ビジネスマインド

ビジネスを続ける気があるか



ビジネスを続ける気があるか

あなたはコーチとして、ビジネスを続けようと思っていますか?ビジネスとして続ける気がない場合は、プロコーチとして稼ぐことはできません。

コーチングビジネスを続けるためには、利益を出し続けることが必要です。利益は、売り上げから、経費を引いた額のことです。

だから、まず売り上げを十分に得ることと、売り上げより経費が多くならないことが必須です。

そうすることで、継続してコーチング活動ができるようになります。ビジネスを続けられるということは、お客さんの役に立ちつづけられるということです。

稼ぎ続けることにコミットする

コーチであってもビジネスとして続ける気がない人は、稼げるコーチにはなりません。

まず、ボランティアでやろうと思っていたら、当然お金は出て行くばかりです。

また、安い価格で売って、生活できないレベルの収入しか得ていない、または、構造的に得られないようになっている場合、ビジネスとして継続する気がないということです。

そして、単にお金が欲しいからコーチングをするという場合も、続ける気がありません。

稼げたらいいなとか、都合のいいところでいつでもやめられる、と思っていたら、そういう人にコーチングを頼みたいお客さんが来るでしょうか。

コーチングビジネスをするからには覚悟が必要です。契約を守ることは前提ですが、プロコーチとして活動し続けるという心構えがないと、成功しません。

それは利益を得続けることであり、活動を継続したり、クライアントをサポートし続けるということです。

そうした気持ちがない人が適当にやろうと思っても、そんなに簡単に成功できるわけではありません。

私は、進撃の巨人という漫画が好きですが、そろそろ終わりそうな感じです。作者の諌山さんは、次回作をどうするか、と聞かれた時に、この生活を続ける覚悟ができるかどうか、という話をしていました。

もちろん、諌山さんは漫画を描くのが好きだと思いますが、漫画家は一度連載を始めたら、締め切りに追われる厳しい生活になります。

漫画を描くというのは、精神的にも、肉体的にも、きつい仕事だそうです。

ただ、自分自身も書き続けたいという思いと、読者の期待と、出版社などのビジネスがあるので、放り出すことができないのでしょう。

そうやって、継続する覚悟があるから、良い作品ができたり、信頼を得られたりするわけです。

コーチも、漫画家ほどきついとは言いませんが、クライアントが成長するようにする責務があります。また、継続してコーチングを受けたい人もいるので、そのサポートをした方が良いと私は思います。

そうした考えがあるからこそ、プロのコーチとして活動し続けることができるわけです。

生活が成り立たなくなれば、コーチとしての活動もできなくなります。1回5千円とか、1万円でやっていたら、継続するのは難しいでしょう。だから、やる気がない、としか言いようがありません。

また、稼げたらいいな、稼いだらやめようかな、というくらいの気持ちでは、コーチングもビジネスもそれほど甘くないので、うまくいかなくなります。

クライアントにも、信頼してもらえません。

だから、プロのコーチになる人は、稼ぎ続けることにコミットしてください。社会貢献したらいい、とかそういう問題ではありません。

自分自身が、ビジネスを成り立たせ、継続させる気持ちが必要です。

コーチングの価値を高める

コーチで稼げない人は、お客さんが買ってくれそうな金額に合わせて、価格を設定します。そのため、売れないと、価格を下げて対応しようとします。

価格を下げて稼げるならいいですが、価格が低いとまとまった金額を稼ぐのは難しくなります。

コーチングをビジネスとして捉えるなら、最低でも自分が生活できる以上の価格設定をしましょう。商品も、それに合わせて作り、マーケティングもそうします。

そうしたら、「高い」といってくる人もいるかもしれませんが、そういう人は相手にしなければいいのです。

「高い」というのは、そこまで払う価値はない、と言っているわけです。それは、あなたの価値がわかってないということなので、あなたが相手にする人ではありません。

その場合、もっと安いコーチのところに行ってもらえばいいだけです。

一つの商品が、どんな人にとっても同じ価値、ということはありません。私の商品でも、高い、と言ってくる人はいるでしょう。

でも、買ってくれる人もいるので、価値がわかる人がいるということです。

もちろん、お金を出すのが大変という意味で、高いと思いながら買う人もいると思います。しかし、それ以上の価値は感じているから、お金を払うわけです。

高い、と言ってくるような人は、価値がないと判断している人なので、そこに合わせる必要はありません。

そのためには、自分のコーチングは価値が高い、価格以上だ、と自分自身が思ってください。

楽をしてビジネスを継続させる

コーチングビジネスは、価値が高い商品を、少人数に買ってもらうビジネスです。コーチは、年間でもせいぜい20人契約したらいいところです。

コーチングで稼げていない人や、やったことがない人は、何十人も見れる、と思うかもしれませんが、1対1のコーチングの場合、それほどできません。

だから、それ以上は、また別のビジネスの展開になります。

1回5千円とか1万円でやると、月100万円稼ぐのに、クライアント100〜200人になる可能性があります。それはもともと無理な計算です。

単価が低い人は、それだけで、ほぼ稼げていないと見なせます。最低でも、30万円以上の商品、セッションの単価が5万円以上ないと、稼げないのです。

それを、自分自身が高いとか思っていたら、プロのコーチにはなれません。

だから、自分が稼げるだけの金額を、堂々とお客さんからいただきましょう。価格に納得する人だけが、買ってくれればいいのです。

それを悪いことだと思うのは、労働者的な罪悪感でしかありません。

もともと、労働者的な考えでは、ものの価値を、労働時間で計算するので、そこから高いとか低いと判断します。そこから相場観を作っているのです。

そこに来て、コーチがセッション単価5万円と言われたら、当然高いと考えるでしょう。

サラリーマンは日本ではエリートでも時給5000円くらいなので、10時間は働かないといけないわけです。バイトなら、時給千円なので、50時間です。

この感覚を外さないと、稼げるようにはなりません。

だから私は、楽にビジネスをしましょう、と言っています。労働者なら、寝ないで働いても1日に5万円は稼げません。なので、発想を変えて、楽をしないといけないのです。

労働者の感覚の延長では、どこかで限界が訪れます。楽をするから、ビジネスができるのです。

楽をするために、頑張って労働するのではなく、仕組みを作ったり、価値を高くするように考えましょう。ポジショニングやマーケティングを工夫して、楽にできるようにします。

それが、コーチングをビジネスとしてやる、ということです。

この覚悟ができれば、継続して活動できるようになり、お金や時間の余裕を手に入れて、お客さんの信頼も得ることができます。




関連記事

  1. ビジネスマインド

    行動しても成功できないのはなぜ

    行動しても成功できないのはなぜか間違った行動をしても意味がない…

  2. ビジネスマインド

    頑張るほど稼げなくなる

    頑張るほど稼げなくなる頑張らなくても、稼ぐことができます。…

  3. ビジネスマインド

    成功には嫌なことも付いてくる

    成功には嫌なことも付いてくる今回は、成功には嫌なことも付いてく…

  4. ビジネスマインド

    良い情報を聞いても稼げない人

    良い情報を聞いても稼げない人良い情報を得ても変われる人と変われ…

  5. ビジネスマインド

    コンフォートゾーンを出られない人の特徴

    コンフォートゾーンを出られない人の特徴今回は、コンフォートゾー…

  6. ビジネスマインド

    豊かになるための正しい勉強の考え方

    今回は豊かになるための正しい勉強の考え方についてお話し…

稼げるコーチ養成講座

  1. ビジネスマインド

    スキルは高いのに稼げないコーチ
  2. お金

    会社を辞めて独立したい方へ
  3. コーチング

    スコトーマを一瞬で外す「なりきり法」
  4. コーチング

    コーチングとは何か
  5. ゴール設定

    ゴール設定で失敗する設定法とマインドセット
PAGE TOP