お金

理想の未来にワクワクする



理想の未来にワクワクする

あなたは、理想の未来がありますか?ビジネスで成功したとしたら、どんな未来が待っているか、イメージできているでしょうか。

未来にワクワクするものがあれば、稼ぐところまで行くエネルギーになります。反対に、このイメージがないと、現状維持になります。

お金を稼ぐ必要性があるか

あなたは、なぜお金を稼ぎたい、と思っていますか?もちろん、お金はあるに越したことはないでしょう。たくさんあっても場所を取らないし、いろいろ便利です。

でも、どうしても稼ぎたい理由はありますか?あったらいいな、という想像だけでは、誰でもできることです。だから、たくさんの人が、宝くじを買いますね。

宝くじを買う人が、お金を手に入れるか、というと、それは無理なわけです。なぜなら、宝くじは、最初から半分が抜かれているので、「愚か者に課された税金」と言われるくらいだからです。

労働者だと、生涯賃金が決まっているので、宝くじくらいしか稼げないから、宝くじを買います。でもそれは、お金があったらいいな、というくらいのものです。

だから、宝くじの祭りが終わったら、みんなまた出勤しますね。

ビジネスで稼ぎたいなら、あったらいいなではなく、どうしても必要というくらいの気持ちが必要です。

大抵の人は、稼ぎたい額が、生きていくのに必要な額くらいです。その場合、バイトでも稼げるし、ビジネスで稼ぐのもそこで止まってしまいます。

それ以上は、わざわざブログを書いたりとか、面倒なことをしてでも、どうしても稼ぎたいわけではないからです。

会社員とか主婦をしている人なら、どうしても必要な金額は、すでに入ってきているので、それ以上何かするモチベーションはありません。

だから、仕事が忙しいとか、家庭が忙しいとか、お金がないとか、できない理由が先に来てしまいます。

それは、できなくても、現状を回していくのに、何の支障もないからです。むしろ、ビジネスを始めると、現状に支障が出てくるので、逃げたいと思っています。

あなたの稼ぎたい動機が、宝くじを当てたい、大勢の人と同じくらいだったら、稼ぐことは無理でしょう。

だから、しっかりと、理想の未来をイメージすることが大切です。それは、自分がどうしても実現したいと、思えるものでなければ効果がありません。

コーチングの世界では、ゴール設定に重大な欠陥があります。それは、ゴールをただ大きくして、やりたいことじゃないことを設定することです。このような勘違いが蔓延しています。

ゴールは、どうしてもやりたいことでなければ、意味がありません。そうでなければ、現状の方が圧倒的に強いからです。

人に言って差し支えがない立派なことをゴールとか、ただ大きいゴールにする必要はありません。

もちろん、たまたま立派なことであるかもしれません。しかし、大事なのは、自分がやりたいと思うかどうかです。

あなたが稼いだ後の未来にワクワクするなら、そこまで諦めないで進むことができるでしょう。

お金があったら、なんか幸せになれる、という程度だと難しいです。お金があっても、つまらないものはつまらないです。

会社員で忙しい人なら、お金があって、暇になったらいい、と思うかもしれませんが、やりたいことがないと、ただ暇なだけになります。

定年退職した人が、暇でボケたりしますが、やりたいことがないと、つまらないということです。

やりたいことがない世界には、脳もあまり行きたくありません。仮に行ったとしても、退屈になってしまうでしょう。

だから、稼げていないうちから、理想の未来のことをよく考えておきましょう。それは、人に見せる必要はありません。

理想の未来がワクワクするものなら、現実も変わっていきます。あなたが、半年前、1年前から稼げるようになっていないとしたら、稼げる未来にワクワクしていないということです。

未来がつまらなければ、わざわざ現状を変えることはできません。外面的に立派に見えても、本当に欲しくなければ、つまんないお説教と同じです。脳は正直に反応します。

毎月100万円欲しいなら、100万円はなぜ欲しいですか?

投資をします、というのもいいですが、投資には出口があります。その出口はなんですか?何をしたいんでしょうか?

こうしたことを考えてみてください。

なぜコーチングビジネスか

そして、コーチングビジネスで稼ぎたいなら、なぜコーチングビジネスか、という理由が必要です。

コーチングが好きです、というだけでは、足りません。コーチングが好きなだけなら、無料でやってもいいからです。

1回3000円でもいいでしょう。しかし無料や、1回3000円では、まともに稼げないので、ビジネスをする理由にはなりません。

ビジネスがやりたいから、というのでも足りません。ビジネスをやりたいだけなら、コーチングでなくてもいいからです。

別に、コーチングが一番稼げるビジネスというわけではありません。お金儲けの手段なら、他にたくさんありますし、給料を上げることもできるでしょう。

もちろん、コーチングがやりたくない人は、無理に考えても意味がないですが、あなたが、なぜコーチングをするのか、という理念を持ちましょう。

コーチングビジネスで稼ぎたいなら、「お金をもらってコーチングをする」という理由が必要なのです。

この中でも特に、コーチングでお金をもらう、という部分が重要です。この記事を読んでいる人は、コーチングが好きな人がほとんどでしょう。

でも、そこでお金を稼ぎ続けることが難しいので、コーチングで稼げないわけです。それはまだ、稼ぐことに本気になっていないからです。

コーチングをするのはいいけど、お金をもらうのは悪い、と思っていたり、お金がそれほど必要でなかったり、ビジネスはしてはいけない、と思っていたりします。

コーチングで有名な、コーチはセールスしていはいけない、と言っている人がいます。

そのことを信じている人もいますが、そうやって教えている人は、実際には部下がセールスしていたり、セールス不要になるために、巧妙なマーケティングをしています。

なので、ビジネスのパーツは、高度なものが、しっかり揃っているのです。

ビジネスのパーツを揃えると、セールスの比重は下がっていきます。ビジネスの仕組みが完成すれば、セールス不要で、受けたい人だけ来るようにすることができます。

かといって、そのためには、やることをやらないといけないわけです。それを勘違いする人は、コーチの資格を取って、適当なマーケティングをしていたら、向こうからお客がやってくる、と都合よく思ってしまいます。

しかし、そういうことはありません。

コーチであっても、自分でやるか、外注にお金をかけて全部やってもらうか、どちらにしろ、大きな枠組みで、「売る」ということをしないと、お金は入ってきません。

本気でコーチングで豊かになる

商品を高額で売ることを、なぜするのか、という理由に納得しないと、コーチングビジネスはできないでしょう。悪いことをしている、と思って、ブレーキを踏んでしまうからです。

お金をもらってコーチングをするのは、なぜでしょうか?

私は、あなた自身が、まず豊かになってほしい、と思います。なので、お金を稼いだ後のライフスタイルをしっかりと設定してください。

あなたが、コーチングでたくさんの人をサポートしたい、と思うなら、プロコーチとして、本業にすればいいですね。

しかし、本業にして、毎日、1回3000円の人を相手にしていたら、稼げないし、あなたの理想の未来も実現しないでしょう。

なので、単価を上げて、あなた自身も豊かになるようにするわけです。これが第一の理由です。

あなたは自己犠牲コーチになりたいですか?コーチングは、クライアントがコーチに影響を受けます。受けないようにいくら気をつけても、人間関係なので、何らかの影響があるのです。

そのとき、自分が自己犠牲をしていたら、クライアントにもそれを伝えることになります。また、やりたいことをやらなかったり、義務感で生活していると、そういう雰囲気も伝わります。

これが、コーチングでいう非言語です。

スキルが大事、と思っている人は、わからないかもしれませんが、コーチも人間性とか、マインドセットの方が大切です。

クライアントにはマインドを教えるのに、コーチがスキルの方が重要、ということはありません。

もちろん、人によって価値観はいろいろなので、ボランティアでやりたいなら、そうすればいいでしょう。その場合、稼ぐことは諦めてください。

問題は、あなたが、本心でどう思うかです。稼ぎたいなら、稼げばいいのです。稼げばいいのに、稼ぐと嫌われるとか、悪いことをしている、という労働者の価値観で考えるので、お金を受け取れないわけです。

それは、やりたいことに蓋をする、ブロックでしかありません。テレビで教えている価値観を間に受けているだけです。テレビに出る人たちも、マスコミの社員も、普通の人より稼いでいますよ。

あなたが、やりたいことを実現して、未来に向かっていれば、クライアントもその影響を受けます。あなたが新しいことをすれば、クライアントも、「していいんだ」と納得します。

理不尽なことには戦えば、クライアントの殻も破れます。偉い人の言うことを聞いて、従業員とか、中間管理職みたいなことをしていれば、そういう雰囲気も出てきます。

もちろん、クライアントが丸ごとあなたのまんまになる、ということはないですが、コーチングをするということは、それだけ大きな影響力を持つということです。

逆に、それくらいの影響力がないと、コーチングがうまくいかないので、なんちゃってコーチングになります。これがハイパーラポールというものです。

これは、あまりやる気のない人を相手にすると、うまくいかないということでもあります。同じことを同じように言っても、深く入る人と、無料でいい話を聞けました程度の人では、かなり効果に差があります。

本気の人を相手にするから、コーチングが強力になるのです。

だから、私は安い価格ではやらないで、本気の人だけ来るようにしています。

どのみち、私が直接持てるクライアント数は限られています。では、無料で遊びに来る人を相手にするか、お金を払ってでも受けたい本気の人を相手にするか、と言ったら、本気の人を相手にしたいのです。

そうしたら、クライアントもしっかり価値を受け取って、お互いに、豊かになることができるわけです。つまり、お金をもらう方が社会貢献ができます。

お金をブロックを外して、稼いでもいいという許可を自分に出してくださいね。

ワクワクする未来を、実現してもいいんだ、と許可を出すことができれば、現状が変わります。許可を出せずに、現状から見える不安を埋めようとすれば、もっと現状が強くなります。

理想の未来をイメージして、本気で実現しようとしてみましょう。




関連記事

  1. お金

    お金の縁起を見て稼ぐ

    お金の縁起を見て稼ぐ今回は、お金の縁起を見て稼ぐ、というお話を…

  2. お金

    コーチングでお金と時間を手に入れる

    コーチングでお金と時間を手に入れるコーチングビジネスは、お金や…

  3. お金

    労働者がなぜ稼げるようにならないのか

    今回は、労働者がなぜ稼げるようにならないのかというお話…

  4. お金

    労働者思考のコーチは稼げるようにならない

    労働者思考のコーチは稼げるようにならない今回は、労働者…

  5. お金

    お金が集まる人と、集まらない人の違い

    お金が集まる人と、集まらない人の違い世の中では、お金持ちはどん…

  6. お金

    収入を増加させる要素とは

    収入を増加させる要素とはあなたは、何をしたら、収入が増えると思…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    コーチングで稼げるビジネススキル
  2. ビジネスプラン

    コーチングが儲かるのはなぜか
  3. ビジネス

    お金に関する雑談
  4. コーチング

    認定コーチが成功できない理由
  5. セールス

    商品の説明をするほど売れない
PAGE TOP