コーチング

コーチングが上達しない理由3選



コーチングが上達しない理由3選

今回は、コーチングが上達しない理由3選というお話をしたいと思います。

コーチの方でなかなかコーチングが上達しない、成果が出せない、自信がないという人が結構います。その理由は3つあります。

1、コーチングをしてないこと
2、有料でやってないこと
3、コーチングを受けてないこと

です。

どれもシンプルなことしか言ってないですよね。基本的な事なんですが、実はコーチの方でこれができてない人が結構いるんですよ。

だからコーチングスキルの事で悩んだり、コーチングスキルが上達して行かないと思ってたりするんですよね。

基本的なことですが、この三つをしっかりと押さえていただくことで、あなたもコーチングが上手くなって成果も出せるようになってきます。

では順番に解説していきますね。

コーチングをしてない

一つ目がコーチングをしてないことです。コーチングしてないコーチなんているのという風に思った人もいるかもしれません。

しかし、スクールやコーチの仲間同士で模擬練習会はしているけどそれ以外の人にセッションをしたことない人が、意外と多いので気をつけてほしいなと思います。

練習会するのも悪くないです。初心者だったらまぁいいと思います。でもどうしても仲間内でやってると、予定調和なります。

なんとなくいい感じで終わるとか、クライアントもコーチもお互いに合わせていくような感じになったり、真剣味がないです。

コーチングも、うまくいくときとうまくいかない時があります。そのうまくいかない可能性がない練習は、本番の練習と全然違うんですよね。

なので身内とか仲間内じゃない人にコーチングをしてみてください。知らない人だったら、予定調和にセッションすることもできないし、失敗する可能性もあります。もっと言うとクレームになる可能性もあります。

最低でもそれぐらいの緊張感をもって、真剣にコーチングをすることです。そうしていくと、模擬練習会で分からなかった感覚ややり方ができるようになっていくわけなんです。

まずは無料でもとりあえずはいいです。初心者の人は無料で一人二人ぐらいはコーチングを実際にやってみてください。身内じゃない人にセッションをしないと、うまくはなりません。

有料でセッションをやってない

二つ目は有料でやってないことです。

有料というのは、高額商品を契約してコーチングすることです。有料でセッションをしないと、クライアントさんが本気になってコーチングを受ける姿勢になりません。

そういうセッションをやっていても、なかなか上達しません。コーチの方で、無料のセッションや、格安で3000円とか5000円とか1万円ぐらいでセッションをやってるという人は多くいます。

でもそれだと、はっきり言えばお財布が痛まないわけです。5000円のセッションだったら、失敗してもしょうがないかなとか、話しを聞いてもらえたから、良い話が聞けたからまぁいっか、というふうに諦められます。

でも5万円とか10万円とか50万円という価格になると、なかなか財布も痛むわけです。多くの人にとって辛い金額ですね。

そうするとクライアントも何かを得ようと、真剣な気持ちになってコーチングセッションを受けにくるわけです。

そういった真剣なクライアント、本気のお客様を相手にすることが大事です。誰でも真剣に受けに来ていると思うかもしれませんが、お金の額も大事です。

5000円の人と50万円の人だったら50万円の人の方が真剣度が高いです。

だからそういった本番のコーチング、クライアントさんもコーチもお互いに本気でやるコーチングをしてみてください。

そうすると、コーチングも上手くなっていきます。まだまだお金をもらえないとか、そんな高額もらえないとか、そういう風に言ってるといつまでたっても低いレベルで終わってしまいます。

そうじゃなくてある程度リスクが金額、客様の財布が痛むような金額を出してもらって、本気で来てもらうことです。そうすると、あなた自身の潜在能力も発揮することができるようになります。

だから段々と上達していくんです。

安いセッションや模擬練習会みたいなもので、コツコツスキルを積み上げてたら上達するわけでは全然ないんですよ。それは結局本番ではないのです。

本番のコーチングをやる事がとても大事です。

コーチングを受けてない

コーチングを受けてない人は意外と多いので、当てはまる人は結構いると思います。

コーチを受けてないコーチっているんですよ。講座やスクールでスキルを学んで人にコーチングしたいという人が多いんですが、自分がコーチにお金を払ってコーチングを受けることが大切です。

これがなぜうまくいかないかというと、どうやってコーチングしたらいいのかわからないからです。

コーチングは自分がコーチングを受けて自分が変化したり自分が考え方が変わったりして、その経験をもとにできるようになります。

どうしたら効果があるのか、どんなふうに言えばいいか、というのは自分がコーチングを受けることで初めてわかるわけです。

自分がコーチングを受けてみて効果がもし無かったとしたら、それは他の人にもおそらく効果はないと思います。でも自分が変わったことだったら、同じように人にも伝えていくことができるんですね。

なのでコーチ自身がコーチングを受けるという事がとても大切になります。

成果を出しているコーチングをしている人にコーチングをしてもらえば、要はその技術を全部丸ごといただけばいいのです。

自分が変われたように、クライアントも変われるようになるのですね。

非常に効率がいいわけです。だけど多くのコーチの方はスクールに行って技術を学んで資格を取ってコーチングすることしか考えてないんですよ。

それだとクライアントさんの気持ちもわからないし、どういう風に技術を適用して行ったらいいかも分からないと思います。だから迷っちゃうわけです。

だから色んなスキルがたくさん必要だと、どんどん迷路にはまっていてしまうわけなんですよ。

そうならない為にも自分がコーチングを受けてください。コーチングを受けるなら、自分自身もそれなりに高額のセッションフィーを払うことです。

そして適当に受けるんじゃなくて、自分が本当に受けたいって思う人を選んで真剣に投資をするという形で受けてみてほしいと思います。

そんな風に自分自身が真剣になることで、真剣なクライアントを相手にすることもできるようになるわけなんです。これがコーチングを上達させる方法になります。

今回はコーチングが上達しない理由3選をお話をしました。

一つ目がコーチングをしてないこと
二つ目が有料でやってないこと
三つ目がコーチングを受けてないこと

でした。

この三つはどれも非常にシンプルで、簡単なことしか言っていません。難しいコーチング理論とか難しいスキルはないですね。

でも基本ができてないとコーチングは上手くならないで、この基本をしっかりと理解していただいてあなたもコーチングで成果が出せるようになってくださいね。




コーチングの本質。スキルの迷路にハマるな前のページ

高額セッションが売れる方法次のページ

関連記事

  1. コーチング

    「ゲシュタルトの秘密」を知れば世界が変わる

    突然ですが、あなたは何座ですか?僕はさそり座です^^中学生の時には美川…

  2. コーチング

    誤解されている「ゴールと感情の関係」とは

    感情をゴールにしてはいけません。感情はゴールを達成するための道具として…

  3. コーチング

    やりたくないことをやってみよう

    やりたいことが見つからないならやりたくないことをやってみましょう。…

  4. コーチング

    ゴールが先でやり方は後にする

    ゴールが先でやり方は後にする今慣れ親しんでいるコンフォートゾー…

  5. コーチング

    誰も知らない?「引き寄せの法則」はコーチングで起こせる

    引き寄せの法則って本当にあるんでしょうか?よくスピリチュアルや成功法則…

  6. コーチング

    「抽象度」が上がる「縁起」の見方

    抽象度を上げるためにはどうしたらいいでしょうか?一つの方法…

稼げるコーチ養成講座

  1. 未分類

    【初心者向け】コーチ起業1年目で最短で成功する5ステップ
  2. 目標設定

    ゴール設定すればトラウマは解消する
  3. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう
  4. ビジネスマインド

    ビジネスを続ける気があるか
  5. 催眠術

    催眠は自己変革に使えない?
PAGE TOP