コーチング

「ゴールのリアリティ」が「爆発」する瞬間

今ニューヨークの「ハーレム」という、
いわゆる「黒人街」に滞在しています。

前からゴスペルを歌っていたので、
いつか行きたい!と思っていました。

ハーレムには、
なんと250の教会があるそうです。

そして、ついに!

ハーレムの教会で、
ゴスペルクワイアと一緒に
ゴスペルを歌うことが
できました。

今日は、ARCゴスペル
(薬物中毒更生施設)
を見に行きました。

このクワイヤは、全員、
元ジャンキーです。

更生のために始まった
ゴスペルから始まって、
今や、グラミー賞を取るほど、
有名になったそうです。

ヨーロッパでも大人気だそうで、
ヨーロッパからツアーで見に来る人が、
大勢いました。

アルゼンチンや、オーストラリアから
見に来た人たちもいて、
多国籍でした。

ARCゴスペルのメンバーは、
それぞれが辛い状況を乗り越えてきていて、
その真摯に歌う姿が胸を打ちます。

一人ひとりが、歌いながら、
神と向き合っているのだと思います。

ただ、

「賑やかにすると、神が喜ぶ」

という考え方があるそうで、
みんな思い思いに楽しんでいました。

コールアンドレスポンスというやり方で、
誰かが話すと、

「エイメン(アーメン)」
「ハレルーヤ」

とそこら中で言っています。
ゴスペルとは福音のことです。

“Make a joyful noise unto the Lord”

そして、最後に、全員で、
”Oh Happy Day”を歌おうということに。

前に来ていいよと言われたので、

「いいの?!」

と思いながらも、遠慮なく、
一番真ん中に陣取りました笑。

なんか最近「引き寄せ」てます笑。

人種や国籍も関係なく、
みんなで歌えたのは、
素晴らしい機会です!

みんな同じ人間ですからね。

表面的な違いを超えて、
仲良くできることは、喜ばしいことです。

私のゴールのリアリティも、
たくさんの奇跡を通じて、
爆発的に高まっていくのを感じます。

「完璧なゴール」では、成長しない?前のページ

現状の外側は、「なりきり」で行け!次のページ

関連記事

  1. コーチング

    苫米地式コーチが稼げないのは宗教だから

    苫米地式コーチの人はほとんどの人が稼げていません。稼げている、というの…

  2. コーチング

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる

    「信長アファメーション」で抽象度を上げる織田信長は抽象度を上げ…

  3. コーチング

    現状を抜け出して成功する方法

    現状を抜け出して成功する方法目標やゴールを設定しても、1年で大…

  4. コーチング

    セルフコーチングもコーチングも半年で卒業ではない

    セルフコーチングもコーチングも半年で卒業ではないコーチング業界…

  5. コーチング

    誤解されている「ゴールと感情の関係」とは

    感情をゴールにしてはいけません。感情はゴールを達成するための道具として…

  6. コーチング

    コーチングは何度も受けてもらう

    コーチングは何度も受けてもらうコーチング業界では、コーチングは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

稼げるコーチ養成講座メルマガ登録

Amazon著者ページ(電子書籍一覧)

全記事一覧

有料記事一覧

  1. 脳科学

    世界レベルで才能を発揮する脳科学
  2. ビジネスマインド

    借金をしてでも買って欲しいか?
  3. ビジネスマインド

    ビジネスを学ばないと稼げない
  4. マーケティング

    なぜライフコーチが稼げないのか
  5. コーチング

    セルフコーチングにおすすめの本(コスパ最強)
PAGE TOP