お金

お金が欲しい人にはお金が入らない



お金が欲しい人にはお金が入らない

お金が欲しい、と思っている人には、お金が入らなくなります。なぜなら、お金が欲しい、というのは、お金がないと思っているということだからです。

お金がない、と思っていると、それが現実になります。なので、お金が欲しい、というのはアファメーションになっているのです。の

ビジネスをしても結果が出なかったり、お金が欲しいのに入らない、と思っているとしたら、お金が欲しい、と思うのをやめましょう。

・お金がないアファメーションを変える

お金が欲しいと思うと、儲からなくなります。お金がない、という現実を引き寄せてしまうからです。

お金がない、という思いがあるから、お金が欲しいと思ってしまいます。お金がないない、と思っていれば、お金がない状態がコンフォートゾーンになります。

そのため、無意識がコンフォートゾーンを維持するために、稼ぎ方がわからないとか、お金が入ってくる気がしない、と思ってしまいます。

稼ぎたかったら、お金が欲しい、と思うのをやめることが必要です。

そのためには、お金が欲しくなくなれば良いです。そうすれば、お金が欲しいと思わなくなり、お金が入ってくるようになります。

お金が欲しくない状態は、お金がある状態です。すでにお金が十分であれば、欲しいとは思いません。

矛盾するようですが、お金がある、と思っていると、それがアファメーションになって、お金が入りやすくなります。

そうはいっても、お金が欲しいんだ、と思う人もいるでしょう。しかし、お金が本当にないのでしょうか?

お金がない人は、家も食事もありません。当然スマホもないし、旅行にも行けません。これらを維持できている、ということは、お金がある、ということです。

つまり、あるはずなのに、ないと思っているということです。お金があるのですから、欲しいと思わなくていいはずです。

ではなぜ、お金が欲しいとか、ない、と思ってしまうでしょうか。それは、今の生活に対して、ありがたいと思えていないからです。

毎日ご飯が食べれたり、家があったりすることが、当たり前になりすぎて、忘れています。そのため、お金がないと思い込んでいるのです。

試しに、ご飯が食べられないとか、家がないと想像してみてください。そうしたら、それらがあってありがたいと思うことでしょう。

今のお金がある状況に感謝ができたら、お金が欲しい、という考えはなくなっていきます。そうすると、お金がないというアファメーションが消えるので、うまくいくのです。

ビジネスの成功をゴール設定する

お金があることに感謝した上で、ビジネスで稼ぐには、ビジネスのゴール設定をしましょう。

いくら稼ぐのか、何人クライアントにするのか、どんなコーチになるのか、どんな貢献をするのか、といったことなどをゴール設定します。

そして、それを達成する、と決めてください。すると、脳の回路が開かれて、必要な情報が入ってくるようになります。

稼げない人は、漠然とお金が欲しいと思って、なんとなくビジネスでうまくいかないかな、というくらいなので、うまくいかないのです。

この反対で、お金があると思って、稼ぐと決めることで変わることができます。

お金が欲しい人は、お金がない状態がコンフォートゾーンになっています。なので、お金が身につかないのです。

稼いでいるのがコンフォートゾーンになっている人は、稼げるようになり、お金が入ってくるようになります。こうしたマインドの違いが現実の違いに現れるのです。

エフィカシーが上がれば現実が変わる

稼げないコーチは、「ない」の方に注目します。そのため、「ない」現実を実現してしまうことになります。

私は、コーチングでさっさと稼ぎましょう、と言いますが、それは、「ある」と思っているからです。現在から未来にかけて「ある」と思うので、そう言えるのです。

スキルがないとか、能力がない、と思っている人は、本当にそれを引き寄せてしまいます。たくさん学んでいるのに、コーチングができなかったり、やり方がわからなかったりするのです。

私は、コーチングスクールを出た人をたくさん知っていますが、結局、どうやってコーチングしたらいいのかわからない、と悩んでいる人も多いです。

英語を学校で習っても、それで英語で会話できるようになるわけではありません。英語は、中高で6年習いますが、日本人はほとんどの人が話せませんね。

でも、よく分からないけどコミュニケーションできてしまう人もいます。

私も、スペインのイビザや、ロンドン、ニューヨークで長期で滞在していましたが、なんとなく話せて、生活することができました。

イビザでは、イギリス人のお友達の家の庭でパーティーをした時に、インドの山にこもって10年修行したという、インド人の60歳くらいのおじさんと話しました。

おじさんはちょっと変わり者で、インフラがない、砂漠の丘の上で、一人でオフグリッド生活をしている人でした。

私は、初対面でしたが、このおじさんが気に入って、宗教について長々と話していました。

英語は、私はぶっちゃけそんなに話せないです。なので、英語で何ていうかわからない時は、「アー、アー」とか言って、手を糸まきのようにぐるぐる回しながら、絞り出していました。

でも、何とか深い話をすることができたのです。あとで、日本人の友達に「初対面なのに、そんなことまでしたの?」と驚かれました。

この時、私は、英語が話せない、とか考えていなかったのです。それより大事なことがあったので、コミュニケーションができました。

コーチングでも、スキルがあったら、コーチングができるかというと、そうでもありません。スキルは大事ですが、エフィカシーも大事だからです。

スキルや知識より先に自分を信じる

エフィカシーというのは、わかりやすくいうと、自分の能力を信じる、ということです。この「能力」というのは、ゴールを達成できる能力のことです。

これは、具体的な能力とか、スキルというわけではありません。だから、海外で英語で会話するのに、英語ができるという自信はなくてもいいのです。

英語を話すさきには、ゴールがあります。なので、ゴールが達成することを信じられるかどうか、という問題です。

コーチも、コーチングができる、というエフィカシーがない限り、スキルを積み上げてもコーチングはできません。

ビジネスでも、稼げるというエフィカシーがないと、稼げなくなります。

知識があるとか、スキルがあるというのは本質ではないのです。それらが豊富にあったとしても、エフィカシーが下がれば、ないのと同じになります。

すごいスキルや知識があるにもかかわらず、コーチングができない、自信がない、と言って、セッションを避けている人もいます。

そういう人でも、「ある」の方に視点を変えて、能力を信じるようにすれば、できるようになります。「ない」の方に視点があるから、ないのです。

お金の面でも、ないと思っているから、ないということです。ある、と思ったら、ある現実が現れます。

インド人と話せる!と思ったら、インド人と話せます。話せない、と思った瞬間に、「英語ができない」「コミュ力がない」「インドの文化を知らない」と、ない現実が現れてきます。

お金に感謝して引き寄せましょう

お金が欲しい、と思う人は、ない、という現実に注目しています。ない、のではなく、今あることに感謝をしてください。

そして、ある、という視点を持って、お金が欲しいと思わないようになりましょう。

そこから、ビジネスで稼いで、理想の生活を手に入れたいなら、稼ぐ、と決めてください。そして、稼いでお金がたくさんある状態をコンフォートゾーンにしましょう。

そうすれば、ある、という前提で脳が動くようになるので、必要な情報が入ってくるようになります。

エフィカシーを高めるには、まずは決めましょう。決めたら、さらに、稼いで当たり前、となるように確信を高めてください。

そうすることで、稼げる状態が実現します。




現状の外に出る条件をつけない前のページ

豊かさとは何か?次のページ

関連記事

  1. お金

    お金を稼ぐのは汚いことですか?

    お金を稼ぐのは汚いことですか?今回は、お金を稼ぐのは汚いことで…

  2. お金

    労働者の刷り込みから離れる

    今回は労働者の刷り込みから離れるという言うお話をします。稼げ…

  3. お金

    給料以外で収入を得る

    給料以外で収入を得る今回は給料以外で収入を得るというお話をしま…

  4. お金

    お金の罪悪感で稼げない

    お金の罪悪感で稼げない今回は、お金の罪悪感で稼げない、というお…

  5. お金

    お金の使い方を間違えると稼げない

    突然蒸発した友人のお父さん今回はお金を使っても、たくさん持って…

  6. お金

    お金は汚いと思っている方へ

    今回は、お金は汚いと思っている方へと言うお話をします。…

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    お金が欲しい人にはお金が入らない
  2. 脳科学

    「イメージするだけ」じゃ夢は叶わない?「本当に効果のあるイメージ法」とは
  3. ビジネスマインド

    成功しないのは不要なことをするから
  4. ビジネスマインド

    準備しない方が稼げるようになる
  5. ビジネスマインド

    できる理由に注目する
PAGE TOP