セールス

体験セッションで断られる理由



体験セッションで断られる理由

今回は体験セッションで断られる理由についてお話します。

無料セッションなどで体験セッションをしても、その後次の予約につながらなかったり、商品が売れなかったりしませんか?

体験セッションで契約にならないのは、いくつか原因があります。申し込みが入らないとしたら、そうした間違いをしている可能性が高いです。

最後のクロージングのところで断られてばかりなら、集客をしても意味がありません。

稼げてないコーチの多くは、集客をすれば稼げると思っていますが、実際やってみると、人が来ても全然決まらない、とショックを受けるわけです。

なぜ断られやすいのか、今回は詳しくお話します。

問題を解決しても売れない

契約にならない理由の1つ目は、その場で問題を解決しているからです。

コーチングはクライアントから引き出すことだ、と思って傾聴したりしていると、クライアントの頭が整理されていきます。

そうすると、クライアントはその場の問題が解決していくわけです。

こうした引き出すコーチングが、コーチングだとも思っているコーチがとても多いです。

そうすると、

「すっきりしました」
「やることが分かったので後は自分でやります」

というふうに断られます。

なぜなら、相手が望んだ答えが出るからです。だからスッキリした感じになります。

しかしスッキリしたからといって、コンフォートゾーンが変わるわけではありません。つまり、今の現状の中で、答えを見つけているだけなのです。

それを、多くのコーチがコーチングだと思っているので、売れないのです。

話を聞いてもらってスッキリするだけために、高額商品を買いたい人はいません。

コーチングを受けたい人は、今の自分にはない成功や、成長をしたい人です。なので、本当に成功できると思えばお金を払ってでもコーチングを受けます。

しかし相手の頭の中をこねくり回しても、コンフォートゾーンの中の答えしか出ません。問題が解決した、と思っても、ただ現状の問題が少しクリアになった程度です。

稼げないコーチは、スッキリしました、と言われたら、いいコーチングだったと思うのですが、本当に良かったら、次も受けたいはずです。

受けたくないのは、それ以上要らないからです。

コーチングの説明は不要

次に、コーチが話しすぎていると売れにくくなります。

コーチがコーチングとは、とか、自分の商品の説明をしても、お客様は興味がありません。よく言っていますが、お客様は自分の悩みや願望に興味があるからです。

私は体験セッションで、コーチングの説明も、メニューの説明すらしないこともあります。しかし、お客様は受けたいと言って契約してくれます。

なぜなら、「お客様の理想の未来」を想像してもらうからです。

人は理想の未来があれば、そこに行きたいと思います。そして、それが手に入ると思えば行動するわけです。

エベレストに登りたい人は、登りたいと思うから頂上に行くことができます。その気持ちがなければ、登ることはありません。

なので、やりたい、なりたい、という気持ちがとても大切です。

お客様は、コーチングを買いに来ているわけではありません。だからコーチングの説明をしても売れないのです。

しかし、やりたいことが実現するなら、お金を払ってでもやりたいと思います。

稼げないコーチは、スキルを学べば稼げると思っていますが、スキルは関係ありません。スキルが下手でも上手でも、大事なのはお客様のニーズだからです。

スキルを学んで、資格があることに価値があると思っているので、スキルの説明や、コーチングの説明ばかりしてしまうから、稼げないのです。

売れる商品が大切

最後に、ビジネスの設計の問題です。

商品が売れるには、売れる商品があって、それを買いたいお客様が来れば良いのです。売れないということは、商品が売れない商品であるか、お客様が来ないか、両方かです。

ほとんどのコーチは、売れない商品を売ろうとしています。売れない商品は、コーチがいくら良いと思ってもゴミと一緒です。

売れない商品を集客で売ることはできません。だから集客より先に、売れる商品を作る必要があります。

売れる商品があれば、集客も楽になり、クロージングも楽になります。

しかし稼げないコーチの多くは、コーチングを売ろうとしたり、お客様のニーズではなく自分ができることを売ろうとしてしまいます。

なので、まずお客様のいうことをしっかり聞くことです。

そして、断られたとしたら、「なぜ契約してもらえなかったのか?」という理由を聞くことが大切です。理由を聞けば、お客様の目から見てどこが足りないのかを知ることができます。

聞いてその場で商品を修正すれば、売れるかもしれないし、売れなくても次から商品を改善できるわけです。

そうやって、だんだんと売れる商品を作ることができます。

差別化をしましょう、というコンサルも多いですが、差別化をしてもお客様のニーズに合うかはわかりません。単に違うだけでは意味がありません。

それが、集客コンサルにキャッチコピーを作ってもらっても売れない理由です。

お客様のニーズが一番大事なので、差別化は本質ではありません。差別化は結果的にできるので、お客様のニーズを大切にしてくださいね。

今回は、体験セッションで断られる理由についてお話ししました。

ビジネスはすべてのパーツが揃わなければ、稼げるようにはなりません。今回も売れない理由の一部をお伝えしましたが、こうした原因があると、いくら頑張っても売れないのです。

それをテクニックやスキルといった、小手先で埋めようとしていれば、いつまでたっても稼ぐことはできません。

今回の内容を理解して、お客様と契約できるようになってくださいね。




どの問題を設定するかが重要前のページ

セッション単価を下げると稼ぐのは難しくなる次のページ

関連記事

  1. セールス

    体験セッションで契約にならない理由

    今回は体験セッションで契約にならない理由についてお話しします。…

  2. セールス

    セールスを成功させる秘訣

    セールスを成功させる秘訣ビジネスで、売り上げを上げるには、セー…

  3. セールス

    百万円くださいと言えますか?

    百万円くださいと言えますか?稼げないコーチが売れない理由は百万…

  4. セールス

    稼げるコーチングのやり方

    稼げるコーチングのやり方今回は、稼げるコーチングのやり方につい…

  5. セールス

    高額商品を「欲しい」から「買う」にするセールス

    高額商品を「買いたい」と思ってもらうコーチで、高額商品を作って…

  6. セールス

    なぜ感謝されているのに売れないのか

    なぜ感謝されているのに売れないのか今回は、なぜ感謝され…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    コーチングが上達しない理由3選
  2. 催眠術

    催眠は自己変革に使えない?
  3. 目標設定

    本当に人生を好転させる「ゴール志向」の秘密
  4. ビジネスマインド

    成功するコンフォートゾーンの作り方
  5. マーケティング

    クライアントの悩みを解決できているのに 稼げないのはなぜか
PAGE TOP