ゴール設定

ゴールを現実と結びつけてはいけない理由



ゴールを現実と結びつけてはいけない理由

ゴールから逆算して、現実で行動していきましょう、という話を聞いたことはありませんか?これは、正しいように聞こえますが、実は、半分間違っています。

というのも、ゴールと現実を結びつけようとして、失敗する場合が多いからです。

ゴールを設定して、現実で行動しているつもりでも、現実が変わっていかないとしたら、ゴールと現実が結びついていないということです。

この違いを生み出すものは、一体なんでしょうか?

ゴールからは簡単に逆算できない

ゴールと現実を結びつける、とか、逆算するとか、写像する、という考えは、なぜうまくいかないでしょうか?それは、そうしようと思っても、現状から考えてしまうからです。

自分はゴールから考えているつもりですが、本当にゴールから考えられていなければ、コンフォートゾーンの中で考えていることになります。

この時見えているのは、コンフォートゾーンから見える欠点です。

知識がない
人脈がない
スキルがない

というふうに、現状の自分が問題だと思っているものが見えてきます。そして、それらの問題を解こうとするわけです。

しかし、現状の問題を解いても、現状が強くなるだけで、ゴールが達成するわけではありません。だから、勉強したり、スキルアップしても、大して変わらない、ということが起きます。

また、現状から見える問題も解けないことが多いので、余計悩みの世界に行くのです。

例えばダイエットで、「自分の問題は太っていることだ」という認識があったとします。これが解ければいいですが、解けないことが多いのです。

だから、ダイエット難民がとても多いですね。なぜ解けないか、というと、本当の問題が現状の外にあるからです。

しかし、見えているのがコンフォートゾーンの中なので、解決策が出てきません。現状の外にいかないと解けない問題を、一生懸命解こうとするから、苦しくなります。

ゴールはコンフォートゾーンの外にあります。もし、簡単に逆算できるなら、それはゴールとは言えません。このゴールもどきを達成しても、やはり現実は大して変わりません。

人間は、すぐ使える記憶を使う傾向があります。これは、心理学では、「利用可能性ヒューリスティック」と言われています。

この言葉は覚えなくていいですが、例えば、「ダイエット→運動」というふうに、知っていることを利用しがちだということです。

逆算するとか、写像する、と思っていても、実際には、過去にあった選択で、一番楽に見つかるものを使っている可能性があります。

それがうまくいっていれば、とっくに痩せているわけですが、うまくいっていないから悩んでいるのです。

ダイエットだけはなく、他のことにも当てはまります。行動しているように見えて、実はぐるぐる回っているラットレースかもしれません。

そして、行動が足りない、行動ができない、と悩む人も多いです。

ゴールの世界を強くする

現状維持をやめるには、現状の行動をやめて、ゴール側の行動をする必要があります。




ページ:

1

2

関連記事

  1. ゴール設定

    ゴールは逆算して考える

    ゴールは逆算して考えるあなたは、ゴールから逆算して考えています…

  2. ゴール設定

    ゴール設定で失敗する設定法とマインドセット

    ゴール設定で避けるべき設定法とマインドセットゴール設定には…

  3. ゴール設定

    ゴール設定は「3つの必須ルール」で大きな効果が出る

    ゴール設定をして人生を変えたい、ゴールはあるけど現実が変わっていかない…

  4. ゴール設定

    新年の目標を達成させるコツ

    新年の目標を達成させるコツ新年になると、1年の目標を立てる人が…

  5. ゴール設定

    ゴールから引っ張られてゴール達成する

    ゴールから引っ張られてゴール達成するゴール達成するために必要な…

  6. ゴール設定

    ゴールを直接達成するステップ

    ゴールを直接達成するステップゴールを直接達成するステッ…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    スコトーマを一瞬で外す「なりきり法」
  2. ビジネスマインド

    稼げないコーチとダイエットで失敗する人の共通点
  3. マーケティング

    簡単にできないことをする
  4. ビジネスマインド

    稼ぎたいなら今の自分を認める
  5. コーチング

    「ステップバイステップ」でゴールに到達できる「小さなゴールの設定」
PAGE TOP