ビジネスマインド

視点が低くなっていませんか?



視点が低くなっていませんか?

今回は視点が低くなっていませんか?というお話をします。

コーチングビジネスで成功するには、視点を上げて考えることが大切です。視点を上げることで、何をしたらいいかがわかります。

稼げないコーチは視点を上げられていないので、必要なことが何かわかりません。今の稼げてない視点で考えて、物事を判断するので、稼げない結果が出てくるのです。

視点を上げることで、盲点に気づいて、ゴールに到達する方法が見えます。

余分な情報は捨てて考える

視点を上げる、というのは、言い方を変えると、余分な情報を捨てる、ということです。余分な情報を捨てれば、何が一番大事かがわかります。

例えば、コーチングはいろんな流派やグループやスキルがありますよね。

視点が低いと、何とか式とか、〇〇流、などが大事だと思ってしまいます。そして、NLPとか心理学とか、いろんなスキルが大切だ、と考えるわけです。

そうすると、何とか式にこだわったり、コーチング論の話ばかりして、「コーチングを売ろう」と考えてしまいます。

またスキルにこだわる人は、〇〇のスキルが使えます、NLPの上級資格があります、ということを売ろうと考えます。

お客様は関係なく、自分ができることを売ろうとするわけです。

しかしお客様が興味があるのは、自分の悩みを解決することや、自分の望みを叶えることです。いくらコーチング論や、技術論を話されても、商品を買いたいと思うわけではありません。

それに気づかないで、コーチングは〇〇式が正しいとか、スキルをもっと増やさなければ、ということばかり言っていたら、いつまでたっても売れることはないわけです。

しかし視点を上げると、コーチングは、クライアントをゴールに連れていくことです。なので、クライアントの望んでいる世界を実現するためにコーチがいます。

そのために、クライアントが何を望んでいるのかを理解して、そこに行けることを確信してもらうことです。

クライアントが見えていない盲点も、コーチが視点を上げれば見えるようになります。

これが視点を上げることの大切さです。

コーチングビジネスでも同じで、お客様が何を望んでいるのかを知って、お客様がそこに行けるという確信を持てれば、商品は売れるわけです。

なので体験セッションでやることも、たったこれだけのことなのです。別に特別な売り込み法があるわけではありません。

しかし、コーチ自身の視点が低いと、どんなコーチングをするかとか、どんなスキルを使うか、という次元でしかセッションが出来ないわけです。

あるいは、どうやって買ってもらうか、という考えになってしまうでしょう。それが売れない原因になります。

視点を上げて、余分な情報を捨てれば、どうしたらいいかが見えてきます。




ページ:

1

2

関連記事

  1. ビジネスマインド

    努力が報われないのは何故か

    努力が報われないのは何故か頑張っているのにクライアントが来なか…

  2. ビジネスマインド

    稼ぐ領域までいけない理由

    稼ぐ領域までいけない理由今回は稼ぐ領域までいけない理由につ…

  3. ビジネスマインド

    劣等感を克服して儲けるには

    劣等感を克服して儲けるには コーチングビジネスをやっていて…

  4. ビジネスマインド

    稼げる未来をもっと確信する

    稼げる未来をもっと確信するあなたは稼げる未来に、確信を持ってい…

  5. ビジネスマインド

    言い訳する人が成功しない理由

    言い訳する人が成功しない理由今回は、言い訳する人がなぜ成功しな…

  6. ビジネスマインド

    稼げる正しい思考の仕方

    稼げる正しい思考の仕方今回は、稼げる正しい思考の仕方についてお…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    現状の外に出る条件をつけない
  2. コーチング

    勘違いしやすい、「コーチングは誰のために実践するのか」
  3. マーケティング

    コーチングビジネスは儲からない?
  4. 目標設定

    現状を大きく抜け出す「本当の時間感覚」とは
  5. 脳科学

    ゴール達成を早くする「スコトーマ」利用法
PAGE TOP