コラム

ステータスにこだわる人の末路



世の中にはとかくステータスにこだわる人がいます。そうした人は、自分がどんなことができるのかや、どんな役割を果たすのかと言うより、肩書きが欲しいと考えるのです。ステータスだけを手に入れたところで、人生の本当の喜びとからはますます遠くなってしまうでしょう。そんなステータス志向のデメリットについて解説します。

ステータスにこだわる人の末路

ステータスにこだわる人は、そこにこだわらなければもっと楽に得られるようなこと、見逃してしまい、面倒なことになってしまいます。

お金をかけて偽物をつかむ

ステータスを、実力が伴わないのに得ようとすると、お金がかかってしまいます。例えば、本来功績があった人に与えられるような勲章や地位を、功績がないのに得ようとすると、お金を払うことになるのです。もっとも、お金を払って売ってもらえるものに限られます。

国の機関や、王族が出しているような、誰もが立派だと認めるような功績があった人に送られる賞などは、買うことができません。そのため、もどきを買って、それっぽく見せることになります。それっぽい名前で、わざと人に勘違いさせるために作られた賞などがあります。また、お金を払うと博士号がもらえるような大学もあります。

そうしたものは、みんなが認めている権威の力を利用して、騙しているだけです。嘘でもみんなが認めている名誉みたいなものを欲しい人がいるので、そこでお金儲けをしている人がいます。決して安くないお金を払って、そうした偽物をつかむことになるのです。

具体的な名前は出しませんが、例えばノーベル賞が、ノーデル賞になってような、おかしなものがあります。賞を独自に作ることはいいと思いますが、明らかに勘違いさせるために作るのは騙すためです。こうしたものを得たところで、本物を得られなかった虚しさが無意識にくすぶるだけでしょう。

また、王族が出していても、みんなが価値を認めない、ビジネス用の「騎士」の称号などを販売する業者があるようなので、気をつけた方がいいです。お金で買った称号を見せびらかしても、ほとんどの人には「騙された人」「いくら払ったの?」としか認識してもらえないでしょう。持っているだけ恥ずかしいです。

すごい努力をして、自分を見失う

ステータスにこだわると、自分は本当は何をしたいのか、何が欲しいのか、どんな役割を果たしたいのか、といったことに目が向かなくなります。虚飾によって自分の目をくらませることになるのです。よく言われるのは、医者になる人の中には、テストが得意だからという理由で、一番難しいテストが医者だからなる人がいるという話です。




ページ:

1

2

関連記事

  1. コラム

    抽象度の高いラーメン

    先日、東高円寺のラーメン屋でつけめんを食べて、衝撃を受けました。…

  2. コラム

    モチベーションで悩んでいた友人

    最近友人に対してコーチングをしてあげたのですが、その友人はモチベー…

  3. コラム

    あなたの知らない花の色

    宇宙には私たちの他にもたくさん世界が同時存在しています。私たちの世界と…

  4. コラム

    フィジカルな感覚を取り戻せ

    Platonicusの石切山です。フィジカルな感覚が世界で無く…

  5. コラム

    私が高級ホテルでセッションをしない理由

    こんばんは!石切山です。コーチング業界では、セッションでホ…

  6. コラム

    無力感を乗り越える方法

    自分の力で、何かを変えることができない、と思っている方に読んでほしいで…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    スキルがなくても稼げる
  2. マインド

    ゴール達成マインドを強化する方法
  3. マインド

    緊張は悪者なのか?意外と気付かない緊張の役割
  4. マーケティング

    ターゲットが広いと稼げない
  5. マインド

    「朝5分の妄想」が「ありえない未来」を創る
PAGE TOP