お金

モノよりお金の方が価値がある



モノよりお金の方が価値がある

ビジネスがうまくいかない人は、お金に対するブロックを持っています。その根本的な原因は、モノよりお金の方が価値があると思っていることです。

なぜモノよりお金の方が価値があると思っているのか、また、それによって、なぜビジネスがうまくいかないのか、解説していきます。

お金の方が価値があると思ってる

多くの人が、モノよりお金の方が価値があると思っています。そんなことはない、と考える人もいると思いますが、実際には、お金の方が価値が高いと思っているのです。

例えば、サラリーマンなら、会社で自分がやりたくもないことを、せっせとやって、サービス残業までしています。それは、安定して毎月給料が来る状況を守るためです。

もしお金の方が、自分の労働よりも価値がないと思っているのなら、サービス残業はしないし、残業をするなら、給料を要求するはずです。

8時間働いて、ちゃんと規定の給料をよこせ、と主張するでしょう。日本人は主張しません。せっせと自分労働の対価を下げているだけです。

また、コーチだったら、1回1万円のセッションをした相手が、「あなたのセッションはすごく良かったから、100万円上げます」と言ってきたら、受け取れるでしょうか。

いやいや、それほどのサービスはしていないので受け取れません、というでしょう。なぜなら、お金の方が自分のサービスよりも価値が高いと思っているので、釣り合わないと思ってしまうからです。

ビジネス上、一回いくら、と決めているだけであって、本来なら自分のサービスは1円でもいいし、1億円でもいいはずです。ということは、いきなり100万円もらっても、何も変なことはないのです。

1万円もらうだけでも、申し訳ない、後ろめたい、と思っている人もいます。そうした人に、1回10万円にしてください、と言っても、恐ろしくてできないのです。価値有るものを、もらいすぎている、と思ってしまいます。

これが、お金に対するブロックになるのです。社会貢献だから、とか、お客さんのために、と言って安くするのは、本当の理由ではなくて、言い訳に過ぎません。

実際には、「お金のような価値の高いものをいただけません」という深層心理があります。それによって、罪悪感が生まれてきてしまうのです。

モノよりお金の方が価値が高くなる理由

ではなぜ、お金の方が価値が高い、と思ってしまうのでしょうか。それは、お金がいろんなものと交換できる便利なものなので、お金自体に価値がある、と思うようになるからです。

経済学から、その理由をお話しますね。

もともと、人間は、物々交換をしていたのですが、物々交換だとニーズがマッチしなかったり、安定して取引ができないので、宝貝とか、石などをの特定のモノを使うようになりました。これがお金の起源です。

そのうち、お金として一番優れている金を使い始めました。金は腐らないし、少量でも価値が高いので、持ち運びに便利です。

お金でいろんなものが買えるようになると、みんなお金がすごいものだと思うようになり、崇拝し始めます。これが、お金に対するフェティシズムです。つまりフェチになって、お金自体を集めたりするのです。

このようにして、お金を他のモノやサービスと交換するよりも、お金自体の方が価値が高いと思うようになります。

30万円の商品を売る時でも、30万円の方が価値が高いと思っているので、売れないのです。

お金自体には価値はない

金がお金だった時代は、金自体には商品としての価値がありました。しかし、今は金は使われていないし、紙のお金が使われています。

なぜそうなったのでしょうか。

金を金庫に預かる人たちが出てきて、預かり証を発行するようになったのです。その結果金より紙の方が取引が楽なので、預かり証が流通し始めます。紙のお金が登場しました。

金を預かっている人たちは、金を実際に取りに来る人が少ないことに気づき、金がなくても勝手に預かり証だけバンバン作れば、何もしなくても儲かることに気づきます。こうして銀行ができました。

そして、金がなくても、紙をお金だとみんなが信じていればいいことがわかり、お金は紙になったのです。もっと言うと、銀行の通帳に、数字を書くだけで、お金を作れるようになりました。

現在では、ほとんど振り込みやクレジットなどで、数字上のやりとりしかしていません。もう実体がなくなってしまったので、お金自体には価値はないのです。

だから、自分が30万円、100万円で売ろうと思ったらそうなるし、あとは売れるかどうかの問題になります。買う人がいるなら、買い手にとっては100万円以上の価値はあると思っているわけです。

そうであるなら、100万円のセッションと、100万円のお金を交換しても、イコールになるだけなので、もらったら悪いということはないのです。

お金のブロックを外すには

お金の方が価値が高いと思っていたら、自分のサービスや商品を売ってお金をもらってしまったら、常に悪いことをしている気分になります。

そうすると、ビジネスはうまくいきません。等価交換か、もっと価値の高いものを売っている、という気持ちにならなければ、お金を受け取ることにブレーキがかかってしまうのです。

そうしたブロックやブレーキを外すためには、まずお金自体に価値はないことを理解することです。昔、お札を破ったら、お金が稼げると言っている人がいましたが、それは無理です。今のお金は数字だからです。

まずは、頭で理解してください。そして、実際に、自分が高いと思う金額を設定し、受け取ってください。1万円だったのを10万円にして、受け取ることで、ブロックが外れます。

お金じゃないとか、お金は稼がなくていい、という嘘をつかないようにしましょう。素直に稼いだりもらったりできるようになってください。

1億円の宝くじが当たったら、9900万円を寄付できるでしょうか。それができないのなら、お金が欲しいと思っているのです。それは、恥ずかしいことではないので、まずその気持ちに向き合ってください。

稼がなくていい、というのは、お金を受け取ることへの後ろめたさからくる、言い訳でしかないのです。だから、セールスも上手くいかないし、マーケティングも避けてしまいます。

稼ぎたいという気持ちをすっかり消すか、稼ぎたいなら、素直にビジネスを真剣にやることです。スキルアップや、勉強に逃げないで、商品を欲しい人に届けてください。

コーチングなら、30万円でも、100万円でも、その人の人生が変わったり、幸せになるので高くはありません。むしろ1回5千円で人生を変える、という方がおかしいのです。

自分がしていることは、お金より価値があることだ、と思って、お金を受け取るようにしましょう。お金を受け取っていれば、それが当たり前になり、ブレーキはなくなります。




関連記事

  1. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう

    コーチングは何度も受けてもらうコーチング業界では、コーチングは…

  2. お金

    お金が集まる人と、集まらない人の違い

    お金が集まる人と、集まらない人の違い世の中では、お金持ちはどん…

  3. お金

    お金を稼ぐ罪悪感を捨てる

    お金を稼ぐ罪悪感を捨てるコーチングでお金を稼ぐときに、お金を受…

  4. マーケティング

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違い

    クライアントがつくコーチ、つかないコーチの違いコーチと言っても…

  5. お金

    マネタイズの方法を覚える

    稼げないコーチはマネタイズできないビジネスがうまくいかない、始…

  6. マーケティング

    ブログ集客を成功させるには

    ブログ集客を成功させるには集客は仕組みで考えるブログで…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    have-toをwant-toに変換する2つのコーチング法
  2. ビジネスプラン

    稼げない理由は一つではない
  3. 催眠術

    催眠術でポジティブになる5つのメリット
  4. コーチング

    縛られることの自由
  5. コラム

    ビ・ハイア問題で話題の、洗脳とコーチング
PAGE TOP