ビジネスマインド

なるべく早く失敗する



なるべく早く失敗する

稼げるコーチになるためには、どんどん失敗を経験していくことが大切です。失敗することで、成功が近づいていきます。

稼げない人は、失敗をしないようにしているので、成功もできないのです。もしあなたが、最短で稼ぎたいなら、なるべく早く失敗した方がいいでしょう。

失敗すると成功が近づく

たいていの人が、失敗はしたくない、と思うでしょう。しかし、失敗することで、成功が近づいていきます。その意味で、失敗はないと言えます。

失敗すると、そこで経験が手に入ります。それにすごく価値があるのです。

私は小学生のとき、学校に、灯油のストーブがありました。上にやかんを載せるやつです。私は、そのやかんが乗る部分が「本当に熱いのかな」と思って、タッチしました。

当たり前ですが、本当に熱かったです。そこから、ストーブの天板は、熱いから触ってはいけない、ということを学習しました。

そうしたら、そこからストーブを触らなくなって、火傷もしないようになります。

ビジネスでも同じで、失敗することがあると、それが経験になって、次からはもっとうまくできるようになるのです。

売れると思ったのに売れなかったとか、反応がなかった、ということが起こったら、それをチャンスに次から改善することができます。

失敗しても成功する人は、「本当の引き寄せの法則」を使っています。

引き寄せの法則は、理解が浅い人だと、「たまたま起こったラッキー」のことだと勘違いしています。「お金が入ってきた」「龍神が見えた」と、ラッキーなことを引き寄せだと言う人は多いです。

しかし、脳科学的に見れば、引き寄せはいつでも起こっています。

脳は、ゴールに必要なものを認識します。だから、目の前のことは、すべてゴールに関係しているのです。

コーチとして活躍する、というゴールがある時に、ビジネスでうまくいかなかったら、それは、うまくいくチャンスが目の前に来ているということです。

そこで改善できれば、売れる領域にまた一歩近づくことができます。

貧乏人が、たまたまのラッキーを「引き寄せ!」と言っている間に、稼ぎ続ける仕組みを作り上げることができるのです。

これが、本当の引き寄せの力です。

このことがわかれば、失敗したとしても、それをチャンスに変えることができます。良いことも悪いことも、起こることは次のステージへの入り口なのです。

うまくいかない人は、成功するか、失敗するか、の二択しかありません。うまくいって喜ぶか、失敗して落ち込むか、という、次元です。

少しだけ抽象度を上げれば、どちらも、あなたのステージを進めるチャンスです。

学校で学んでも稼げるようにならない

失敗ができない人は、ビジネスも進んで行きません。そうすると、ほとんどうまくいかなくなり、稼げないのです。うまくいっても、ラッキーで、理由がわからないので、再現することができません。

そして、失敗をしないように、勉強をしようとします。勉強は大事ですが、そればかりやっていても、ずっと稼げないままです。

なるべく早く、実践に移した方が稼げるのですが、それをしないで、知識とか、スキルばかり集めます。

稼げないコンフォートゾーンの中で、自分が「不足している」と思うことを、補おうとします。そうすると、稼げないコンフォートゾーンがどんどん完成していきます。

本当は、現状の外のことをしないと、稼げないのです。例えば、「本当の引き寄せの法則」を使うなどです。ただ、稼げないコンフォートゾーンの人は、それを信じることができないのです。

稼げないコンフォートゾーンから見て、稼げる世界のことが信じられないのは、しょうがないことです。それは、脳にはスコトーマ(盲点)があり、コンフォートゾーンの外は、認識できないからです。

認識できたら、稼げるようになるのですから、見えていないのは当たり前ですね。

稼げるコンフォートゾーンにいないから、スキルや知識があれば稼げる、と思ってしまいます。

現状の外は、現状とは、全然違う論理で動いています。そのことを受け入れられない限り、現状の不足を補って、現状を完成させていくという行動になるのです。

現状は、強化させると、ますます抜け出しにくくなります。

だから、私は、そうした現状のものは手放してください、とメルマガでも言っています。学びをやめて、稼げる行動をすれば、稼げるようになるのです。

テニスをするのに、早くコートで練習しよう、と言っているのと同じです。

うまくいかない人は、テニス本を読んで、うまくなった気でいるのです。半年、1年、3年、テニス本を読んでいます。

それで、絶対に失敗しない、負けない状態になったら、コートに出ようと思っています。

その間に、コートに3年出ている人とは、埋められないくらいの差が開きます。コートに出たら、たくさんミスをしたり、失敗したりしますが、その度にどんどん上達していくのです。

コーチングビジネスでも、半年、1年、3年と、勉強をしたところで、稼げるようにはなりません。ビジネスを実践して、お金を払って真剣に受けに来るクライアントを相手にして、初めて稼げるコーチになれるのです。

しかし、稼げないコーチ仲間でつるんで、模擬練習とか、コーチングもどきをいくら積み重ねても、活躍することはできません。

集客できない人同士がジョイントしたとしても、集客できるわけでも、クライアントがつくわけでもありまん。

「新しいスキルや資格があったら」

そんなことはコーチなら誰でも考えていますよ。それは、稼げないレールです。

あなたは、半年、1年前から、稼げるようになりましたか?同じことをしていれば、半年後も、1年後も、何も変わっていないでしょう。

だから、今やっていることはやめて、身軽になり、稼げるレールに乗ってください。稼げないレールの延長線には、稼げない未来しかないのです。

稼げるレールで、失敗しながら、最短で進みましょう。

正しい自己投資の仕方

自己投資も、稼げるようになってからしてください。最初にやるのは、ビジネスで稼げるための投資です。

稼げるマインドセットを作り、稼ぎ方を知って、時間とお金を投資しましょう。一人ではできないので、メンターやコーチについてください。

自己投資をする人は多いですが、自己投資をして稼げるようになる、と思っていたら、それは勘違いです。というのは、何が利益を生み出すか、判断できないからです。

自己投資、というからには、リターンがなければいけません。もちろん、知識が得られるとか、面白い、というのもリターンですが、稼ぐために投資するなら、稼ぐというリターンが必要です。

それは、リターンが見えている人しかできません。リターンが見える人、つまり、売り方がわかる人なら、絵本でも哲学書でも、ビジネスに活かすことができます。

どのスキルや知識が必要かもわかります。そうした判断ができずに、自分の考えで、不足を補おうとすると、自己投資にならないのです。

たとえ、同じ講座に出たとしても、稼げる領域にいない人は、それを受け取ることも、活かすこともできません。

そのため、まずやることは、稼げるようになることです。コーチングで稼げる仕組みを作れて、売れる感覚がわかれば、意味のある自己投資をすることができます。

コンフォートゾーンの外側は認識できません。稼げない人が考える自己投資と、稼げる人が考える自己投資は、別のもので、受け取るものも違います。

だから、先に稼げる世界にいって、そこから自己投資をすればいいのです。

あなたももう、現状を捨てて、稼げるレールに移り、さっさと稼ぎませんか?

そうしたら、稼いだお金を使って、新しい判断基準で、本当の自己投資をすればいいのです。このことに早く気づいてくださいね。

気づいた人から、稼げるレールに乗ることができます。

稼げるレールで失敗する

まずはレールを移ることがスタートです。レールを移り、失敗をすることで、一気に学びを得ることができます。それは、セミナーに出ても学べないものです。

失敗というものはありません。成功に近づくための、経験が手に入るだけです。

稼ぐために必要なのは、こうした小さなマインドセットの変化です。どこかで学ぶのではなく、今から自分を変えることができます。

レールを移るか、現状を強化し続けるかは、あとはあなたの選択次第です。このことに気づいてもらうために、私は情報発信しています。

あなたが、1日も早く、稼げるマインドに気づくことを願っています。




売れる商品作りのマインドセット前のページ

価格を上げられないマインド次のページ

関連記事

  1. ビジネスマインド

    なぜ稼ぎ始められないか

    なぜ稼ぎ始められないか今回はなぜ稼ぎ始められないか、というお話…

  2. ビジネスマインド

    修行しても稼げないのはなぜか

    修行しても稼げないのはなぜか日本人の悪い癖かもしれませんが、修…

  3. ビジネスマインド

    明日から稼いでもいい

    明日から稼いでもいい今回は、明日から稼いでもいい、というお話し…

  4. ビジネスマインド

    稼げる環境を整える

    稼げる環境を整えるあなたは稼ぐためには何が必要だと思いますか?…

  5. ビジネスマインド

    今年1年で、変われましたか?

    今年1年で、変われましたか?今年も今日で終わりですね。この一年…

  6. ビジネスマインド

    慣れ親しんだパターンを変える

    今回は、慣れ親しんだパターンを変えると言うお話をします。私たち…

稼げるコーチ養成講座

  1. マーケティング

    集客の仕組み化をして売れない
  2. マインド

    引き寄せの法則の本当の意味
  3. ビジネスマインド

    言い訳するほど成功しなくなる
  4. コラム

    契約と自己責任
  5. マーケティング

    集客法を学ぶほど稼げなくなる理由
PAGE TOP