ビジネスプラン

売れるポジショニングの仕方



売れるポジショニングの仕方

ポジショニングは、コーチとして稼げるかどうかを左右する重要なポイントです。ポジショニングは、簡単に言えば「誰に、何を、どのように」売るのか、ということです。

良いポジションを取れれば、マーケティングが楽になり、売り込む必要もなくなります。今回はポジショニングの作り方についてお話します。

稼げないコーチは、ポジションのことを考えないで、スタートしてしまうので、なかなか売れません。そのため、集客を頑張ろうとするのですが、ポジションがずれていると、人が集まっても売れないのです。

だから、最初に頭を使って、ポジショニングをしっかりしておかないといけません。

自分のやりたいことでお金になること

ポジショニングを決めるには、まずあなたのやりたいことは何か、そして、誰をクライアントにしたいのかを明確にしましょう。

やりたいことにするのは、やりたいことじゃないと続かないし、熱量が低くなるからです。クライアントも同じで、自分が助けたくない人を助けようとしてもうまくいきません。

自分がやりたいことで、それを必要としてくれる人がいることを考えてください。

そして、そのターゲットとなる人たちは、お金を払う人たちにします。お金を払わない人たちを相手にしてもビジネスではなく、ボランティアになります。

お金を払う、ということは、まず見込み客が、深い悩みとか、強い願望を持っている必要があります。お金を払ってでも悩みを解決したい、夢や希望を叶えたい、という気持ちがある人たちです。

それ以外の、どっちでもいいこととか、お金を払うほどでもない、と思っている人たちは、ターゲットから外してください。冷やかし客にしかならないからです。

冷やかしをいくら集めても、お金にならないので、いいことをしているようでも、あなたのビジネスが続かなくなります。

続かなくなると、本当に必要としている人たちに届かなくなるのです。だから、時間の配分に気をつけてくださいね。

売上と単価を決める

ポジショニングをするには、売上を決めることも大切です。売上が、月100万円欲しいのに、1回5千円のセッションの商売をしたら、目標は達成できません。

先に稼ぐ金額を決めて、それに合わせてポジションを決めていきます。あなたが目標達成できるだけの金額を払う人を相手にするのです。

売上が決まれば商品単価も決まってきます。月100万円売り上げたいなら、30万円以上の商品を作った方がいいです。

30万円であれば、月3〜4人の新規クライアントで100万円になります。もし10万円以下にすると、10人は新規が必要になり、難易度がかなり高くなります。

だから、30万円以上の金額を払う人をターゲットにします。

コーチングで稼ぎたい、という人は、月100万円以上は稼ぎたいという人が多いと思います。だから、数十万以上お金を払う人たちを相手にするのです。

リサーチをする

自分がやりたい分野が決まったら、同じだったり似ている分野で稼いでいる人をリサーチしてみましょう。

リサーチは、ターゲットは誰か、どんな商品をいくらで提供しているか、イメージや、発信内容などです。差別化をするために、これらを参考にして、自分なりの売り方を作ります。

何人か調べたら、自分独自の売りも見えてきます。また、こうした方がいいとか、ここが足りない、というのもわかるでしょう。

セッション回数や時間が少ないと思ったら、それらを増やしたり、サポート内容を充実させたりといったことで、差別化ができます。

また、スキル面で、独自のものがあれば、それも差別化になります。

ここで、自分は特に強みとか、独自のものがない、と思う人もいると思います。しかし、それは勘違いです。例えば、単価が低いマーケットだったら、単価が高い商品を入れるだけでも独自性になります。

最初のうちは、かなり狭いマーケットに絞ることが大切です。

「コーチング」という分野では、有名な人も、稼いでいる人もたくさんいます。その中で、同じことをしようとしても、なかなか認識してもらえません。

そのため、小さな分野に絞ることで、その分野のNo.1になるのです。例えば、人間関係コーチなら、親子、職場、友達、恋人など、どこが得意なのか。親子関係なら、親子のどんな問題なのか、と絞っていきます。

売りながら調整する

以上のやり方でポジショニングができたら、あとは実際に商品作りをして売り出してみます。そうすることで、フィードバックを得ることができます。

ポジションは、少しずれると売れなくなるので、売りながら調整していくのです。

ポジションは、一回作ったからといって、売れるかどうかはわかりません。売れないようだったら、ポジションを変える必要があります。

もし売れなかったら場合、お客さんに、どうしたら買ってもらえるのか聞いてみましょう。サポートが欲しいとか、セッション回数とか保証が足りないかもしれません。

その場でお客さんに聞いて、修正すれば売れることもあります。

少しずれているくらいならまだいいですが、お金を払う気がない人ばかり来るとか、売れないようだったら、大きく変えた方がいい場合もあります。

ポジショニング次第で売れる

今回は、ポジションニングの仕方についてお話ししました。ポジショニングがうまくできると、マーケティングや、セールスが楽になり、売れるようになります。

また、自分がやりたいことや、助けたい人で、お金を払う人を相手にするポジションを取ることで、自分もクライアントも豊かにすることができます。

稼げないコーチは、ポジショニングが曖昧だったり、稼げないポジションにいるため、ビジネスがうまくいかないことが多いです。

今回の内容を参考にして、売れるポジションを作ってみてください。




関連記事

  1. ビジネスプラン

    ビジネスの数字に強くなる

    ビジネスの数字に強くなるコーチングビジネスをする上で、数字を管…

  2. お金

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【後編】

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー(後編)前回に続き、ビ…

  3. ビジネスプラン

    コーチングビジネスで脱サラする方法

    コーチングビジネスで脱サラする方法コーチングで脱サラしたい…

  4. ビジネスプラン

    コーチングが儲かるのはなぜか

    コーチングが儲かるのはなぜかコーチングは、しっかりやれば、儲か…

  5. お金

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【前編】

    独立するコーチが持つべきマネーリテラシー【前編】コーチとして独…

  6. ビジネスプラン

    コーチングで稼ぐには、ゴールから逆算する

    コーチングで稼ぐには、ゴールから逆算するコーチングで稼ぐには、…

  1. コーチング

    コーチングとカウンセリングの違いに関する誤解【重要】
  2. 脳科学

    「HUNTER×HUNTER」で学ぶ「現状の外側」
  3. コラム

    4分の1のコストと圧倒的な質
  4. コーチング

    現状の外側に行きたくなる「ゴール設定3つのメリット」
  5. 目標設定

    意外と知られてない!「正しいゴール」設定方法とは?
PAGE TOP