コーチング

コーチングは儲かるのか。コーチは儲かっている?



コーチングは儲かるのか。コーチは儲かっている?

コーチになりたい人や、コーチの資格を取りたい人はたくさんいますが、コーチングビジネスは儲かるのでしょうか。

コーチの資格を取った人の実態はどうなっているか、そして、コーチとして儲けるために必要なことなどについて解説していきます。

コーチングは儲かるのか

コーチングビジネスは儲かるのか、というと、答えは、「儲かる」です。実際1億円以上とか稼いでいる人もいるし、コーチとして独立して、生計を立てている人もたくさんいます。

儲かる、というのを、コーチングだけで生計を立てて、サラリーマンの平均年収レベルの収入以上と定義します。そうすると、コーチングビジネスは、十分儲かるビジネスです。

ただ、コーチとして活躍している人がいたり、儲かる人がいることと、コーチになった人がみんな儲かるかは別問題です。

実際には、ほとんどコーチは儲からない、むしろ赤字、というのが現実です。

私はいろんなコーチとか、コーチングビジネスに関わる機会がありますが、私がよく知っているコーチング団体や、いろんなコーチたちを見ても、儲けている人はほんの一握りです。

儲けるどころか、更新のための講習に何十万かかる団体があったり、スキルアップのために、セミナーを受け続けている人もたくさんいるので、どんどんお金が出て行くばかりという感じです。

ある程度、コーチングの収入が継続的にあるならいいのですが、クライアントすら取れない人が多いのです。

まず、クライアントが取れない、そして、クライアントが取れても継続できないという2つの壁があります。

最初の方は勢いで、ビギナーズラックを発揮してクライアントがついたりしても、コンスタントにクライアントを獲得できない場合がほとんどです。

だから、最初の方は熱心にやっていたコーチでも、フェードアウトしている人がたくさんいます。継続して売り上げが立たない限りは、ビジネスにはならず、生活もできません。

コーチングビジネス自体は、儲けることができるビジネスですが、コーチの資格を取った人のほとんどが儲かっていないのが実情なのです。

コーチングスクールは資格発行ビジネス

コーチングビジネスで、一番メインになっているところは、資格発行ビジネスです。つまり、コーチの資格を出すことで儲けるということです。

資格を出す側は儲かるのですが、資格を受ける側は、資格を出せるわけではありません。また、スクールの講師であっても稼げていないことがあります。

嫌な言い方かもしれませんが、コーチングで人の人生を良くするというのが本来のコーチングなのに、コーチング資格を取ることをゴールにして、それを達成させる、というビジネスになっています。

悩みを解決したい人とか、もっと充実して生きたい人などへのコーチング、という本来の機能は、あまり果たせていません。

実際、コーチングスクールに行くコーチも、自由な時間が欲しいとか、お金を稼ぎたいとか、幸せになりたい、と思っているはずです。

しかし、そういう願望を叶えられる人はごく一握りで、コーチングの資格を取ることが目的化してしまいます。

スクールの中には、コーチになったら稼げる、という雰囲気でやっているところもあります。ほとんどの人が稼げないので、クレームや返金要求になっているのを私は知っています。

稼げる、というのだったら、本当は責任を取らなければいけません。しかし、お客さんを呼んでスキルを売るのが目的なので、そこまでやるわけではないのです。

資格だけでは儲からない

コーチも、弁護士と同じで、資格を取ったからといって儲かるわけではありません。弁護士は、ものすごく難しい資格ですが、仕事に就けない人もいます。年収も、生活するのがやっとなくらいの人もいるのです。

コーチは、弁護士のような社会的信用も、需要もあるわけではありません。そして、ほとんどがお金を払えば取れるくらいの簡単な資格なので、資格を取る人がたくさんいます。

資格はスタートラインであって、どんな資格であっても、そこから自分で仕事を見つけたり、マーケティングをしていかなければ儲かりません。

コーチが儲からない原因

なぜ、コーチが儲からない人がほとんどなのでしょうか。それは、ビジネスを教えてもらえないからです。コーチングスクールでは、コーチングスキルを教えても、コーチとしてクライアントを取る方法については教えられません。

そもそも、講師をしている人も、資格を出したりとか、団体の中で出世することで収入を得ているので、コーチになりたい人以外の人を相手にビジネスする方法がわかりません。

本当にわかるとしたら、再現性がある方法として教えられるはずです。

ビジネスの正しい考え方や、やり方をしっかり身につければ、コーチングで儲けることができるようになります。

例えば、コーチになりたい人で、コーチングスクールに来る人は、労働者である場合が多いです。そうすると、まず労働者マインドから、ビジネスマインド、事業者の考え方に切り替えなくてはいけません。

労働者の考えだと、何時間働いたら、給料がもらえるという思考です。ビジネスだと、そういうものがありません。自分が先にマーケティングをしたり、お金をかけたりして、後で回収するというマインドになります。

これが理解できないと、ビジネスに時間をかけることもできなくなります。ブログを毎日1時間書く、ということでも、なかなかできる人がいません。

ブログを1時間書いて2000円もらえる、というならできるかもしれませんが、ビジネスだと、労働に対してお金をもらえるわけではないからです。

会社の仕事だったら、1日8〜10時間くらい普通に働きます。それも上司に言われたこととか、自分に興味のないこともやらされたりしますね。

それなら10時間できるのに、マーケティングに1時間かけられないのは、マインドの問題です。

投資マインドだけではなく、ビジネスを甘くみすぎていて、覚悟が足りない、というマインドの問題もあります。本当に独立して、コーチングでプロになる、という覚悟がある人なら、1日1時間くらいは作れます。

1日中やりましょうということではないので、できないことはありません。

こうした、マインド面を変革することと、ビジネスの具体的な作り方についても知る必要があります。

ビジネスには、ビジネスプランが必要です。ビジネスプランは、クライアントを得るための、ビジネスの流れや、仕組みを設計することです。

ほとんどのコーチは、ビジネスプランがないので、やみくもにFacebookでご飯の写真とか子供の写真をあげていいね!を集めるとか、アクセスアップ法を調べる、ということに時間を費やしてしまいます。

これだけで、結果を出すことは難しいので、もっと集客スキルを学ぶというスパイラルにはまってしまうのです。

これはそこそこ大変なので、ビジネスを頑張っているように錯覚してしまいますが、実際には、ビジネスは進んでいない、つまり、ビジネスをしていないことになります。

コーチングビジネスで儲けたいなら、ビジネスプランを作れるようになって、それに沿って、計画的に進めていきましょう。

コーチングはやり方次第で儲かる

コーチングで儲けている人はいます。しかし、コーチになったからといって儲かるわけではありません。ほとんどの人が、コーチング資格を取っても儲からないのが実情です。

これは、コーチングスクールではビジネスを教えてもらえないからです。だから、スクールを卒業して、活躍するというゴールがあっても、活躍できないどころか、クライアントもいない、という事態になります。

ただ、コーチングはやり方次第で儲けることができます。独立して、自由な時間を手に入れることも可能です。そのためには、コーチングをビジネスと考えて、ビジネスに必要なマインドや、やり方を身につけましょう。

労働者ではなく、事業者として、投資マインドを持つことや、ビジネスに対して覚悟を決めることが必要です。また、やみくもにやるのではなく、ビジネスプランを作って、数字で管理しながら進めましょう。




稼ぐにはお金のマインドを変える前のページ

ゴールは逆算して考える次のページ

関連記事

  1. コーチング

    稼げるコーチになるためのコーチングの正しい学び方

    今回は稼げるコーチになるためのコーチングの正しい学び方につ…

  2. コーチング

    認定コーチが成功できない理由

    認定コーチが成功できない理由私は、コーチングで「認定資格」を持…

  3. コーチング

    コーチングスキルの嘘

    こんばんは!石切山です。コーチングスキルの嘘というお話をY…

  4. マーケティング

    お金をかけてるのに売れないのはなぜか

    お金をかけてるのに売れないのはなぜかコロナの影響で経済が低迷し…

  5. マーケティング

    やれることで欲しい人を探す

    やれることで欲しい人を探すあなたは、コーチングの収入を増やすた…

  6. コーチング

    ゴールを邪魔する間違った「want-to」の捉え方

    こんばんは!石切山です。ゴールはwant-toで、と私はよ…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    セルフコーチングにおすすめの本(コスパ最強)
  2. 目標設定

    目標へのモチベーションを高める4つの質問
  3. マーケティング

    SEO対策をしても売れない理由
  4. コーチング

    「私らしくない!」の使い方・・・
  5. ビジネスマインド

    理想の未来のイメージはありますか?
PAGE TOP