お金

価格を上げられないマインド



価格を上げられないマインド

コーチングで稼ぎたいなら、単価を高くすることが必要です。というのは、コーチングは、スーパーマーケットのように、どんどん人が入ってくるものではないからです。

また、セッションできる人数も限られています。年間に、30人もクライアントをとったら、限界というくらいです。

だから、単価を高くしない限り、まともに稼ぐことは難しいのです。

しかし、単価を上げることに抵抗があるコーチも多いです。そのブロックを外すには、価値と値段について理解する必要があります。

値段が価値を表すわけではない

コーチングのセッション単価を上げられない人は、価値と値段について理解してください。

あなたは、物を買うとき、何を基準にしていますか?

値段がいくらだから、高いとか、安い、と思っていないでしょうか。

しかし、値段と価値は、別のものです。値段は、売る側がつけたものにすぎません。100円と書いてあっても、要らない人にとっては0円以下で、欲しい人にとっては、1000円出しても欲しいかもしれません。

人によって、何が必要かは、それぞれ違います。価値で考えられる人は、価値をどんどん受け取ることができますが、値段で考える人は、価値がわからなくなっていきます。

100円均一で、安いから得だ、と思って買い物をしていると、要らないものがどんどん増えていくでしょう。貧乏な人の家ほど、ものが多い傾向があるようです。

値段を見て、これは、高いから買わない、と思っていると、欲しいものが手に入らなくなります。

価値で考えられる人は、安いからといって買わないし、高いものでも、必要なら手に入れます。

これは、自分がものを売るときの、マインドにも影響します。

価値で判断しない人は、「なるべく安い方がいい」と考え、自分の商品も安くします。高くすると、悪いことをしている気分になるのです。

それで、なるべく格安だったり、ボランティアで仕事をしようとします。その方が、人に貢献できる、と思ったりします。

価値で判断できる人は、値段を高くしても、それに見合った価値を感じてくれる人が来るとわかります。要は、お客さんが、どれだけ価値を感じてくれるかが重要なのです。

みんながみんな安い方がいい、と値段で考える人は、このことに気づきません。

あなたは、価値で考えるか、値段で考えるか、どちらでしょうか。普段から、自分にとっての価値で考えていれば、値段のブロックは外れていきます。

そして、自分が欲しいものが何なのかもわかるようになります。コーチとして、この感覚は、とても大切です。

人が何を欲しいと思うのか、クライアントの願望が何なのか、敏感になってください。そのためにも、値段で判断するのではなく、価値で判断するようにしましょう。

ビジネスで社会貢献する

コーチでも、

「安い値段の方が、喜ばれる」
「ボランティアで社会貢献する」

という考えでいると、値段を上げることに罪悪感を感じて、いいことをしていない、という気持ちになります。

しかし、社会貢献というのは、安い値段や、無料で何かをやることではありません。

なぜなら、社会に貢献しているか、していないかは、値段で決まるわけではなく、価値で決まるからです。無料であっても、価値がなかったら貢献していないことになり、有料でも、価値があれば貢献になります。

例えば、今、石油が悪者のように扱われています。マイクロプラスチックとか、温暖化とか、いろいろ言われています。

石油会社で大儲けしている石油王と、掃除ボランティア活動をしている人なら、掃除ボランティアの方が、印象が良く思われるかもしれません。

しかし、石油やプラスチックがないと、途端に社会が機能停止になってしまいます。車も動かないし、電気も止まり、病院で治療もできなくなります。

つまり、石油は、社会にすごく貢献しているのです。石油が止まるか、ボランティアが止まるか、と言ったら、石油が止まる方が一大事です。

だから、石油王の方が、社会貢献している、と考えることができます。

コーチングビジネスでも同じで、高い値段で、高い価値を提供すれば、その分社会貢献になるわけです。

安くやったら良い、と思っている人は、価値ではなく、値段で考えています。だから、なるべく安くとか、無料が素晴らしい、と思っているのです。

儲けたら、お金を使うことで、社会貢献することができます。

自分がいいと思ったものを買ったり、優秀な人に仕事を頼んだりすれば、その人たちが生活をしたり、もっと良いサービスができるようになります。

自分の財布しか見えないと、お金が減ったとか、払った先に移動したことしかわかりませんが、払った先の人がまたお金を使い、お金は循環していくのです。

そうやって、お金を回すことで、たくさんの人の生活を支えることができます。これは、お金を稼がないとできないことです。

単価を上げることに抵抗がある人は、このことを理解してくださいね。自分が単価を上げて、高い価値を提供し、儲けたら良いものを買っていけば、社会貢献になります。

価値は人によって変わる

また、価値は、固定したものではない、ということも頭に入れておいてください。例えば、あなたがセッションする価値は、人によって捉え方が全然違います。

あなたのセッションが必要ない人は、お金をあげても来ないでしょう。また、あなたのセッションを無料なら受ける、という人と、5千円なら受ける人、5万円でも安いと思う人がいます。

このように、価値は決まっているわけではなく、人の認識によって変わるのです。

あなたが同じことをしているつもりでも、実は人によって変動しています。

そして、人によって、受け取る価値の量も変わります。例えば、無料なら受ける、という人は、「得をした」と思うかもしれませんが、無料から毛が生えたくらいの価値しか受け取れません。

私も、無料でたくさん情報を出しています。しかし、無料だからこそ、価値を受け取れない、という側面もあります。だから、「メルマガを作りましょうね」と毎日のように言っていても、作らない人が多いのです。

ブログを1日1時間書く人もほぼいないと思います。それでは全く稼げないので、メルマガを読んでも1円も受け取れないのです。

ただ、読んでいる人の中でも、大事なことに気づく方がいます。そういう人は、無料で情報やノウハウを得ていても意味がないとわかる人です。そうした人たちのために、私は発信しているのです。

だから、冷やかしの人を相手にしなくていいように、いろんなフィルターを入れています。

あなたも、セッションを無料とか、格安でやると、少しの価値しか受け取らない人ばかり相手にすることになります。

では、あなたは、同じ時間、同じことをして、ほとんど価値を受け取らない人と、お金を払って大きな価値を受け取りに来る人、どちらを相手にしたいですか?

ほとんど価値を受け取らない人を相手にするより、真剣に、お金を払ってくる人を相手にした方が、自分もクライアントも豊かになることができます。

コーチは、クライアントがいてコーチになることができます。コーチングの成果は、クライアントにもかかっているのです。

それなら、本気のクライアントを相手にした方が、大きな価値を生み出すことができます。

あなたが、無料で100万円のことをしても、受け取ってもらえないのです。しかし、100万円にしたら、1000万円分受け取りに来る人が来ます。

逆に、1000万円分受け取りたい人にとっては、1回5千円だと、申し訳ないと思わせてしまったり、そもそも認識されないことになります。

だから、本気の人が、思い切り価値を受け取れるように、価格設定は、高くした方がいいのです。

あなたも、コーチングで稼ぎたいなら、価格を上げることに対する、ブロックを外してくださいね。そうすることで、あなたも、クライアントも豊かになることができます。

そのためにも、普段から、価値で考えるようにしてください。




なるべく早く失敗する前のページ

ゴールは現状の外に設定する次のページ

関連記事

  1. お金

    労働者がなぜ稼げるようにならないのか

    今回は、労働者がなぜ稼げるようにならないのかというお話…

  2. お金

    自分の価値を低く評価していないか

    今回は自分の価値を低く評価していないかというお話をしたいと思い…

  3. お金

    お金は価値ではない

    お金は価値ではない今回はお金は価値ではないというお話をしていき…

  4. お金

    相手の懐具合を気にしてはいけない

    今回は、相手の懐具合を気にしてはいけない、というお話をします。…

  5. お金

    お金を稼ぐことにワクワクしますか?

    お金を稼ぐことにワクワクしますか?今回は、お金を稼ぐことにワク…

  6. お金

    お金の流れを良くするには家を片付けよう

    今回はお金の流れを良くするには家を片付けようというお話…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    ビジネスに時間を使わないで稼げない
  2. ビジネスマインド

    コンフォートゾーンを出る人、出ない人
  3. ビジネスマインド

    ブレーキを踏んだままでは稼げない
  4. ビジネスプラン

    売れるビジネスモデルの作り方
  5. コーチング

    want-toゴールを邪魔する「洗脳」
PAGE TOP