ビジネスマインド

悩む前にやってから考える



悩む前にやってから考える

今日は悩む前にやってから考える、というお話をします。新しいことをする時に、悩んでいる人が多いです。しかし、悩む前に、やってみた方が早く成長することができます。

やる前に悩んでもしょうがない

何か新しいことをするときに、悩んでいてもしょうがないのは、それを経験したことがないからです。経験したことがないので、いくら悩んでもその実態はわかりません。

ネットなどでいろいろ調べたり、人の話を聞いたりすることはできるのですが、それも他人の意見です。結局自分でやってみないことには、自分にとっていいのかは、わかりません。

また、限定合理性、という行動経済学の考え方があります。これは、人は合理的であろうとするけど、どうしても限界がある、ということです。

そのため、何かを決めようとするとき、いくら完璧な情報を集めようとしても、不可能なのです。だから、いくら考えても、悩んでしまうし、決めることが難しくなります。

ビジネスにおいても、準備ができてからとか、勉強してから、という人もいますが、いくら勉強しても、準備をしても正しい答えが出るわけではありません。

しかも、本当の意味で準備や勉強をすることもできないのです。しっかりと、データを集めているわけではないのがほとんどです。実際には、悩んでいるだけだったり、一歩が踏み出せないだけだったりします。

準備してからいつかやろう、と思っていても、世の中がいつも同じ状態であることはありません。例えば、行きたいと思っていた映画が終わってしまうこともあるし、お店が閉店になってしまうこともあります。

いろいろなものを比べて、どれがいいか、最適なものを選ぼうと思っていても、それらがいつまでも手に入るものかはわかりません。

悩んでいる時間があれば、できてしまうことも多いです。時間が無駄になってしまうことが多いので、悩まないで、とりあえず少しでもやってみる方が、効率が良くなります。

やることで基準ができる

やる前に悩むのではなくて、やってから悩む、とした方が、成長が早くなります。実際にやってみると、よかった、とか、失敗した、と判断することができるのです。

もちろん、取り返しがつかないようなこともあるのですが、ほぼほぼ、悩みというのは、やってみた方が良いです。また、悩んでいた時間も取り返せないのですから、やはりやった方がいい、と考えることができます。

ジムに行ってみようか悩んでいる時、まずジムに行ってみればいろんなことがわかり、1つの基準を作ることができます。

入る前にも、いろいろ調べて比べることはできるのですが、良さそうなところに入ってみたら、満足するところと
不満なところなどが見つかるでしょう。

そうすると、他のジムの良いところと、悪いところも、はっきりわかるようになるのです。それで、そこがよかったら続ければいいし、他のジムの条件がよさそうなら、そちらにも行ってみればいいのです。

経験がないことは、判断基準ができていないので、その状態で悩んでも結論を出すことができません。やったことがある人なら、経験があるのでわかります。

マックがいいか、ウィンドウズがいいか、と迷った時も、とりあえずマックをどこかで使ってみたら、自分に合っているかわかりますね。

こんな話をクライアントさんとしていたのですが、そのすぐ後に私も少し悩むことがありました。家に置く植物を買おうと思って、花屋に行ったのですが、選んだことがなかったので、どれがいいかわからなかったのです。

そこで、この話を思い出して、とりあえず店員さんが勧めてくれたアジアンタムという植物を、買ってから考えることにしました。その方が、家に植物を置く経験ができるので、早いと思ったからです。

実際買ってみたら、結構気に入っています。そして、思っていたより、植物があると気持ちがいいことがわかったり、もっとこうしたら良くなるとか、いろいろ気付くことがあったのです。

もし、迷って決められないからと言って、また今度、と帰っていたら、植物を置くことはなかったかもしれません。

このように、一度やってみることで、判断基準ができて、頭の中の整理がつくようになります。そして、新しい情報が入ってくるのです。

やめとけばよかった、と思うこともあるかもしれませんが、そうしたら、他の選択肢の良さがより明確になったということです。

Inventしながら進む

ビジネスでも、「起業準備中」を続けるよりも、とりあえず小さくでもスタートして、試してみることが大切です。例えば、セミナーをしようか、しまいか考えているより、先に会議室を取って、募集を開始してみます。

そうしたら、意外と人が来るかもしれないし、0人かもしれません。どちらにしろ、やってみたことで「フィードバック」が得られたのです。

失敗をしたくない、というのは自然な気持ちですが、成功にしろ失敗にしろ、フィードバックが得られるので、本当の失敗というのはないのです。

セミナーが0人だったら、募集の仕方とか、時期とか、普段のメルマガなどがよくなかったのかもしれません。これは結果が出て、基準が生まれることで、初めてわかることです。

やってみようと言っても、怖い、という気持ちもあると思います。それは、確実に上手くいくやり方がわからないので、失敗するかもしれないからです。

この考えがあると、なかなか成長できません。というのも、やり方が全部わかるまで待っていても、わかることはないし、タイミングも逃してしまうからです。

Invent on the way という考え方があります。これは、やり方はその都度発明すれば良い、ということです。先にやると決めてから考えることが重要だということです。

そうすると、脳はクリエイティブになって、なんとか目標を達成する方法を考え始めます。そして、自分が考えつかなかったような解決方法を、発明することができるのです。

お金がないから、ビジネスができない、と言っている人も、いきなり借金を負ったら、お金を作る方法とか、家の中のものを売ればいい、と気付くようになります。

決めること、やってみることで、判断基準が生まれ、悩んでいた時にはぐちゃぐちゃになっていた情報が、きちんと整理できるようになります。

決めないから、やり方が出てこない、という順番になっているということです。ここは自分を信じることが必要です。

どうしたら、自信を高められるのか、というと、そういう経験をしてみることが一番です。

先に決めてみることをしてみてください。ブログを書くなら、絶対に今日1記事書く、と決めれば、ネタが思いついたり、普段気づかないことに気付くようになります。

小さなことからでいいので、Invent on the way を試してみてください。そうしたら、自分にそういう能力があるんだ、と自信を持つことができます。




引き寄せの法則の本当の意味前のページ

言い訳しても成長できない次のページ

関連記事

  1. マインド

    「長期的な視点」を持って人生を変えよう

    人生を変えたい、と思ったときは、視点を変えてみることが必要です。人は、…

  2. マインド

    「抽象度測定リスト」で「天才思考」を身につける

    自分の思考の抽象度ってどれくらいだろう、と思ったことはありませんか?今…

  3. ビジネスマインド

    成功しないのはなぜか

    成功しないのはなぜかゴールを持っていていも、成功する人と、しな…

  4. ビジネスマインド

    頭が良い人が成功しない理由

    頭が良い人が成功しない理由今日は頭が良い人が成功しない理由につ…

  5. ビジネスマインド

    なぜモチベーションを上げても稼げるようにならないか

    今回は、なぜモチベーションを上げても稼げるようにならないか…

  6. ビジネスマインド

    スキルを上げても稼げない

    スキルを上げても稼げない今回は、スキルを上げても稼げないという…

稼げるコーチ養成講座

  1. お金

    給料以外で収入を得る
  2. ビジネスマインド

    やりたいことに集中する
  3. マインド

    夢の実現を遠ざける、「生命力が下がる6つの行為」
  4. マーケティング

    コンテンツマーケティングで稼ぐ
  5. ビジネスプラン

    コーチングが儲かるのはなぜか
PAGE TOP