脳科学

「HUNTER×HUNTER」で学ぶ「現状の外側」



コーチングに、「現状の外側」という概念があります。これは、「現状とは違う論理の世界」と言い換えることができます。言ってみればマンガ「HUNTER×HUNTER」に出てくる、天空闘技場の「200階クラス」です。現状の外側という概念を理解し、確信することで、今あるコンフォートゾーンを疑い、新しい世界に出ることができます。

数年前のことになりますが、プライベートファンドを経営している友人と会った時のことです。私はその時まだ会社員でした。その友人と話した、何気ない会話から、「違う論理」の世界があることに気がつきました。

私「最近仕事忙しいですか?」

「忙しいわけではないです。忙しいっていうのはあまり褒められたものじゃないですよ」

私「どうしてですか?」

「忙しいのは、経営がうまく行ってないからです。だからあまりかっこいいことではないんです。」

その時私は、なるほど、と思いました。会社員の世界だったら、「忙しい方がかっこいい」という人も多いです。わざわざ忙しそうにする人や、残業自慢をする人もいます。また、一番忙しい人が、一番仕事ができるという感覚です(またそういう人ほど仕事がきます。。。)。のんびりしたり、暇そうにしていると、サボっているとみなされて、評価が落ちることもあります。

しかし、それとは逆に、経営者の論理では、自分が忙しくしているのは、うまくマネージメントができていないということです。部下に仕事を上手に任せていないことで、自分が処理する仕事が増え、余裕がなくなり、大きな視点で経営することができなくなります。トップが暇で、会社がうまく行っているのがかっこいい、という価値観なのです。(もちろん、トップがサボって会社が傾いたら意味ないですが笑)

私の例のように、世界には、自分は知らない、別の論理、違う「当たり前」が存在します。ビジネスパーソンが起業したいと思ったら、「毎月お給料をもらって、忙しいふりをする」というマインドから、「仕事を作り出して、暇そうにする」という論理にシフトする必要があるのです。雇用されていると気づかないですが、新しい視点を得なければいつまでも従業員であり続けるのです。

みなさんも、「現状の外側」「違う論理の世界」があるんだということを強く信じて、高いゴールを設定してみてください。必ずあります。確信していれば、ふとした時に、外側の論理を体験することがあるはずです。「これが、現状の外側なんだ」「新世界を見つけた」と思うことがあるでしょう。自分が「世界の果て」だと思っていた壁に亀裂が入るのです。




ページ:

1

2

関連記事

  1. 脳科学

    習慣を変えて夢を叶える方法とは

    ゴールを加速する習慣を作るには、抽象度の高い情報空間を変えるこ…

  2. 脳科学

    コンビニから宇宙を見る?「コンビニでできる手軽なIQアップ法」とは

    僕が小学生のとき、地元(田舎)にコンビニがはじめてできました。そのとき…

  3. 脳科学

    劇的に「自我を変える」確実な方法

    セミナーや本で勉強しけど、現実が変わらない。今回は現実が、…

  4. 脳科学

    「小さな常識変更」で、現状の外側の世界が見える

    大きなフレームに変化を起こすには、小さな常識の変更をしましょう。…

  5. 脳科学

    潜在能力を狙って引き出す、一番シンプルで強力な方法

    人間には潜在能力があります。潜在能力とは、今自分が使っていない、隠れた…

  6. 脳科学

    「脳をオープン」にして「ゴール達成方法」を見つける秘訣

    ===============考えることが最高の情報収集===…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    集客を学んでも稼げないのはなぜか
  2. コーチング

    「ゲシュタルトの秘密」を知れば世界が変わる
  3. ビジネスマインド

    「正しい知識」だけでは稼げない
  4. コーチング

    セルフコーチングにおすすめの本(コスパ最強)
  5. コーチング

    頑張らないほうがゴール達成できる
PAGE TOP