ビジネスプラン

30万以上の商品を売れない原因



30万以上の商品を売れない原因

30万円以上の商品を売れないのは、罪悪感があるからです。

コーチは、30万円以下の商品とか、1回1万円以下の単発セッションを売っている人が多いです。しかし、それだと、生活できるレベルではありません。

プロのコーチとして継続して活動したいなら、単価を上げて、30万円以上の商品を作って売る必要があります。

しかし、ブレーキがかかってしまって、単価を上げられない人が多いのです。その原因になっているのが、罪悪感です。

30万円以上だと、貰いすぎだと思ったり、結果が出なかったらどうしようと、相手に悪い気持ちになるので、単価を上げられません。

人生がいくらで変わるのか

あなたは、人の人生が変わるとしたら、1万円の価値だと思いますか?

例えば、コーチングを受けて年収アップしたクライアントがいたら、1万円の価値ではないことは、すぐわかるとおもいます。

同じように、人間関係が良くなったり、健康が良くなったり、恋人ができたり、夢が叶ったり、といったことが、1万円なわけはありません。

1万円で売ってもいいですが、もっと高く売ってもいいものです。もし、30万円の商品で、それだけのことができれば、安いくらいです。

しかもコーチングで変わったマインドは、そのあとずっと使えるので、一生ものになります。

罪悪感を感じる理由の一つは、労働者思考があります。労働者の多くは、時給2000円くらいで働くので、10倍にしたら、10倍働かないといけない、と考えます。

10倍働かないのに、10倍のお金をもらったら悪いと思うのです。

しかし、ビジネスでは、どのくらい役に立つのか、という価値が大切です。例えば、不動産業なら、売買価格の何%もらいますよ、というビジネスをしています。

なので、売買価格が高くなるほど、収入も増えるわけですが、100倍高くなったからといって、100倍手間がかかるわけではありません。

どれくらい価値があるかが重要なわけです。

もともと、商品はいくらで売ってもいいものです。買う人がいれば、ビジネスになります。100円の水でも、砂漠で売れば100万円でも買ってもらえるかもしれません。

あなたが死の病にかかったとして、それが1000万円で治せるとしたら、どうにかしてお金を集めると思います。それが高いとか思わないでしょう。

コーチングの価値は人生を変えることです。これも価格が付けられるものではないので、100万円以上で売っても問題ありません。

それが30万円以上で売れないということは、どこかで価値を信じていないのです。

売る側と買う側の責任を理解する

コーチングの価値を信じられない理由の1つは、自分が30万円以上の商品を買って失敗しているということがあります。

30万円以上払ったのに、たいしてうまくいかなかったので、30万円以上で自分が売ったら、クライアントに同じことをしてしまう、と思うのです。

コーチングで結果が出なかったのは、コーチの責任もあります。

コーチングは、本来は手段が制限されていません。しかし、質問をするとか、価値観を教えない、という考えが支配的になっています。

これは、コーチングの本義とはずれたものです。コーチは、馬車が語源になっています。つまり目的地に連れていくのが、コーチです。

コーチは引き出すとか、質問する、というのは、ただ歴史的にそういう手法が多かっただけの話です。

引き出す、という考え方だと、クライアントが知っていることしか出てきません。そのため、知らない問題を解決することがとても難しいのです。

10年契約ならいいかもしれませんが、大抵半年くらいの期間が多いです。

ビジネスは結果がわかりやすいので、できていないことはすぐにわかります。それはコーチがほとんど稼げていないことから明白なのです。

それとは別に、クライアントの責任もあります。結果が出なかったということは、自分の見る目がなかったということです。

きちんと商品が提供されて、結果が出なかったら、自分にあった商品を選べなかったということです。

人間は、自分は正しい判断をしている、と思うのですが、うまくいかなかったということは、自分が変わらないといけない、ということです。

レストランに行っても、まずいと文句を言う人もいるし、おいしいと喜ぶ人もいます。

もし、みんながまずいと言ったら、レストランは潰れます。しかし、ほとんどの人がおいしいと思うから、レストランは続けられるのです。

ということは、まずいと思ったとしても、お客さんの好みの違いとか、価値観の違いにすぎないということです。

コーチングを売る際にも、自分がしっかりやったとしても、責任は50%です。残りは、クライアントが受け取れるかどうかです。

高額なセミナーとか、塾、スクールなどに行って結果が出ない人も多いですが、それは当然です。なぜなら、もともと一部の人しか結果が出ない場所だからです。

コーチングスクールは、もともとビジネスができない人は、稼げません。また、ビジネス塾に行っても、一から始める人はほぼ結果は出ないのです。

ビジネス塾などは、たくさんの人を集めて、その中から、うまくいきそうな人をピックアップするのが目的です。

それを実績として出して儲けたり、99%できていて、あと1%で成功する人をプロデュースしてもうけています。

ビジネスを知らない人が行っても、消化ができないので結果は出ません。

個別コーチングでも、有名人と繋がれるとか、憧れの人に会える、という価値で売れている場合も多いです。

稼げていない人が稼ぐとしたら、個別サポートが必要です。

コーチやコンサルが個別サポートしない、というのは変に聞こえるかもしれませんが、ちょっと教えるだけとか、後は自分で勉強してね、という人もいます。

そういうところに行って稼げないとしても、見る目がなかったとしか言えません。

売れた後どうなるかは、お客さん次第なのです。

私のコーチングは、実際に稼げるところまで連れていくコーチングなので、クライアントが言われたことを実践して、諦めなければ稼げるようになります。

なので、1からビジネスを始める人でも稼げるようになります。

しかし、そこまで責任を持ってやっているコーチやコンサルはほとんどいませんから、稼げなくても仕方がありません。

あなたが商品を売る際も、お客さんが受け取れるかという、お客さん側の責任があります。だから、自分が全力でサポートすれば、罪悪感を感じることはありません。

罪悪感を外して豊かになる

30万円以上に単価を上げられない人は、罪悪感があります。この罪悪感を外すことで、単価を上げられるようになり、プロコーチとして稼ぐことができます。

そのために、コーチングで人の人生が変わる、という価値を、もう一度認識してみてください。

逆に言うと、1万円で人生が変わりますか?という話です。人生を変えるのに、30万円で高いとか言っていたらしょうがないということです。

そして、あなたが全力でサポートするとしたら、契約したクライアントが受け取れるかどうか、という問題になります。

もちろん、約束を違えたらコーチの責任がありますが、受け取れないとしても、コーチが罪悪感を感じる必要はないのです。

このマインドを身につけて、単価を上げて、稼ぎましょうね。そして、クライアントの人生を変えて、お互いに豊かになりましょう。




関連記事

  1. ビジネスプラン

    副業コーチから本業コーチになる手順

    副業コーチから本業コーチになる手順今回は、副業のコーチが、本業…

  2. ビジネスプラン

    売れるポジショニングの仕方

    売れるポジショニングの仕方ポジショニングは、コーチとして稼げる…

  3. ビジネスプラン

    稼げない理由は一つではない

    稼げない理由は一つではないコーチングビジネスが成功するためには…

  4. ビジネスプラン

    売れる仕組みとビジネスプランの作り方

    売れる仕組みとビジネスプランの作り方ビジネスを成功させるために…

  5. ビジネスプラン

    ビジネスの数字に強くなる

    ビジネスの数字に強くなるコーチングビジネスをする上で、数字を管…

  6. ビジネスプラン

    稼げるプロコーチになる条件

    稼げるプロコーチになる条件稼げるプロのコーチと、稼げないコーチ…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    have-toをwant-toに変換する2つのコーチング法
  2. マインド

    余計な人間関係はいらない
  3. 目標設定

    ゴールのための効果的なスケジューリング
  4. お金

    豊かになる人と貧しくなる人の違い
  5. 脳科学

    「脳をオープン」にして「ゴール達成方法」を見つける秘訣
PAGE TOP