ビジネスプラン

コーチングで稼ぐには、ゴールから逆算する



コーチングで稼ぐには、ゴールから逆算する

コーチングで稼ぐには、ゴールから逆算することが大切です。稼げないコーチは、逆算ができないので、間違ったビジネスのやり方になります。

逆算できるようになると、コーチングビジネスが上手く行き始めます。

今回は、逆算することの重要性や、逆算のやり方について解説します。

稼げるコーチはゴールから逆算できる

コーチングビジネスを成功させるには、まずゴール設定が必要です。自分はどんなコーチになりたいのか、とか、何をしたいのか、というのを決めることです。

コーチングで何をしたいのか、がはっきりしていないと、向かう方向が決まりません。ゴールを決めることで、それに合わせてマーケティングなども決まります。

稼げない人は、ゴールが決まっていないので、何となくやってしまうのです。何となくやると、相手にも何となくしか伝わらないので、コーチングが売れないのです。

稼げない人は同じようなことを言う

稼げない人は、まず自分が何をやりたいかが、自分でよくわかっていません。お金がたくさん欲しい、月何百万とか、年1億円欲しい、と言っていても、そのお金が何に必要なのか、はっきりしないのです。

そのため、稼げない人たちは、似たようなことしか言えなくなります。これはどこかで聞きかじったことなので、似通ってしまうのです。

収入の額というのは、数字で明確に答えられます。そして、何に使うのかも答えられる問題です。それなのに、とりあえずお金があったら、人生上手くいくんじゃないか、くらいにしか考えられていません。

ゴールを達成した姿を明確にする

この曖昧な状態をやめるには、ゴールを達成した時の自分の姿を明確にすることが必要です。

コーチングで稼いだら、それを何に使うのか、どんなクライアントが来て、どんなコーチングをしているのかのイメージができていないと、ビジネスも上手くいかないので、希望額を達成することはできません。

この部分が決まらないと、コーチングの商品作りもできず、商品作りがダメだと、どんなマーケティングをしても無駄になるので、ビジネスが回らないのです。

何をしたいのか、自分自身に問いかけて、真剣に考えてみてください。聞きかじった言葉ではなく、自分の言葉で説明できるくらいにしておきましょう。

もし分からなければ、自分で自分のことはわからないので、コーチについた方がいいです。コーチの力を使って、自分のしたいことを明らかにしてください。

商品から作り、逆算する

コーチングビジネスが成功するかどうかは、商品作りにかかっています。だから、まず売れる商品を作って、そこからマーケティングを考えていきます。

ポジショニングと商品で決まる

なぜ商品が大事なのか、というと、「要らないものは誰も買わない」からです。要らない商品というのは、石ころを誰かに売ろうとするのと同じことになります。

興味ない人にとっては、石ころと、売れないコーチング商品は同じなのです。要らないのですから、お金は払いたくありません。

商品を作るためには、ポジショニングが必要です。誰に何を売るのかを明確にして、独自の売りを作りましょう。

商品が少しずれただけで売れない

ポジショニングとか、商品作りというのは、ほんのすこしずれただけでも売れなくなります。コーチングのスキルはあるけど、稼げていない、という人は、ポジションや商品がずれていることが多いです。

そのため、すこしそこを修正するだけで売れるようになります。

例えば、お金がない人たちに高額商品を売ろうとすると、すごく売れにくくなります。だから、この場合ターゲットを変えたら、売れる確率が高まるのです。

健康食品の顧客リストに、猫用品を売っても、売れません。ポジションや商品がずれる、というのはこれと同じことです。

買う人は、お金を払うのですから、自分が欲しいと思ったものしか買いません。パソコンでも、マックばかり買う人とウィンドウズばかり買う人がいます。同じようなものでも、ちょっとずれるだけで売れないのです。

商品が売れてから集客する

マーケティング、集客をするのは、売れる商品が出来てからです。売れてから集客すれば、効率よく売れていきます。しかし、稼げないコーチは、この逆をやってしまうので売れません。

売れない商品=ザルを、売れる商品=桶に変える

稼げない人は、集客をすると稼げると思っています。だから、商品が売れないうちから集客を頑張ります。

そして、売れないので、いろんな集客法を勉強します。自分の商品が売れないのは、集客数が足りないからだ、と思うわけです。ここに広告をかけたら、お金もどんどんなくなっていきます。

しかし、売れない商品はザルなので、どれだけ水を流してもただ通過していくだけです。

あなたは、ザルを持って川に水汲みに行く、という人がいたら、止めるでしょう。そんなことしても無駄だよ、と言うと思います。

それで、水がたまらない、と言って嘆いて、他の川に行ったらいいんじゃないか、とか、汲み方を変えてみようとか、水汲みセミナーに行こう、と言っているのです。あなたはアホですか、と言いたくなりますよね。

ザルを桶に変えることのほうが先です。だから、私は、桶作り=売れる商品作りを先にしてください、と言っているのです。桶を作って、穴がないことを確かめた後で、川に行けばいいのです。

売れる商品は投資しても回収できる

売れる商品が出来たら、売れる為の仕組みを作り、実際にそこに見込み客を集めていきます。ここまでくれば、あとは、必要なだけ集客をすれば済むのです。

また、広告費をかけても回収するための計算を立てることができます。売れる商品がないうちは、集客しても無駄ばかりですが、商品ができれば、集客が有効になるのです。

売れるコーチになるには逆算思考を身につけよう

今回は、稼ぐためには、ゴールから集客まで、逆算で考えることが必要だというお話をしました。先に自分がやりたいことを決めて、それに合わせてマーケティングを作ることでビジネスが上手くいきます。

売れない人は逆で、先に集客から入ろうとするので、上手くいかないのです。

ゴールから逆算し、ポジショニング、商品作り、仕組みづくり、集客という順番でビジネスを構築してみましょう。




関連記事

  1. ビジネスプラン

    ビジネスの数字に強くなる

    ビジネスの数字に強くなるコーチングビジネスをする上で、数字を管…

  2. ビジネスプラン

    自己投資を回収できないコーチ

    自己投資を回収できないコーチあなたは、自己投資を回収できていま…

  3. お金

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【後編】

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー(後編)前回に続き、ビ…

  4. ビジネスプラン

    売れる仕組みとビジネスプランの作り方

    売れる仕組みとビジネスプランの作り方ビジネスを成功させるために…

  5. ビジネスプラン

    コーチングビジネスで脱サラする方法

    コーチングビジネスで脱サラする方法コーチングで脱サラしたい…

  6. ビジネスプラン

    コーチングが儲かるのはなぜか

    コーチングが儲かるのはなぜかコーチングは、しっかりやれば、儲か…

  1. マーケティング

    文章を書くコツ
  2. 脳科学

    「心の癖」を解消して、「エネルギッシュな自分」を手に入れる方法
  3. 脳科学

    「基本的洗脳法」に気づけばスコトーマが外れる!
  4. 目標設定

    自分のお金を使わずに夢を実現する
  5. ビジネス

    「ゴール志向」のための「サンクコスト」の捨て方
PAGE TOP