

ビジネスのモチベーションが低い人でも、会社には毎日通勤していたりします。早起きをして、満員電車に長い時間揺られている人も多いです。

ぎゅうぎゅう押し合って、時にはケンカしてまで、会社に間に合わせています。

私なんかは、目覚ましをかけることがほぼないので、起きたい時間に起きるし、満員電車は避けています。なので、サラリーマンの人たちは、すごい行動力だ、と思うのです。

1日10時間とか、平気で仕事をしますよね。

そんな行動力、エネルギーがあるなら、正しい方向性でビジネスをすれば、すぐに稼げるようになるでしょう。

でも、ビジネスとなると、行動力が問題になったり、わざわざ人に行動力を教えられないと、動けなかったりします。

それは、現状維持がゴールになっているからです。現状を維持するためには、ビジネスの行動をすると都合が悪いので、できないわけです。

この状態で、行動をしよう、行動力!と言っても、苦労します。無意識は猛烈に「やめろ!」と言ってくるからです。もちろん、それを無理に押し続ければ、できるようになる部分はありますが、ほぼできません。

もし稼ぐための行動力を発揮したいなら、稼げている未来にゴール設定をしましょう。

そうすると、無意識はむしろ応援してくれるようになり、行動力のことを気にしなくてもよくなります。

確信があると行動が生まれる

ただ、ゴールを設定しても、何も変化しない人も多いです。その違いは何か、というと、

どれくらいやりたいか
確信度

の違いです。

確信が高ければ、行動は自然に生まれます。

例えば、あなたの目の前に、10億円の当たり宝くじがあったとします。そうしたら、行動力がどうとか言う前に、銀行に行くでしょう。

ただ、これが1000円の当たりくじだったら、どうでしょうか?まあ、いつか銀行に行こうかな、といったところでしょう。

また、宝くじを持って行っても、10億分の1の確率でしかもらえませんよ、と言われたら、確信が下がって、まあいっか、となってしまうでしょう。

ビジネスにはやる気がない人であっても、FXとか、仮想通貨にかじりついたりする人もいます。

なぜそうなるか、というと、お金が儲かるという確信が半端ないからです。

FXとか仮想通貨で、一発大儲け!というのは、情弱向けの商品です。そういう人は、宣伝を見たら、当たると思い込んで、ものすごい賭けをしてしまいます。パチンコも競馬も同じです。

よくある情報商材とか、クリック何回で月収100万円とか、そういうのも同じです。物事を知らない人から、損をするようにできています。

でも当たる、という確信があると、ものすごい夢中になれるのです。

ビジネスでも同じで、確実に稼げる、とわかっていたら、誰でも夢中で参入することでしょう。ただ、ビジネスの場合は、それほど簡単ではないので、確信度が下がるのです。

自分でゴールの確信度を上げる

私が、会社を辞めて、コーチで独立できる、と思ったのは、あるきっかけがあります。

それは、東京都立図書館の食堂で、コーチの仲間と、みそラーメンを食べながら、「120万円でコーチング講座をしよう」と話したことです。

その時は、「120万円稼げたら、会社行ってる場合じゃないじゃん」と、思い込んでしまいました。コーチングは十分仕事になる、と「勘違い」したのです。

「120万円の講座を、10人とかきたら、1200万円だな。でもこれをやるためには、会社に行ってたらやりきれない」

と、思いました。確信してしまったのです。

その講座は、結局できなかったのですが、それがきっかけとなって、会社を辞めることにしました。

そのあとは、たまにお話していますが、よく分からないけどお金が入ってきて、ある有名な博士から60万円くらいお小遣いをもらったりして、なんとかなってしまいました。

ゴールの確信度を上げるには、そのイメージに対して、確信を持てばいいのです。

そのためには、まず、理想の未来を想像してみてください。それを何度も繰り返しましょう。一発で入ってしまうこともあります。

繰り返す、ということは、繰り返せるくらい楽しかったり、ワクワクすることでないとできませんね。これをwant-toと言います。

want-toはやりたいことです。やりたいことを、何度もイメージしていれば、それが当たり前になってきます。そうすることで、未来への扉が開かれるのです。

行動の先に良いことがあるか

行動が続かない
行動ができない
ブログができない
筋トレが続かない
勉強が続かない

このように悩んでいる人は、多いです。

なぜそうなるか、というと、want-toではないからです。

筋トレしたら、10億円もらえることが確定しているとしたら、ほとんどの人がやりますよね?あるいは、勉強が大好きで勉強していると快感を感じる人は、勉強を辞めることができないでしょう。

それ自体が好きか、
その先のゴールが好きか、

どちらかでないと、行動はできないのです。

筋トレして鍛えるのが、大好きなマニアはいます。そうでない人は、他の目的のために筋トレをします。

モテたい、と思ってやる人もいるでしょう。しかし、筋トレ=モテるという確信がないと、できません。ムキムキの人が、明らかにモテまくっているところを見たら、すごくやる気が出てくるでしょう。

あるいは、筋肉がつくごとに、明らかに声をかけられるようになった、と思ったら、継続する気になるはずです。でも、続かないのは、確信がなかったり、実際やってみたけど、あんまり良いことがなかったからです。

コーチングビジネスにおいては、私は、ブログを書きましょう、と言っています。それは、ブログを書くといいことがあるよ、と私が知っているからです。

しかし、やったことがない人は、そこまで確信が持てなかったりします。だから、want-toにならないのです。確信がなくてもできるのは、ブログが大好きな人だけです。

これが1記事書いたら1万円もらえる、ということだったら、多くの人が毎日書くと思います。1日5記事くらい書いてくる人もいるでしょう。

あとは、あなたが稼げる確信をどれだけ持てるかにかかっています。

稼げている人なら、未来が見えているので、確信をインストールしてあげたり、そこまで引っ張ってあげることができます。

だからコーチやメンターがいた方が、圧倒的に結果が出やすいのです。

want-toで必要な行動をする

ビジネスに必要な行動は、「お客さんに価値を提供すること」です。そして、その対価としてお金をもらうのが商売です。

お金をもらわなかったり、利益が出ない価格設定にしていれば、それはボランティアになります。なので、ビジネスの行動とは言いません。

また、コーチングの勉強会に行ったり、スキルアップをしたりするのも、微妙なところです。初心者はいいですが、ある程度学んだ人は、ずっと勉強をしていても稼げないからです。

なので、行動する、と言っても、売上に結びつかない行動は、行動とは言えません。

ゴールがあって、その方向性とずれていたら、いくら動き回ってもゴールは達成しないのです。

だから、必要なことを見極めて、それに集中してください。何が必要か、がわかれば、確信につながります。そして、行動力が生まれて、本当に稼げるようになるのです。

今回は行動力についてお話ししました。重要なのは、want-toのゴールを確信することです。そして、そのために何が必要なのかわかれば、行動力で悩むこともなくなります。

世の中、たくさんの情報が流れています。やった方がいい、と思わせることは数多くあります。

何となく、やった方がいいかな、と思うくらいだと、行動力に悩むことになるでしょう。それか、苦しんで行動することになります。

起業した方がいい、英語ができた方がいい、ITができた方がいい、筋肉があった方がいい、痩せてた方がいい、とか色々です。

まずは、あなたが本当にやりたいwant-toなのか確認してください。そして、その先に何がありますか?

ビジネスもやりたくない人は、やらなくても全然OKです。商売をしたからとか、お金が儲かったからといって、幸せになるかはわからないですよ。

でも、プロコーチとして豊かになり、お金を稼ぎながら、クライアントに貢献する、という未来にワクワクする人は、ぜひ私のところに来てください。稼げるところまで連れて行きます。

その理想の未来を何度もイメージしてみてください。確信が高まれば、行動力は自ずと生まれてきます。




豊かさとは何か?前のページ

ビジネスを続ける気があるか次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    行動よりマインドが大事な理由

    行動よりマインドが大事な理由今回は、行動よりマインドが大事な理…

  2. ビジネスマインド

    法則から外れると稼げない

    法則から外れると稼げない今回は法則から外れると稼げないという話…

  3. ビジネスマインド

    自己流で失敗する理由

    自己流で失敗する理由あなたは自分なりのやり方でビジネスをやって…

  4. ビジネスマインド

    稼ぎたいなら今の自分を認める

    稼ぎたいなら今の自分を認めるあなたは、今の自分を認められている…

  5. ビジネスマインド

    「正しい知識」だけでは稼げない

    正しい知識だけでは稼げない今日は、10年以上前の古いマックブッ…

  6. ビジネスマインド

    勉強や努力を手放す

    勉強や努力を手放す稼ぐためには、努力するとか、頑張る、というこ…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    集客やセールスで稼げない理由
  2. マインド

    ネガティブな考え方を直す3つの練習法
  3. 目標設定

    やりたいことがない人が夢や目標を見つける方法
  4. お金

    お金を払える人しか稼げるようにならない
  5. コーチング

    頑張らないほうがゴール達成できる
PAGE TOP