ゴール設定

ゴールから引っ張られてゴール達成する



ゴールから引っ張られてゴール達成する

ゴール達成するために必要なのは、ゴールから引っ張られることです。ゴール設定をしてもうまくいかない人は、自分がゴールに行くと思っている人です。

ゴールには行くのではなく、ゴールの方から引っ張ってくれるか、ゴールの方から来てくれるという感覚が大切です。

しかし、これとは逆で、積み上げる感覚になるとうまくいきません。

積み上げ思考はうまくうまくいかない

積み上げる感覚でやると、なぜうまくいかないか、というと、方向性がずれているからです。

積み上げるということは、ゴールに対して、道筋ができていないということです。

例えば、ホームページを作りたい、とします。その時、ホームページを作ることを第一にしたら、必要なことだけできればいいわけです。

そうしたら、自分作るか、外注するか、という選択があります。外注する人は、お金を使ってさっさと作ります。自分で作りたい人は、調べながら作ります。

この時、積み上げる思考の人は、ホームページの作り方を勉強する、ということから始めて、そこから抜け出せなくなります。

まずは準備から、とか、知識を身につけてから、といってインプットとか、練習ばかりする、という感じです。そうやって付け足していくことで、ゴールが達成する、と思っています。

しかし、現状を大きく変えるには、自分の殻を破らない範囲で努力をしても、意味がありません。ゴールは現状の外にあるので、ゴールの世界が現実になっていないといけないからです。

ゴールの世界が現実になる過程が、ゴールが向かってきたり、ゴールから引っ張られたりすることです。

ゴールと現状を、輪ゴムで繋げたら、お互いに近づいていきます。ゴールは、そのようにシンプルに達成します。こうするには、あなたが望むゴールである必要があります。

なぜ積み上げ思考になるのか

積み上げ思考は、ゴールから引っ張られていないために、起こります。向かっていく方向がわかっていないので、現状でできることをやってしまい、現状がますます強化されるのです。

なぜかというと、積み上げている感覚になっている時点で、現状を意識しているからです。現状があって、それに付け足すという感覚なので、実は現状を強めています。

行動力がどうとか、モチベーションがどうとか、よく言われていますが、そういうことを言っている時点で、強く現状を意識しているのです。

これらは、言い換えると、「やりたくないけど無理に何かをする力」のことを意味します。

やりたいことだったら、行動力がどうとか、モチベーションとかは言いません。コーチングも、コーチングが好きな人なら、行動とか全然思わないわけです。

私も、コーチングをしていますが、それに関しては、他のことをしていても頭の片隅にあるので、いろんなことを思いついたりします。クライアントさんのことも無意識に考えています。

それは、行動力とか全然思わないですし、仕事とも思いません。人から、仕事はなんですか?と言われると、仕事はしていません、と思います。でも一応お答えはするのです。

趣味はなんですか?と言われても、趣味なんてないんだけどな、と思いながら、適当なことをお答えしています。

ゴールが現実になるとか、ゴールから引っ張られる、という感覚になれば、その世界がどんどん当たり前になっていくのです。

積み上げる思考というは、不安や劣等感から生まれます。、不安や劣等感を埋めるために、付け足さないといけない、という思いがあるのです。

付け足さないとうまく行かない
とりあえず積み上げて努力する
先回りして準備したい

このように考えてしまいます。面白いから本を読む、というより、付け足さないといけないから、本を読む、という感覚です。

そうしていても、不安はいつまでも埋まることはありません。というのは、方向性が見えていないからです。方向性がわかると、やっていることの意味がわかるのですが、方向性がないと、意味を見出せません。

方向性がないということは、重要性が決まらないということなので、やるべきことが無限に生まれます。それらは、やりたいことではなく、やるべきことです。

本当は、方向性が決まれば、可能性が狭められるので、気持ちは楽になります。ゴールに必要なこと以外はスコトーマ(盲点)にするのです。

しかし、付け足そうとすると、選択肢が多くなりすぎて、混乱と不安を生むのです。

サイの角のようにゴールを達成する

私は、いろんなコーチングにおいて、バランスホイールという概念があるのですが、それは間違っていると考えています。バランスホイールは、結局、人生の特定のバランスをとらなければならない、ということを意味しているからです。

ゴールから引っ張られれば、バランスは自ずとそれに合わせたものになります。みんなが、「趣味」を持たなければいけないのか、と言ったら、そんなことはないわけです。しかも、「趣味」をゴール化する必要もありません。

どんな分野にしても、それぞれに、自分なりの関わり方があります。しかも、常に変化しています。それを特定のくくりにする意味がありません。

今の社会やコーチング業界では、この考え方をわかる人は少ないと思いますが、いずれこれが当たり前になる日が来るでしょう。

特定の区分けを与えられて、それに自分を合わせる必要がないということです。バランスも、何か付け足して、丸い円を作る、という思考です。

しかし、ゴールというのは、尖った角です。ブッダが、「サイの角」の例えを経典の中で使っていますが、ゴール設定に関しても、サイの角と同じです。

輪ゴムも、引っ張られるほど尖ってきます。そうしたイメージを持ってください。

あれもやらなければ、これもやらなければ、ではないということです。バランスも取る必要がありません。そうした、付け足しの考えを排除しましょう。

そのためには、不安感とか、劣等感を持っていることを自分自身で認識することが必要です。そうすることで、それらに邪魔されない判断をすることができます。

例えば、起業をしたい、と思ったら、起業をしている未来を現実に持ってきてください。自分がそこに行くのではありません。

自分が行くと思っていると、現状があって、それに向かって努力して、行動力を発揮して、となります。これは現状維持に陥りやすくなり、積み上げ思考が生まれます。

積み上げになると、方向性がずれてしまうので、うまくいかず、現状が変わらないということです。現状から考えるのは、想像したような方法しか取れないから、変われません。

ゴールを現実に持って来れば、そのギャップが明らかになって、引っ張られるようになります。引っ張られると、方向性が定まります。その結果、想像もしなかった方法が目のまえに現れたりするのです。

積み上げるとか、付け足しの思考は、すっかり手放してみてください。




関連記事

  1. ゴール設定

    ゴールを直接達成するステップ

    ゴールを直接達成するステップゴールを直接達成するステッ…

  2. ゴール設定

    ゴール設定は「3つの必須ルール」で大きな効果が出る

    ゴール設定をして人生を変えたい、ゴールはあるけど現実が変わっていかない…

  3. ゴール設定

    ゴール設定で失敗する設定法とマインドセット

    ゴール設定で避けるべき設定法とマインドセットゴール設定には…

  4. ゴール設定

    ゴールは逆算して考える

    ゴールは逆算して考えるあなたは、ゴールから逆算して考えています…

稼げるコーチ養成講座

  1. 目標設定

    現状を大きく抜け出す「本当の時間感覚」とは
  2. お金

    「お金がない」人は稼げません
  3. マインド

    引き寄せの法則の本当の意味
  4. 脳科学

    世界とつながればゴール達成と幸福が得られる
  5. マーケティング

    ブログ集客を成功させるには
PAGE TOP