マーケティング

嫌われるブログライティング



嫌われるブログライティング

あなたはどんな文章を書いていますか?売れる文章を書くためには、

綺麗な文章
好かれる文章
良い文章

を書こうとするとうまく行きません。

ほとんどの人は、こうした、好かれる文章を目指して書こうとします。そのため、大勢の人と同じ感じになって、埋もれてしまいます。

売れる文章を書くには、90%の人に嫌われる文章を書くことがポイントです。

嫌われない文章は売れない

ビジネスでブレーキになるのは、嫌われたくない、という気持ちです。嫌われたくないので、お金を受け取りたくない、セールスはしたくない、と思い、売ることができなくなります。

ライティングにおいても、嫌われたくないと思うことで、内容が薄くなったり、手が止まったりします。

なぜ内容が薄くなるか、というと、嫌われないようにすると、誰かの真似とか、当たり障りのないことなどを書いてしまうからです。

嫌われたくないので、思っていることを言うことができなかったり、綺麗にまとめてしまいます。そうすると、他の人たちと同じような文章になります。

そのうち、ロボットなのかな?と思うくらい、内容のない文章になっていきます。実際に、こういうコーチは多いです。

それなら、AIが書いても同じでしょう。結局これは、9割の人に、気に入られるという視点なので、こうなってしまうのです。

では、どうしたらいいか、というと、9割の人に嫌われる文章を書きます。9割の人が嫌いな文章だと、1割の人は好きになってくれるのです。

嫌いだと思う人は、どの道クライアントになることはありません。クライアントになるのは、好きになってくれた人です。

しかも、かなり好きになってもらわないと売れません。

稼げないコーチはこのことが見えていないので、嫌われる文章が書けません。

嫌われる文章を書くということは、嫌ってくる9割の人をターゲットから外すことになります。そうすると、「もっと売れなくなるのではないか」と不安になるのです。

しかし、これは発想が逆です。嫌われない文章を書くから、好きになる人も出てきません。

売れないコーチは、人がたくさん集まれば売れる、と思っています。しかし、人がたくさん集まっても、商品を買いたい人がいない限り、売れないのです。

要らない商品は、ゴミと同じです。ゴミを売ろうと、いくら大勢の人を集めても、買ってもらえません。

もし、集客をしたら売れる、と思うなら、Googleにお金を払うと、広告を出してくれるので、どんどん集められます。借金してでもやればリターンが来るわけです。

しかし、実際にはそうならないし、集客ができれば、というのは、なんとなく思ってるだけなので、確信があるわけでもないでしょう。

誰かが書いたような文章を書いても、商品が売れないことに早く気づいてくださいね。

ビジネスプランで考える

ブログは、それだけで売るわけではないので、ビジネスの仕組み全体で考える必要があります。売れる仕組みと、ビジネスプランが揃うと、計画を立てて売ることができるようになるのです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. マーケティング

    メルマガは解除されてもいい

    メルマガは解除されてもいいメルマガを配信できない人で、解除され…

  2. マーケティング

    フェイスブックで集客できない原因

    フェイスブックで集客できない原因今回は、フェイスブックで集客で…

  3. ビジネスマインド

    ビジネスに時間を使わないで稼げない

    ビジネスに時間を使わないで稼げないビジネスに時間を使っていない…

  4. マーケティング

    ブログが書けない、続かない原因と対策

    ブログが書けない、続かない原因と対策ブログをやり始めても、多く…

  5. マーケティング

    ターゲットが広いと稼げない

    ターゲットが広いと稼げない今回は、ターゲットが広いと稼げないと…

  6. マーケティング

    No.1戦略で成功するには

    No.1戦略で成功するにはビジネスではお客さんから選ばれること…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネス

    稼げる人と稼げない人のたった一つの違いとは?
  2. ビジネスプラン

    半年前から収入が変わらないコーチへ
  3. ビジネス

    異次元の未来を呼び寄せる「時間管理2つのルール」
  4. ビジネスマインド

    稼げない仲間と付き合わない
  5. お金

    理想の未来にワクワクする
PAGE TOP