目標設定

アファメーションの効果を劇的に高める外部化の秘密



今日はちょっとしたひと手間で、アファメーションの効果が劇的にあがる方法をお伝えします。その方法とは「外部化」です!

この「外部化」をすることによって、脳はアファメーションの内容をより強く認識することができます。そして、ゴールの臨場感が高まるので、ゴール達成の速度も格段に早くなるのです。

では外部化とは何でしょうか?外部化とは、頭の中にあるものを、紙に書いたり、声に出したりして外側のものとして認識することです。

アファメーションを頭の中で唱えたり、イメージを作っているだけでは外部化ではありません。それはあくまで、頭の中で完結してしまっていて、物理的なものに落とし込んで再認識する、ということをしていないからです。

もちろんこれだけでも効果があるのですが、外部化をしたほうがよりいっそう高い効果を望むことができます。

具体的なやり方は、アファメーションを紙に書き、それを声に出して読みながら頭の中でイメージを作ることです。これを朝起きたばかりのときや、夜寝る前の意識の抵抗が少ない時間帯に行うことで、脳にどんどんゴールの世界のイメージができていきます。

僕自身もやっていますが、やはり外部化をしたときと外部化をしないときでは明らかに効果が違うな、というのを実感しています。

もちろんちょっとめんどくさいな、とか、恥ずかしいなと思う方もいるかもしれません笑。
でも、ひと手間を入れるだけでかなり効果が上がりますので、ぜひやって欲しいと思います。

めんどくさいなという方は、枕元にアファメーションを書いた紙をおいておくなど、アファメーションが習慣になるように工夫してみましょう。またアファメーションを声に出して唱えるのが恥ずかしいという方も、押入れにこもってアファメーションを読むなど、なんとしてでもやって見てくださいね。

僕が今回外部化の話を取り上げたのは、アファメーションをやっている人で外部化をやっていない人が多く、もったいないなと感じていたからです。たとえば、アファメーションをする際にイメージをするだけだとか、アファメーションの言葉を暗記して頭の中だけで唱えるなどです。

これだと効果が落ちてしまいますし、イメージが最初から得意な人じゃないと、効果が出にくくなったりします。(イメージが得意な人でも、アファメーションに慣れている人でも、外部化をしたほうがいいですよ)

また、外部化をしないことは、アファメーションが続かない原因にもなります。イメージを頭の中でとか、暗記して頭で唱えるだけだと、腰をすえてアファメーションをしている感覚がなくなって、だんだんなあなあになってしまうからです。

そうならないためにも、きちんと外部化して、1日1回でも2回でも、集中してアファメーションに取り組んでみることをおすすめします。そうすることで、アファメーションに対する姿勢も変わりますから、効果が高まり継続することも容易になりますよ。

紙に書いて声にだして読む、というちょっとした手間で大きな効果を期待できる「外部化」をぜひ試してみましょう!すぐに効果を実感することができますよ。




ワークが継続できない悩みを解決する方法前のページ

やり方がわからない大きなゴールを達成するには?次のページ

関連記事

  1. 目標設定

    ゴールに対する恐怖感を解消する方法

    ゴールを設定しても、恐怖感を感じて逃げ出したくなってしまう。そんなとき…

  2. 目標設定

    「重要なこと」を変えればゴールが見つかる

    脳はすべての情報を見ているわけではなく、自分にとって重要なものしか見て…

  3. 目標設定

    「仮のゴール」でステップアップし「真のゴール」が見つかる

    あなたは真のゴールを設定すると言われても、「いきなり真のゴール…

  4. 目標設定

    やる気を取り戻すための「4つのチェックポイント」

    どうしてもやる気が出ない、モチベーションが下がってしまう、そんなときあ…

  5. 目標設定

    「メディアの刷り込み」を解いて、「本当のゴール」を見つける

    われわれの世界観や、コンフォートゾーンを作っているのは「メディア」です…

  6. 目標設定

    ゴール設定&達成のための「人生の決断」の仕方

    人生で重要な選択を迫られることってありませんか?小さいときだったら、高…

稼げるコーチ養成講座

  1. コーチング

    運命って本当にあるの?運命を薔薇色に変える方法
  2. 脳科学

    習慣を変えて夢を叶える方法とは
  3. ビジネスマインド

    成功する前に選択を間違える
  4. ビジネスマインド

    コーチングビジネスは本気でやればチャンスがある
  5. 催眠術

    催眠術で体の治療ができるのはなぜか
PAGE TOP